アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「世界樹の迷宮」プレイ記録 2
2011年05月08日 (日) | 編集 |

どこまで続くか分からない、初代世界樹のプレイ日記です。
画像あり。



いやー、連休中に遊び倒して、無事、クリアしましたよ。
第五階層に突入したときは痺れましたねー。
ダンジョンの構造自体はクソ面倒くさかったですが、
ワクワクしながら探索してました。
いいストーリーだ。実にいいストーリーだ。

うん、どこまで続くか、と言いながら、終わるんだ。
以下、クリア時のメンバーについての雑記。








かじゅ
パラディン
レベル62

チームの壁にして、メイン盾。
防御陣形と、高い守備力によって、
チーム全体を安定させた、ディフェンシブな前衛。
いなきゃ勝てない、という場面はなかったものの、
いるだけで大きな安心感を与えてくれた、物理系癒しキャラ。
三減盾はあまり使う機会がなかったけど、
こういうのはきっと、クリア後にお世話になるんだろうな。
そのことが楽しみでもあり、恐ろしくもある。







ワハハ
ソードマン
レベル62

チームの主砲。
スタン効果を兼ねた高威力スキル、スタンスマッシュをメインに、
様々な敵を狩りまくってくれた、ストイックなアタッカー。
とにかく、ただひたすら、敵を殴る。
それがソードマンの仕事である。
ワハハ。
ヘッドバッシュは追加効果の成功率がいまいちなものの、
頭縛りが決まれば有利になることが多かったし、
エクスタシーへの布石にもなるため、
ボス戦では結構お世話になったと思う。
ワハハ。







ひろえ
ダークハンター
レベル62

チームのサブアタッカー。
前衛としては耐久面にやや脆さがあったものの、攻撃面では大活躍。
高威力のアナコンダ、腕縛りのアームボンテージ、
そして、限定即死効果のジエンドといった、多彩な技が非常に魅力的で、
使っていて楽しかった。
ブーストアップも地味に便利だし、
エクスタシーも決める場面は何度かあったので、個人的には満足。







モモ
メディック
レベル62

チームの回復役。
各種キュアによる回復と、医療防御による被ダメ軽減が主なお仕事。
リフレッシュとリザレクションも非常に便利で、
彼女抜きにはクリアなど到底不可能だっただろう。
ありがとう、モモ。本当にありがとう。







とうか
レンジャー
レベル62

チームのサポート兼アタッカー。
各種先制スキルやステップ、警戒歩行等はかなり便利だったし、
攻撃面でも、ダブルショットやサジタリウスの矢は
使い方にクセがあるものの、非常に威力が高く、
TP切れに気をつけて使えば、頼れるダメージ源。
とにかくやることが多く、仕事量だけなら間違いなくチームで一番。
地味だけど強い、いぶし銀なキャラクターだったと思う。
地味に強い。
地味。




というわけで、メンバー変更もなく、最後までこの五人でクリアしました。
ブシドーやカースメーカーも気になっていたんですけど、
やっぱり愛着が沸いたキャラは外せなかったですねー。
クリア後のあれこれも、引き続き遊ぶと思いますが、
日記自体はここで終了かな。面白かった。

一応、「2」も今、手元にあるのですが、
遊ぶとしたら多分、一年後くらいになると思います。
その頃にまだ世界樹4が発売されてなかったら、やってみるかも、というところ。
「4」が発売されてたら、そっちをやると思うし、
その場合は、さらにその一年後になるのかなあ。
先の長い話ですが、まあ、気楽に遊びます。

そんなことを言いながら、明日から早速遊び始めてる可能性はありますが、
何はともあれ、気分次第ってことで。
俺たちの迷宮探索は、まだ始まったばかりだぜ!


世界中の迷宮プレイ記録 第一部 -完-


関連記事
テーマ:世界樹の迷宮
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト