アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第63話「Pechvogel」
2018年12月26日 (水) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




千尋の独走状態が続いてますね。
慕と曖奈先輩それぞれの視点から、
連荘能力の秘密が少しずつ紐解かれていく、
その過程が熱かったです。
一番の見どころは、やはり曖奈先輩の北切り。
彼女なりの矜持も伝わってきたし、
それを千尋がスルーしたことから、
「符ハネを拒否」にも気付けた。

というわけで、千尋の連荘は、
親番のみ
1翻30符であがらなきゃいけない

が制約だと思っていいのかな?
他にはなさそうな感じですよね。
ただ、分かったところで、
凶悪な能力であることには変わりなく、
猛攻は止まる気配なし。

千尋の態度にはまだまだ余裕があるし、
どこまでも上から見てますが、
それでも、本気を出していることは疑いない。
みんなの点数は少しずつ削られ、
慕のピンチは続くばかり。

そんな状況でも、笑顔を見せられるのは強いですね。
これが白築慕。
「絶対にとめる」というその意思を胸に、
チャンスをつかめ! つかんでくれ!

そんなわけで、決着は来年に持ち越し!
次回の掲載も楽しみにしてまっせ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト