アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「ブレイブウィッチーズ」第12話
2017年01月04日 (水) | 編集 |


スカッと爽快な、最高の最終回。
それぞれのキャラに見せ場を作りつつ、
特訓の成果も生きて、伏線も回収して、
しっかりがっちり完結させてくれましたね。
最後にちょっとだけアウロラ姉さんが映ったのも、
個人的には嬉しかったところ。
めっちゃ好きなキャラなので。

そんでもって、余韻に浸る間もなく13話の告知ですよ!

「ブレイブウィッチーズ」第13話「ペテルブルグ大戦略」
2017年イベント上映決定!


内容的にはバトルありつつ、コメディ要素もありつつの、
ハートフルなエピソードになりそう?
いずれにせよ、エイラーニャが絡んでくるとなれば、
冷静でいられるはずもありません!
熱く、温かく、それでいてキリッと引き締まる内容になる。
そう信じながら、続報を待つばかり。

ともあれ、テレビ放送はこれで一区切りです。
ウィッチーズの物語がここからどう転がっていくのか、
まだまだ見えてこない部分も多いですけど、
これからも末永く続いてくれることを願っています。
現実的な問題としては、色々と難しいこともあるのでしょうけど、
悲観的になっても仕方がないですからね。
前向きな気持ちで、ひとまずは13話に期待!
楽しみ! わくわく!


「ブレイブウィッチーズ」第11話
2016年12月25日 (日) | 編集 |


ついに始まった最終決戦!
対するネウロイはこれでもかというくらいラスボス感満載。
まともな攻撃はまるで通じず、しかも前回のネウロイと同様、
コアの中にコアがあるという厄介すぎる相手。
一度ならず二度までも、ということで、
「ネウロイそのものが進化している」
という可能性が、がぜん高まりましたね。
怖い、怖いぞ、これは。

「作戦」が失敗するのは見ているこっちも織り込み済みなので、
そこはいいんですが、この後の展開を想像すると、
どうしても平静ではいられません。
孝美は絶対に無茶をするだろうし、
姉を助けるために、ひかりはもっと無茶をする。
そんな厳しい未来が待ち受けているのかも、
と思うと、胸が締め付けられます。
エンディングを聞きながら泣きそうになりましたもん。
やめてくれよ、まったくもう。

とはいえ、なんといっても今作はブレイブウィッチーズです。
勇気を振り絞れば、それ相応の結果が付いてくるだろうし、
最後はきっちり笑顔で締めてくれるだろうな、
と強く信頼もしています。
はらはらどきどきしつつも、前向きな気持ちで、
次週の放送を待ちましょうか。
最後まで全力で追いかけまっせ!
緊張する!


「ブレイブウィッチーズ」第10話
2016年12月18日 (日) | 編集 |


雁淵孝美、いよいよ前線に復帰!
ということで、気分は最高に盛り上がるばかりでしたが、
ひかりとの再会後のあれこれは、見ていて胸が痛くなりましたね。
孝美の気持ちも、ひかりの気持ちも、どっちも分かるだけに、
なんとかならないものかと、もどかしく思うばかり。
まあ、最終的には再合流するんでしょうけど、
ひかりの、あの号泣には、心臓を握り潰されましたよ。
この状態で一週間待たなければならないのがつらすぎます。
レイニー。

物語はいよいよ最終段階に突入しようとしています。
きっと、過酷で厳しい戦いが待ち受けているのでしょう。
だからこそ、最後まで目を離さず、じっくりと鑑賞させてもらいます。
がんばれ、ひかり。がんばれ、孝美。
がんばれ、みんな!


「ブレイブウィッチーズ」第9話
2016年12月11日 (日) | 編集 |


今回のエピソードは菅野がメイン!
普段から無鉄砲な彼女だからこそ、
びびってる顔はギャップがあって良かったし、
「そうなるまで」の流れも自然で、大満足な内容でした。
ひかりの熱い説得も、熱くて、熱かった。

ネウロイの行動パターンも多彩で、強力で、
今までで一番厄介だったんじゃないでしょうか。
あれはやはり、ストライカーユニットを取り込んだ影響?
この一件で片付く問題ならいいけど、
あまり楽観視しすぎない方がいいような気もします。
うーん、怖い怖い。

そんなわけで、今回も面白かったなあと、
エンディングを見ながら余韻にふけっていると、
最後の最後にぶっこんできやがった!!
おい、こら、スタッフ!!
おい!!!!

放送終了後もめっちゃくちゃ動揺しまくってましたが、
でもまあ、必然といえば必然ですね。
意識不明の重体患者を治せるとしたら、
そりゃあ、彼女しかいないよ。
出番あるよ。当然だよ。
ありがとう、ありがとう。

ともあれ、次回から一気に物語が動きそうな気配濃厚ですね!
全ての駒はそろった。
あとはここから、何をどう見せてくれるのか。
最後までじっくりと堪能させてもらいます。
期待してまっせ!


「ブレイブウィッチーズ」第8話
2016年12月05日 (月) | 編集 |


何はともあれ、アイキャッチが意味深すぎました。
なんなの、あれは?
事後なの? それ以外の可能性があるの?
一緒に寝てただけでは納得できないよ。

それはさておき今回は伯爵のメイン回ということで、
見せ場満載、戦闘シーン盛りだくさんで、
迫力満点なエピソードでしたね。
いやー、いいですね。
クルピンスキー様、いいですね。
女ったらしで酒好きで、人格的には問題だらけだけど、
やるときはやる。
しかも、めっちゃくちゃ強い。
ちょっとかっこよすぎませんか。
ギャップ萌えのテンプレみたいな存在。
だがそれがいい。

大ケガを負いながらも、
最後はちゃっかり役得を手にしているのもよし。
やることをやったんだから、
それ相応のご褒美はあってもいいでしょう。
後でロスマン先生に色々言われそうではありますが!
というか、あのアイキャッチはなんなの?
本当になんなの?
視聴者をどれだけ悶えさせれば気が済むの?

そんなわけで、事態は無事解決、と思わせてからの、
最後の「あれ」にはぞっとさせられましたね。
ウォーロックについて触れた以上、
取り込まれたストライカーユニットもきっと、
良くない方向で作用するはずですし、
エースである伯爵もケガのせいで、おそらく戦えない。
この困難をどう乗り越えるのか。
もしかしたらひかりが約束を破って、
魔眼の使用に踏み切る可能性も?

色々と想像するだけで心臓が痛くなってきますね。
さあ、どうなるのかな。楽しみだな。


「ブレイブウィッチーズ」第7話
2016年11月27日 (日) | 編集 |


いやー、最高。最高でした。
興奮しすぎてしぬかと思った。
見終わった後もドキドキが収まらなくて、
心の中が幸せな気持ちで満たされっぱなしでしたよ。
ありがとう、ありがとう。

構成、演出、その他サービス要素諸々含めて、
完璧な第7話でしたね。
ニパの見せ場が多かったことも嬉しかったし、
とびっきりのサプライズには思わず叫んじゃいましたよ。
あんなもんを見せられて、冷静でいられるか!
心臓止まるかと思ったわ!

風邪を引いたひかりに対する、周囲の反応も素敵でした。
502加入当初はお荷物扱いだったのが、
今では「ひかりのためにお祭りをしよう」ですからね。
みんなはもう、彼女のことを対等な仲間として認めているわけです。
そしてその地位は、ひかり自身が努力して手に入れたもの。
これまでの積み重ねがあった上での、この風邪イベントなんですね。
感慨深い。

そんなわけで、最高の第7話でした。
最高って何回言ってんだって話ですが、
それ以外に語りようがないんだから仕方がない。
ただただ、感謝の気持ちでいっぱいですよ、はい。

8話はいよいよ伯爵のメイン回。
個人的にもかなり気になってるメンバーの一人ですし、
今回のエピソードでトラブルメーカーっぷりが際立ったからこそ、
「意外な一面」なんかを見せてもらえると、
印象も大きく変わるでしょうし、キャラとしての深みも増すはず。
是非ともそういう展開に期待したいですね。
超楽しみ。


「ブレイブウィッチーズ」第6話
2016年11月20日 (日) | 編集 |


固有魔法を絡めつつキャラの魅力を大きく引き出した、
珠玉の第6話。
サーシャ、いいですね。
過去回想には胸を打たれましたし、ニパとの絡みも申し分なし。
ニパーシャ流行れ。もっと流行れ。

サーシャは苦労人ポジションのキャラですが、
若くして戦闘隊長を任されているのは、
それだけの才能があり、認められているということ。
過去と向き合い、前に進み始めた彼女のことを、
これからも応援し続けたいですね。
がんばれ!

今回のを見る限り、ニパは運を振り分けてるのではなく、
不運と引き換えに幸運を手に入れているという感じですかね。
超回復があるから多少は無茶できるというのも、
自身の才能を生かした立派な戦い方だと思います。
彼女もまた、最前線で戦うウィッチの一人だということ。
いいなあ、ニパいいなあ。
話が進むごとに、どんどんニパのことが愛おしくなっていく。
いいぞいいぞ。

ともあれ、期待にそぐわぬ濃厚なエピソードでした。
さあ、次回はいよいよ第7話です。
予告を見る限りではギャグ回っぽいので、
こちらも要注目ですね。
スースーしたり、モゾモゾしたりするのかは分かりませんが、
「ウィッチーズらしい第7話」であることは間違いないでしょう。
超楽しみ。わくわく。


「ブレイブウィッチーズ」第5話
2016年11月13日 (日) | 編集 |


極寒の死闘、最高でした。
興奮と緊張の連続で、
見ているこっちは胸が熱くなるばかりでしたよ。
放送後もしばらくの間、ドキドキが収まりませんでしたからね。
いいアニメだ。本当にいいアニメだ。

そもそもネウロイを発見した時点で、無理せず後退していれば、
あれほどの危機的な状況には陥らなかったのでしょう。
彼女たちは判断を間違えたのかもしれない。
けれど、誰だって間違えることはある。
大事なのは、その後。
そして「その後」を、三人は立派にやり遂げた。
知恵と工夫と努力と根性で、ピンチを乗り越えた。
その懸命ながんばりに、全力でエールを送りたいです。
よくやった。本当によくやった。

三人それぞれに見せ場があったのが、
満足度の高さにつながってるんだと思います。
ジョゼがひかりを避けていた理由にも胸が締め付けられたし、
定子が報われたのも良かった。
ひかりの「頭突き」も熱かったですね!
無茶苦茶だけど、最善で最速の選択を、迷わず実行できる。
これでこそ主人公だ。

いやー、しかし本当に、
回を重ねるごとに面白くなっていきますね。
登場キャラのみんなに、どんどん感情移入しちゃうし、
共感もするし、応援もしたくなる。
この調子で、がんがん盛り上げていって欲しいです。

さあ、次は第6話だ。
今作は「ブレイブウィッチーズ」であり、
「ストライクウィッチーズではない」ということは、
充分に理解しているつもりですが、
それでも期待せずにはいられません。
ウィッチーズといえば第6話。
そのことはスタッフの皆様も分かっていることでしょう。
来週も心から楽しみにしています。
不安はない。


「ブレイブウィッチーズ」第4話
2016年11月06日 (日) | 編集 |


冒頭の「引き締める」シーン、良かったですね。
「やるのか? やるんだな?」
という期待に、見事に応えてくれました。
しかもダブルで! 連続で!
これでこそウィッチーズだ!
ありがとう、ありがとう!

それはさておき、今回はロスマン先生の掘り下げ回でした。
ひかりに対して冷たく当たるのは、彼女なりの優しさだったんですね。
かつての教え子が「二度と飛べなくなった」と言ってましたけど、
これ、戦死してるということも考えられるんですよね。
ひかりに尋ねられたときの、一瞬の間が重い。
重い過去を想像せずにはいられない。

そんなロスマン先生の心を動かしたのは、
ひかりの熱意と粘りと、彼女の中にある可能性。
無意識だろうがなんだろうが、
あのときひかりが、踏ん張れたからこそ、
先生の気持ちにも変化が生まれたわけです。
これでこそ主人公。

その後の指導のシーンも良かったですね。
量が少ないのなら、集中させればいい。
弾が当たらないのなら、当たる距離まで近づけばいい。
雁淵ひかりというウィッチに対する、最適な指導だったと思います。
あの身体能力の高さを考慮した上での、
ひかりにしかできないやり方。

というか、ひかり、腹筋、すげーな!
腹筋だけじゃないけど、腹筋すげーな!
足に魔法を集中させた状態での、あれですから、
素の腹筋ってことですよね。すげーな。
腹筋って何回言ってんだ。

魔眼の詳細も判明しましたが、
こんなもん絶対使いますよね、ラスト付近で。
「接近戦をするしかない」という現状もまた、
無茶をする布石になってるといいますか。
「その瞬間」が楽しみではありますが、怖くもあります。
さてさて、どうなることやら。

そんな感じで、今週も楽しかったです!
キャラの掘り下げが進むごとに、
どんどん面白くなっていってますねー。
次回もシリアスムード満載っぽいので、
しっかり引き締めて臨むことにしましょう。
気持ちだけじゃなく、尻も!
どんとこい!


「ブレイブウィッチーズ」第3話
2016年10月22日 (土) | 編集 |


いよいよ始まった502での生活。
なかなか上手く力を発揮できないひかりと、
そんな彼女への周囲の対応は、見ていて心が痛くなりましたが、
最前線で戦う以上は、それ相応の実力が求められるのも当然。
足手まといは必要ないどころか、
チーム全体を窮地に陥らせる可能性もありますからね。
招かれて来たわけじゃないのだから、
居場所は自分で確保するしかない。

そんな緊迫した空気を、一気にぶち壊すのがニパ!
「ニパさんがまた墜落しました」で盛大に吹きましたよ。
鉄板の持ちネタがあるのは強いなあ。

今回、見ていて思ったんですけど、
ニパは不運なわけじゃなく、自分が持っている運を、
無自覚に、周囲に分け与えてるんじゃないでしょうか。
ニパが墜落してなければ、
おそらくひかりはあのまま帰らされていたでしょう。
しかし、実際にはそうならなかった。
あくまでも結果的にはですが、
「雁淵ひかりにとって、ニパの墜落は幸運な出来事だった」
と言っていいはず。

ちょっと深読みしすぎかもしれませんが、
これからも注目したい子だなとは思いました。
シリアスブレイカーとしての活躍には、期待が高まるばかり。
これからも、もっともっとひどい目に遭って欲しい。
端的に言えば、好き。


と、そんな第3話でした。
第4話は制作スケジュールの都合で一週間延期とのことですが、
そのかわりに「サン・トロンの雷鳴」が放送されるみたいなので、
それはそれで楽しみですね!
来週もテレビの前に、正座で待機だ!



ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト