アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 第269局「火急」
2023年12月15日 (金) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




サブタイトル通り、テンパイ合戦で忙しない様子が、
がっつり伝わってくるエピソード。
テンパイした三人の、それぞれの待ちは、

メガちゃんが3p
灼が5-8s
亦野さんが5s

灼はリーチをかけていて、なおかつ山には当たり牌がないので、
あとは他家の動き次第。
亦野さんもツモあがりはないけど、
能力発動条件を満たしているのに、牌をツモれないことで、
「もう山には残ってない」と気付ける可能性があります。
そのことが裏目に出て、待ちを変えて振り込む、
なんてこともあり得るでしょう。

さらにあり得るのが、メガちゃんの当たり牌を引く可能性。
メガちゃんは5p引きで3-6p待ちに変わる可能性があるので、
そのときに亦野さんが3pを引いたりした場合、
オリを選択できるかどうか。
亦野誠子の真価が問われる。
そんな展開になるのかもしれません。

三人の中でツモあがりの可能性があるのは、メガちゃんだけ。
デュエルを仕掛けさえすれば、おそらくあがれる。
しかし、今の彼女は守り重視で戦っているので、
そのことが仇となりそうですね。

となると、いろいろ書いてきましたが、
やはりここは和の見せ場になるのかな。
現状、和だけ手牌が見えてないので、
彼女がどんな闘牌をしていたのか、その答え合わせをするはず。
いやー、でもドラを切ってるんだから、そんなに高くはないでしょう。
まさかそんな、びっくりするような高い手のわけが。

いずれにせよ、結果は来年まで持ち越しですね。
白熱の副将戦も終わりが近づき、盛り上がりは増すばかり。
2024年の咲-Saki-も、全力で追いかけましょう。

次回の掲載も楽しみにしています!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト