アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第102話「心長閑」 第103話「来臨」
2023年02月26日 (日) | 編集 |


二話まとめての感想です。
以下、ネタバレあり。




第102話「心長閑」

イチャイチャしっぱなしのエピソード!
なんだ、この甘々な展開は!
いいぞ、もっとやれ!

それはさておき、サブタイトルに使われている「心長閑」は、
のんびりしている様子を表す言葉。
慕にとっては「お休み」の時間であり、
そのことを伝えるためのエピソードであることは明らか。
一方、「長閑」という字は、
石飛閑無という存在への対比になっている言葉でもあります。
「のどかではない、のんびりしていない」
を体現したかのような存在の閑無ちゃん。
そんな彼女の心さえも溶かしたエピソードだった、
とも言えるのかもしれません。

「いつも支えてくれる大好きな愛しい杏果」
「めちゃくちゃ好きなアイドル」
「最高の目標」

愛情、憧憬、目標。
その三つの思いを抱かせてくれる今のこの状況は、
確かに、奇跡的に運がいいと思います。
一方、「その三人」にとっても、
閑無ちゃんと一緒にいられる今は、
奇跡的だと感じているんじゃないでしょうか。

彼女たちにどんな未来が待っているのだとしても、
今この瞬間は、貴重で、かけがえのないものだと思います。
「尊い」とは、まさにこのこと。
本当にありがとうございます。

関連記事
シノハユ考察:石飛閑無を読み解く



第103話「来臨」

アイドル!
新展開!
ありですね!
テコ入れとしては面白すぎる流れ。
ユニット名は、慕(シノ)とはやりんの「ハヤ」で、
シノハヤ。
いや、そこにさらに湯町の「ユ」を加えて、シノハユ!
タイトル回収!
これで決まりだ!


注目されればされるほど強くなる慕にとって、
アイドルになってファンを増やすという展開は、
ある意味でまっすぐな道のりではあります。
立先生がどこまで本気なのかは分かりませんが、
やるならがっつりやって欲しいですね。
もしかしたらはやりん以上に人気が出るかもしれないし、
そのせいで二人の関係に変化が訪れるかもしれない。
そうならなかったとしても、
いろいろ想像するだけで、胸が躍ります。

もちろんこの話題は、
ちょっとした箸休めで終わる可能性もあります。
この後に待ち受ける日本代表との戦いを経て、
気持ちを引き締め、アイドルをやってる暇はないと思って、
お誘いを断る。
そういう展開もありえるでしょう。
逆に言えば、ここで神之浦さんたちに圧勝できるほどであれば、
それこそ話題性は充分なので、アイドル路線まっしぐらかも。
次回の掲載が、本当に楽しみになってきました。


以上、感想でした。
さあ、いったいどうなるんだ。
わくわく!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト