アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
【宮永照お誕生日企画】宮永姉妹は分かり合えるのか
2024年02月18日 (日) | 編集 |


久々のお誕生日企画です。
思い込みと想像で書いている部分も多いですが、
ただの感想だと思って読んでやってください。

以下、咲-Saki-に関するネタバレあり。




前回の記事の続きみたいなものです。
8年ぶりの続編。
8年経ってもまだ連載が続いているという事実を、
嬉しく思います。

あれから物語は進み、照に関する情報も増えてきました。
そんな中でも、大きなインパクトがあったのが、
宮永咲との再会の瞬間。

第16巻ラスト~17巻冒頭で、二人は対面しています。
しかし照は、声をかけられてもスルー。
咲さんのことを妹だと認識したうえで、
「何を話すべきかなんにもわからなかったよ」
と、弘世菫に対して述べています。

terutan01.png

このときの心境を勝手に想像するなら、
「話したい」とは思っていたはずなんですよね。
話したいけど話せなかった。
だからこんなにも動揺し、疲弊している。
では、なぜ話せなかったのか。

もしかしたらそこには、
照魔鏡の力が関わっているのかもしれません。

宮永照の照魔鏡は、
「少し相手を見るだけで、その人の特性や本質を見抜ける」
というもの。
彼女はこの力で、視界に入った咲さんのことを、
「見た」のではないか。

その結果、二人が別離することになった原因について、
とんでもない誤解が生じていることを、
見抜いてしまったのではないか。

自分と妹では、あまりにも認識が違うため、
何を話しても理解されない、理解してもらえない。
そのことを見抜いてしまった。
だからこそ、菫へのセリフが出てきたのかもしれません。

では、照が見た、咲さんの認識とはどんなものか。
考えられるとしたら、15巻のラスト。

terutan02.png

terutan03.png

この心境が伝わったのだとしたら、
照の絶望も理解できそうな気がします。
咲さんのこの考え方は、明らかに異様です。

>お姉ちゃんの学校の大将を叩き潰せば
>私の心がお姉ちゃんに伝わるかもしれない
>もしかしたら普通に話すことだってできるかもしれない

これは裏返せば、
お姉ちゃんの学校の大将を叩き潰さないと、
普通には話せないと思っている
ということ。
物騒で、思い込みの強い考え方ですし、
自分の妹がこんなことを考えていると分かったら、
分かり合えないと思ったとしても、おかしくはないです。

厄介なのが、この思い込みを作ってるのが、
かつての照の対応なんですよね。

terutan05.png

かつて咲さんが会いに行ったときも、
照は一言も口を利かなかった。
おそらくはこのときも同じように、
「何を話すべきか分からなかった」はず。
決して、口を利きたくないわけではなかった。

terutan04.png

しかしそのせいで咲さんは、
「麻雀を通してなら話せる」
という思考にたどり着く。
これも言い換えれば、
「麻雀を通してしか話し合えないと思ってる」
ということなんですよね。
自分のせいで、妹が強固な思い込みにとらわれている。
その現状が伝わってきたのも、
照にとってはつらいことなのかもしれません。

だとしても、です。
本当に麻雀で解決するのなら、
それはそれで構わないんですよ。
どんな事情があったとしても、
別離の原因に麻雀が関わっているのなら、
麻雀を通して分かり合える可能性はあるでしょう。

しかし、もしも真相が、麻雀とは関係ないのだとしたら。

その真相を、照は知っているからこそ、
麻雀と別離を結びつける妹の思考に、
困惑し、戸惑っているのではないか。
「麻雀は関係ないんだよ」と伝えても、
絶対に理解してもらえないと確信しているのでは?

では、二人は分かり合えないのか。
あるいは、どうすれば分かり合えるのか。

この答えは、それでもやはり、麻雀しかないのだと思います。

照を本当の意味で苦しめているのは、
咲さんの誤解ではなく、照魔鏡の力です。

「話しても分かってもらえない」と、
自分の中で決めつけているから、
何を話すべきなのか分からない。
だとしたら、その想いを吹き飛ばすためには、
「人は予想を超えてくる」という体験を、
積み重ねていくしかないのだと思います。

今大会において、照は自身の対局を通して、
予想を超える出来事に遭遇した。
ならば、今度は咲さんの決勝での対局を見ることで、
さらに予想を超えた何かを感じる可能性があります。

「現在の宮永咲の本質」を見て、理解したのなら、
なおさらのこと。
その体験が、宮永照を変えるのではないか。

照の持つ照魔鏡によって、救われた人はたくさんいます。
しかしその力のせいで、照自身が苦しんでいるのなら、
こんなに悲しいことはありません。

照には自分の持つ力に振り回されない、明るい未来が訪れて欲しいし、
その未来を授けるのは、宮永咲であって欲しい。
それが、今回の記事の結論です。


宮永照様、お誕生日おめでとうございます。
これからも応援し続けます。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト