アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 第271局「熱血」
2024年02月03日 (土) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




やはりメガちゃん強い!
和の思惑を余所に、圧倒的な火力!
「暗闇」の性質がバレていたとしても、
ツモは止められませんね。
適切に扱えれば、ちゃんと強い能力。
これが臨海女子副将の実力。

と、思っていたら、ここでまさかの、
亦野さんの倍満ツモ!!!!
かっこいいいいいい!!!!

前回、「見せ場はここまでか」と思ってましたが、
とんでもなかった!
予想を超えてくる女、亦野誠子はここにあり!

ミョンファの指摘は適切ですね。
ドラを捨てたのはメガちゃん。
「堅実に打つ」と覚悟を決めていたのなら、
鳴きを得意とした選手が鳴いた時点で、
親番を落としてでも、徹底的に牌を絞るべきでしょう。
こういう隙があるところも、彼女の魅力ではありますが。

ともあれ、迎えるのは鷺森灼の親番。
こんな締め方をする以上は、
大きな活躍の場が用意されているはず。
そうなると、清澄は最下位に陥落するでしょうし、
「さあどうする、原村和」
な展開が待っていそうで、わくわくしますね。
ピンチのときこそ、羽ばたけのどっち。

副将戦、残り2局。
盛り上がりは増すばかり。
次回の掲載も楽しみにしています!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト