アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第12話
2020年12月24日 (木) | 編集 |


宮藤芳佳、完全復活!
都合がいいと言えば都合がいい展開ですが、
「宮藤芳佳はこういう奴だ」ってことを、
シリーズを通してずっと描いてきたから、
違和感はないし、締め方自体も納得ですね。
他のキャラで同じことをやったらダメですけど、
そもそも芳佳にしかできないんです、こんな復活の仕方。
それだけ宮藤芳佳は規格外で無茶苦茶で、
彼女が主人公たる所以なのだな、と。

今シリーズでの芳佳の扱い、相当難しかったと思います。
強くなりすぎたから、全力を出したら、
どんな強敵もあっさり倒せちゃうんですよね。
それだとお話にならないから、
トラブルを抱えさせて、調子を落とさせるしかない。
魔法圧の設定など、一定の説得力はあったものの、
「物語に振り回された」とは、正直感じましたね。

とはいえ、そのおかげで、
「何があっても、宮藤芳佳は宮藤芳佳なんだ」
という彼女らしさを改めて堪能させてもらえましたし、
ここまでずっと溜めに溜めた分、
復活後の爽快感もすさまじかったです。
見ていて笑っちゃいましたもん。
こんなにも清々しいアクションを見せてもらえるのなら、
もうなんにも不満なんてないですよ。
チートっていう言葉で片付けたくないですけど、
何もかも圧倒的でしたよね。

また、芳佳が復活できたのは、
静夏が身体を張ったからなわけで、
彼女こそ最大の功労者と言えるでしょう。
命令に背いてでも、守りたい、助けたいと思った。
その衝動の、根っこにあるのが、
宮藤芳佳という存在そのもの。
芳佳のこれまでの生き様が、
芳佳自身をも救うことになったんですね。
つながっていく、強く確かな想い。

ラストバトルも素晴らしかったし、
カールスラント組がとどめを刺したのも良かった。
彼女たちにとっては、この瞬間が、
本当に本当に、悲願だったはずだから。

広がる青空と、それを見上げるみんなの、
笑顔と安堵と歓喜の表情。
長く重い苦しみから解放された今、
501の戦いも、一つの区切りがついたんだな、
という実感が、見ているこっちにも伝わってきます。

シリーズ自体はまだまだ続いていくのでしょうけど、
それでも、ひとまずはお疲れ様でした。
最終回、めちゃんこ面白かったです。
終わった、終わっちゃったなあ。


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第11話
2020年12月17日 (木) | 編集 |


「人類も一枚岩ではない」という、
当たり前の現実が、重くのしかかる終盤の展開。
国ごとに思惑があるのは当然だし、
早期解決を望む気持ち自体も分かります。
一個人の体調程度で作戦を変更できない、
という「チーム全体としてのあり方」も理解はできます。
ただ、一個人とは言っても、
芳佳はメイン盾として想定していた超貴重な人材なわけで、
そこはもっと考慮しろよとは思っちゃいますよね。

ともあれ、芳佳の魔法力が戻らないまま、最終決戦開始!
ネウロイが築いた「ベルリンの壁」の、
外敵に対する機械的なリアクションが、
「都合のいい動き」だなとは感じましたが、
それさえも向こうの思惑通りだったんですね。
本当に、今回のネウロイはやることがえげつない。
「戦争が上手くなってる」んですよ、確実に。

罠にかかり、囚われた芳佳たちを救うため、
501のみんなは地下道からの潜入を試みるようです。
どう考えても苦戦は免れないでしょうけど、
一視聴者としては、ただただ、応援するしかないですね。
がんばれ、みんながんばれ。

次回はいよいよ最終回。
受け入れがたい現実ですが、受け入れるしかありません。
来週の放送も楽しみにしています。
ああ、終わっちゃうなあ。


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第10話
2020年12月10日 (木) | 編集 |


めちゃくちゃおもしろかったです!
すさまじい緊張感と、ド派手なアクションの数々。
まさにクライマックス。
ここからさらに、もっともっと盛り上がるのかと思うと、
興奮を隠しきれません。

静夏、成長しましたよね。
単独でネウロイを撃破できるくらい、強い戦士になった。
そのことは501の誰もが認めていて、
しっかり「戦力」としてカウントされている。
だからこそ、芳佳の護衛にも選ばれたし、
その役目も立派に果たせたわけです。

それだけに、後半のあれこれは、
彼女にとってショックな出来事だったのでしょう。
自分が足を引っ張ったせいで、危機を招き、
芳佳から魔法力を奪ったと、責任を感じている。
もちろんそれは、結果論に過ぎないのだけど、
当事者である静夏からすれば、
何を言われても慰めにしかならないはず。
見ているこっちもつらく、苦しく、しんどい展開です。

非常に重い空気のまま終わった第10話ですが、
しかし当然、ここからは上昇気流。
ウィッチに不可能はない。
だから、芳佳は必ず復活する。
そこは信じてます。
そしてその復活を支えるのが、静夏!
そうあるべきというより、そうであって欲しい。

次回の放送も楽しみにしています。
がんばれ、芳佳。
がんばれ、静夏。


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第9話
2020年12月03日 (木) | 編集 |


カールスラント組の絆の回。
最高。最高でした。
もっさんが出てくるかなと思ってたんですけど、
今、やるとしたら、こっちですね。
ベルリン奪還の物語なんですから、
彼女ら三人の掘り下げが多くなるのは必然。

終盤の展開、心臓ドキバクでした。
一期ではもっさんを止めるため、
銃まで突き付けたミーナが、
無茶をして、無理を通して、
「後はお願い」なんて言うんですから。
「最悪の結果」は、無いと願いつつも、
心配で、不安で、もうずっと目が離せませんでしたよ。

ミーナの想いが十二分に伝わってきたし、
バルクホルンの涙にも胸を締め付けられました。
同い年で同胞。
誰よりも気持ちが分かるからこそ、
無謀な行為に対して腹が立ったし、
誰よりも早く手を差し伸べることができた。
エーリカも、彼女なりに抱えている想いはあるだろうに、
戦況を見極め、冷静に迅速に行動する、
そのプロフェッショナルぶりに改めて感服。

第6話で苦しめられたネウロイを、
きっちり倒し切れたのもグッド。
すでにその特性を把握した相手に、
万全の状態で、二人がかりなんだから、
負けるわけがない。当然の結果。

オチも含めて、完璧なエピソードでした。
「衣服を溶かす燃料」なんてものが出てきて、
何も起きないはずがなく。
あのまま、なんにも隠さず帰還したんだろうな、
と想像するだけでワクワクしてきますよ。
そりゃあ、ウルスラだって満面の笑みを浮かべるよ。
これがストライクウィッチーズですよ。

RtB、毎回神がかった展開続きで、
本当に感謝しかないです。
見たかったもの、期待していた以上のものを、
リアルタイムで追えている奇跡。
さらに次回は、いよいよもっさん登場で、
なおかつ静夏のメイン回!
決して穏やかな内容ではないでしょうけど、
すでに覚悟は決まってます。
次回の放送を楽しみにしています!


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第8話
2020年11月27日 (金) | 編集 |


待望のエイラーニャ回。
お風呂のシーンがえっちだったので、良かったです。
第7話もそうでしたが、「乳を揉む」ことに対して、
既存のシリーズ以上にこだわってるように感じます。
静夏の表情がとても良かったですね。
とても良かった。

内容的には4話と同様、超仲良しな二人の確執と、
そこからの逆転劇という王道展開。
サーニャの索敵と、エイラの未来予知。
この二つが噛み合わなかったことが、
これまでは一度もなかったのでしょう。
だから、初めての事態に二人とも困惑した。
特にサーニャは、気負っていたせいもあって、
エイラに対して強く当たってしまった。
彼女のことを誰よりも理解し、信頼していたはずなのに。

それでも、ピンチのときに、真っ先に出てくる名前が、
「不確定要素」として切り捨てたその相棒なんですね。

そんなサーニャの救いの声に応えるのがまた、
エイラの頼もしいところであり、
かっけーところでもあるわけです。

今回のネウロイも難敵でしたが、
やはり「相手が悪かったな」ですね。
エイラとサーニャだからこそ、
仕留めることができたんだと思います。

気になったのが、静夏の言動。
エイラが作戦から外されたのは、命令違反をしたから。
それが当然という静夏の淡々とした態度は、
正しいものではあります。
けれど、じゃあ、あのときエイラが何もせず、
サーニャが死んでいた方が良かったのかと、
そういう話にはなりますよね。

ネウロイという、未知の相手との戦争では、
不測の事態がいくらでも起き得るということを、
静夏はまだまだ知らない。
この経験の浅さが、終盤、
何か影響を及ぼすんじゃないかなと、
ぼんやり考えていたりしますが、さてさて。

次回はミーナ回!
前線に出る機会の少ない彼女ですが、
スポットライトが当たる以上は、
大きな見せ場が用意されているはず。
もっさんも出番あるかな。
あるとしたら、ここですよね。

いろいろ期待しつつ、
次回の放送を楽しみにしています!


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第7話
2020年11月19日 (木) | 編集 |


おもちが大きくなったゾンビに襲われて、
501が壊滅状態になる回でした。
何を言ってるのか自分でもよく分かってませんが、
分かるつもりもありません。
いやー、本当に恐ろしい敵でしたね。
7話恒例のおバカエピソード、
じっくり堪能させてもらいました。

イケメン芳佳やリーネちゃんの名言など、
全編を通して見どころ満載でしたけど、
一番印象に残ってるのが、サーニャが「襲撃」されたシーン。
サーニャの表情や反応も含めて、なんというか、
思った以上にえっちな感じだったので、
見ていてかなりドキドキしましたよ。

ストライクウィッチーズにおける「エロ描写」は、
あくまでもコメディ要素が主体であり、
「笑わせるために脱いでいる」と個人的には思ってます。
だから、今回のガチなやつはインパクトが大きくて、
非常に新鮮でした。
サーニャという人選もベスト。
そりゃあエイラも興奮激怒しますよ。
ありがとうございました。

で、これだけアホなことをしておいて、
来週はエイラーニャ回なんですよね。
感情の揺れ幅が、むちゃくちゃですよ。
でも、これがストライクウィッチーズなんです。
次回の放送も楽しみにしています。


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第6話
2020年11月12日 (木) | 編集 |


拍手喝采。感謝しかない。
これがストライクウィッチーズだ。

いやー、いいですね。これでこそ第6話。
エーリカもバルクホルンも、めっちゃ良かったです。
501のダブルエースだからこそ、描けた物語。
二人の絆と、強さを、存分に堪能させてもらいました。

今回のバトルはきわめてロジカルで、
「正しい選択をした結果、勝った」のが素晴らしかったです。
エーリカ撃墜というかつてない事態を前に、
根性や気合いだけで立ち向かわず、
強敵への対策を練り上げた上で勝ってる。
そこにはバルクホルンの「強さ」がベースにあって、
その強さをどう生かせばいいのか、
どう戦えば勝てるのかを考え、実行したからこそ、
勝利を物にすることができたわけです。

バルクホルンは決して自暴自棄になったわけでなく、
最善の行動をしていただけ。
お風呂の壁を殴りつけるくらいに、
気持ちは怒りに満ちていても、思考はクリア。
そのことを理解したシャーリーも素敵だったし、
会敵から決着までの一連の流れは最高でしたね。
スピード感満載のアクション、エーリカへの想い、
そんでもって、最後のお姫様抱っこ!
興奮と感動が限界突破して、
涙がボロボロこぼれてきて大変でした。
最近、涙腺が緩くなってるという自覚はありますが、
やっぱり、いいものはいいですよ。
エーリカの反応も素晴らしかったですね。
とても素晴らしかったです。語彙。

最高のエピソードをありがとうございました。
次回予告も完璧でしたね。
第7話ですからね。そりゃあ、ポヨンポヨンしますよ。
シリーズ恒例の、あたまのわるい展開が待ってそうで、
とてもとても楽しみです。
期待してます。


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第5話
2020年11月05日 (木) | 編集 |


ほっこり爽やかなエピソード。
チューリップ復活という目的と、芳佳のリハビリがリンクし、
彼女自身の復活にもつながっていたのが巧みな構成。
これはもう、完全に復活したと思っていいのかな?
少なくとも飛べるようにはなったので、
ここからは芳佳絡みの展開も多くなってくるはず。

ペリーヌの優しさと包容力も素敵でした。
もちろん、怒ったりはするんですけど、
やるべきことはちゃんと理解しているし、
自分なりに責任を持って行動してるんですよね。
それでいて、なんでもかんでも背負おうともしない。
温度調節だって、以前のペリーヌなら、
自分がやろうとしていたかもしれないけど、
芳佳を信じているから、できると思ったから、
その役目を彼女に任せた。

最終的にチューリップが復活できたのは、
ペリーヌの力によるものですけど、
それは結果論だということを、彼女自身は分かっている。
だから、みんなのおかげという言葉がすぐに出てくる。
全員が奮起した、その結果に過ぎないと、理解しているから。
このあたり、シリーズを通しての成長が感じられて、
見ていてほんわかしましたね。
ペリーヌは強い。強くなった。

次回の放送も超楽しみ。
ストライクウィッチーズの第6話といえば、
エイラーニャの顔がすぐに浮かびますが、
今作ではどうやらバルクホルンとエーリカに
焦点が当たりそうな感じですね。

第6話「復讐の猟犬」

予告を見る限りでは、かなり重めの展開が待ってそうです。
製作側も「特別な回」であることは意識しているでしょうし、
大いに期待していいはず。
ちょっと気合いを入れて、その瞬間を待ちましょう。


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第4話
2020年10月29日 (木) | 編集 |


最高。最高でした。
ルキシャリという無敵の組み合わせに、
真っ直ぐ向き合ったエピソード。
とにもかくにも、構成がお見事でしたね。
基本的に、ルキシャリって自由な振る舞いが多くて、
それが魅力なんですけど、そんな二人だから起きた摩擦と、
そこから解決に至る経緯、そしてネウロイ撃破までの、
盛り上がりの数々!
完璧。完璧です。
放送が終わった後も、
しばらくは涙がこぼれて止まりませんでしたよ。
200マイルの向こう側。
その先にあったのは、二人の絆。

バルクホルンが、ちゃんとお姉ちゃんしてたのも、
めちゃくちゃかっこよかったですね!
みんな、分かってるけど、怒るだけの人じゃないんですよ。
年若い仲間を優しく導く、面倒見のいいお姉ちゃんなんです。
みんな分かってる。
分かってるけど、良いものは良い。

次回はペリーヌがメインの回。
静夏の見せ場もありそうですし、
今まで以上に気を引き締めて、視聴しましょう。
どんとこい。なんでもこい。


「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第3話
2020年10月22日 (木) | 編集 |


芳佳の芳佳らしさが、
存分に伝わってきたエピソードでした。
とにもかくにも、宮藤芳佳の魔法力は規格外です。
他のウィッチにとっての常識が当てはまらないし、
彼女自身でも制御しきれてないのでしょう。
だから、全力を出し過ぎたせいで枯渇したり、
いきなりその力を取り戻したり、
今回のように不安定な状態を見せたりと、
予測できない事態を招き得るということですね。

強すぎるがゆえの宿命であり、もしかしたらこれからも、
こういったハプニングは起きるかもしれません。
「何が起きてもおかしくない」という心構えを、
芳佳は持つべきなのでしょう。
ただ、見方を少しずらせば、
「絶体絶命のピンチを、常識外れな力で切り抜ける」
なんてこともあり得るし、あると信じさせてくれるのが、
宮藤芳佳という存在なんだな、と
個人的には勝手に思ってます。
いずれにせよ、今後の動向には要注目ですね。
このまま不調が続くのか、あっさり元に戻るのか、
それとも盛大な復活イベントがあるのか。

静夏も良かったですね!
今の自分の「足りなさ」を飲み込んだうえで、
やれるだけのことをやる。
その覚悟を見せてもらえたのが嬉しかったです。
他のキャラとの絡みもいろいろ見てみたいですよね。
劇場版から8年、8年ですよ。
もっともっと、たくさん活躍して欲しい。

次回はシャーリーがメイン!
一期の4話を思い出させてくれる予告でしたが、
それだけでは終わらないはず。
今の501ならではの何かを、見せてもらえると嬉しいですね。
次回の放送も楽しみにしています!



ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト