アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第9話
2020年12月03日 (木) | 編集 |


カールスラント組の絆の回。
最高。最高でした。
もっさんが出てくるかなと思ってたんですけど、
今、やるとしたら、こっちですね。
ベルリン奪還の物語なんですから、
彼女ら三人の掘り下げが多くなるのは必然。

終盤の展開、心臓ドキバクでした。
一期ではもっさんを止めるため、
銃まで突き付けたミーナが、
無茶をして、無理を通して、
「後はお願い」なんて言うんですから。
「最悪の結果」は、無いと願いつつも、
心配で、不安で、もうずっと目が離せませんでしたよ。

ミーナの想いが十二分に伝わってきたし、
バルクホルンの涙にも胸を締め付けられました。
同い年で同胞。
誰よりも気持ちが分かるからこそ、
無謀な行為に対して腹が立ったし、
誰よりも早く手を差し伸べることができた。
エーリカも、彼女なりに抱えている想いはあるだろうに、
戦況を見極め、冷静に迅速に行動する、
そのプロフェッショナルぶりに改めて感服。

第6話で苦しめられたネウロイを、
きっちり倒し切れたのもグッド。
すでにその特性を把握した相手に、
万全の状態で、二人がかりなんだから、
負けるわけがない。当然の結果。

オチも含めて、完璧なエピソードでした。
「衣服を溶かす燃料」なんてものが出てきて、
何も起きないはずがなく。
あのまま、なんにも隠さず帰還したんだろうな、
と想像するだけでワクワクしてきますよ。
そりゃあ、ウルスラだって満面の笑みを浮かべるよ。
これがストライクウィッチーズですよ。

RtB、毎回神がかった展開続きで、
本当に感謝しかないです。
見たかったもの、期待していた以上のものを、
リアルタイムで追えている奇跡。
さらに次回は、いよいよもっさん登場で、
なおかつ静夏のメイン回!
決して穏やかな内容ではないでしょうけど、
すでに覚悟は決まってます。
次回の放送を楽しみにしています!


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト