アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 二次創作『和泉』
2019年04月30日 (火) | 編集 |


咲-Saki-の二次創作SSです。
二条泉視点。




貯めたお小遣いで吉野に一人旅したその日、
フリフリな衣装を着た少女と出会った。
明日から小学6年生になる、春休み最終日のこと。

「どうしたん?」

不安げな顔で歩くその子のことが気になって、
つい声をかける。
彼女は一瞬、身体をびくつかせたが、
たどたどしい口調で事情を話してくれた。
なんでも、つい最近ここに引っ越してきたらしく、
近所を散策しているうちに、
親とはぐれて迷子になったとのこと。

「そっか。まあ、親御さんも探してるやろうし、
 下手に動き回るより、ここで待ってた方がいいと思う」

「それも、そうですね。あなたは、地元の方ですか?」

「いや、大阪から来てん。
 明日からは最上級生やし、気合いを入れるために、
 ちょっと冒険してみようかなと思って。
 せっかくやから、話し相手くらいにはなったるで」

「ご親切に、ありがとうございます。
 最上級生ということは、6年生ですか?
 私も同じなんです」

「そうなんや。それにしては立派な……」

下品なことを言いそうになって、慌てて口をつぐむ。

「ま、まあ、それは置いといて、けど、そうやな、
 話し相手っていうても、何を話せばいいんかな。
 なんか好きなもんとか、趣味とか、ある?」

「好きなもの、ですか……。
 強いて言えば、麻雀でしょうか」

「……麻雀やて?」

何気なく出てきたその単語を聞いて、私は眉をひそめた。

「偶然やな。私も少し、かじったことあんねん」

「そうなんですか、それは奇遇ですね」

「そや。ほんなら暇つぶしに、何切る問題出したるわ。
 何切る問題って分かる?」

「はい。ツモ牌も含めて、
 自分の手牌から何を切るべきかを選ぶ問題ですよね」

「そうそう、細かい説明はいらんな?
 じゃあ、さっそくやけど、いくで!
 私が出す問題は、これや!」


p1.gifp2.gifp2.gifp2.gifs1_20130228233425.gifs3.gifs5.gifs6.gifs8.gifm5.gifm6.gifm7.gifm8.gif ツモs7.gif
ドラjisha.gif


「もちろん何を選んでもいいけど、
 サービスとして、三択に絞ったるわ。
 あんたなら、次の三つのうちから何を切る?」


s1_20130228233425.gif  p1.gif  m5.gif 


「不正解なら、泥水の中にドボンやで!」

私は自信満々にまくしたてた。
きっとこの子は迷うと、そう信じて。

m5.gifですね」

けれど、彼女は即答した。
そしてその答えに、私は言葉を失った。
まさにそれこそ、正解やったから。

この手牌は、ぱっと見た感じ、p1.gifを切りたくなる形やと思う。
鳴きや点数上昇を考えた場合、その一手を選ぶ人は少なくないはず。

けれど、「聴牌するための有効牌の枚数」だけを考えた場合、
m5.gif切りの方が1枚多くなるんや。
たった1枚の差とはいえ、効率という点では、
p1.gif切りよりも優れた一打と言える。

もちろん状況次第で、切るべき牌は変わってくるけど、
何切る問題としては、m5.gifが正解。
そしてその答えを、彼女が迷いもなく選べたことに、
戦慄を覚えないわけにはいかんかった。

「……あんた、ほんまに私と同い年か?」

自然とそんなつぶやきが漏れる。
仲のいい先輩に、この問題を出されたとき、
私はすぐに答えることができんかった。
その上、悩んだ末に出した答えが、p1.gifやったんや。

「どうかしましたか?」

「――なんでもない!」

思わず背を向け、私は駆けだした。
胸の中は、惨めな気持ちでいっぱいやった。
年上ならともかく、まさか同い年相手に、
それも出会ったばかりの女の子に、
力の差を見せつけられるなんて。

……いや、そうやない。
あの子のことが、憎いわけやない。
相手を勝手に「下」やと決めつけて、
侮った自分自身に腹が立ったんや。

立ち止まり、何度か深呼吸をする。
世界は広い。
そんなことは、分かっていたはず。

先輩たちは中学生になり、新しい場所で戦ってる。
自分だけが置いてけぼりになったような、
そんな気持ちを、ずっと抱いてた。

ここに来たのは、気合いを入れるためなんかやない。
焦りや苛立ち、最上級生になるというプレッシャー、
そんな色んな想いをリセットさせるために、
誰も知り合いのいない場所に逃げたかっただけ。

どこでもよかった。
吉野やなくてもよかった。
けれど、ここに来たおかげで、私は一人の少女に出会えた。

世界は広い。
もしかしたらあの子は、今の私より強いかもしれん。
けど、それでもいい。
そのことを知ることができただけでも、
ここに来た意味はあった。

踵を返し、私は再び駆けだした。
ほったらかしにしたことを、謝るために。
けれど、彼女の元に戻ったとき、
その側に大人がいることに気付く。

あの子の顔には、笑顔が浮かんでいる。
どうやら親と再会できたらしい。

「なあ、あんた!」

安心した私は、少し離れたところから、叫んだ。

「こっちで、友達できるとええな!」

その声に気付いた彼女は、深く頭を下げた。

私は軽く手を振り、その場を去る。
振り返ったときにはもう、彼女たちの姿は、
人混みの中に消えていた。

そのときになってようやく、
名前を聞きそびれていたことに気付く。

まあ、ええわ。
あの子が本当に強い打ち手なら、
いつかどこかで再会できるはず。
お互いに麻雀を続けていれば、
戦う機会は訪れるはずやから。
今はただ、そのときを楽しみにして、
日々、研磨に励むだけや。

さて、せっかくやし、
私も観光していこうかな。
見上げると、広がるのは満開の桜ばかり。
その鮮やかな光景は、
明るい未来を予感させてくれた。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト