アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 第184局「奇襲」
2018年01月21日 (日) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




鶴田姫子が、華麗に決めた!
リザベーションが見事に成功して、
新道寺はついにトップへ浮上!
この倍満ツモの見開き、
両手を握りしめる哩先輩がかわいいですね。
表情は冷静さを装っていても、
めっちゃ力入ってるのが伝わってきます。
いいぞ、いいぞ。
こういうの、もっともっと見せて。

それにしても、やはりリザベーションは強い。
穏乃ですら防ぐことはできなかったんだし、
鳴きや捨て牌の選択で抵抗したくらいでは、
どうにもならないのかもしれません。
となると、対策としては、
「その局面」を迎えないこと
以外にはないのかな。

今回、九種九牌の扱いが明らかになったのは大きいです。
姫子はこのルールを上手く利用して、
リザベ不発のデメリットを回避しましたが、
問題となるオーラス一本場が、
九種九牌で流されるかもしれない、
という可能性も出てきたんですよね。

大将戦のラス親は末原さんなので、
ここも重要なポイントになりそう。
勝負を決めるのは末原さんなのか、
あるいは他の誰かなのか。
現状、姫子は守備意識を高くしてますが、
攻めるべき場面でチャンスを逃す、
なんてこともあるのかも。
竜華は枕神をガンガン使ってくるでしょうし、
爽の動向も気になる。

ともあれ、どんな結末も有り得るので、
引き続き注意深く見守っていきたいです。
さあ、どうなるんだ!
白熱の大将戦は、まだ始まったばかりだ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト