アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
怜-Toki- 第26局「首飾①」
2018年10月27日 (土) | 編集 |


久しぶりの感想記事です。
以下、ネタバレあり。




長らく感想記事を投稿してませんでたが、
作品自体はずっと追い続けていました。
で、今回気になったのは、竜華の飼っているハムムのこと!
これって、第1局ラストの、
あの答え合わせができたって考えていいんですかね?

すなわち、

「だってすごく…むに…て…から」

「だってすごくハムムに似てるから」


こういう解釈をしたんですけど、どうでしょう??
つまり園城寺怜はモルモットだったんだよ!
な、なんだってーーーーっ!?

冗談はさておき、かつて飼っていたペットと、
怜を重ねて見ている、というのは有り得る話だと思います。
人間扱いしてないとかそういうのじゃなくて、
気を遣わなくていい相手だと感じた、みたいな。
怜の前でなら、「ええ子」を演じなくても済む。
素の自分を見せられる。
そう感じたんだ、と。

ただ、それだけだと動機が「弱い」と感じるのも確かで、
他にも何かあるのかもな、とは思ってます。
首飾りとの関連も不明ですし。
おそらく、ハムムとの別離の瞬間はやってくる。
何かあるとしたら、その原因次第か。

とまあ、これだけ書いておいて、
実際にはまったくの見当違いかもしれませんが、
それはそれで構いません。
真相が分からない今の段階だからこそ、
こういう記事を書けるわけで。

何はともあれ、次回の掲載を楽しみにしています。
さあ、真相やいかに。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト