アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第71話「相生」
2019年08月25日 (日) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




いやー、今月も良かったですね。
優勝した慕も、彼女なりに悩みがある。
目指すものができたからこその悩み。
ただ麻雀を遊ぶだけではいられない。

勝ちたいと、勝たなきゃ。
楽しみたいと、楽しまなきゃ。
何をするにしても、義務感が生まれたら、
気持ちの負担になるんですよね。
この気持ちをどう整理して、前を向いて進んでいけるのか。
それが、彼女にとっての大きな課題になっていきそうです。

一方の閑無ちゃんも、いいですね。
「作画五十嵐あぐり」の良さが存分に出ている。
あの悔し涙にあふれた顔と、慕、悠彗さんとの温度差。
最高です。これですよ、これ。

「前は勝ったときのほうが眠れなかった」
というのも熱いポイントで、
つまり負けたときはすぐに眠れていた、
負けた原因を追い求めなかったということ。
でも、今は違う。
眠れない。納得したい。
そのために、やれることは全部やる。
牌譜の再生なんかは龍門渕透華を思い出しますよね。

saki26.jpg
咲-Saki-第26局

ポジション的にも、透華とは似た立ち位置のキャラですし、
今後もこういう「重ねる描写」が出てくるのかもしれません。
だとするなら、閑無ちゃんも透華と同じくらいには、
見せ場や活躍の機会があるのでは、と
そういう期待は持っていいはず。

いずれにせよ、この努力はきっと、成長へとつながる。
ラストページの不敵な笑顔もグッド。
泣くほど悔しかった気持ちは、全てゲームの中にぶつける。
早く打とう。今すぐ打とう。

次回の掲載も楽しみにしています。
シノハユ、面白いぞ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト