アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 第272局「阻碍」
2024年03月01日 (金) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




saki272.png

この二人は今、麻雀をやっています。

1ページ目から全力で笑わせてくるの本当にやめて欲しい。
真面目な場面なのに、真顔で読めない。

しかし、メガちゃんのデュエルも、これで見納めか。
充分に堪能させてもらえましたが、
できればもっともっと、
他の人のデュエル姿も見てみたかったです。

このデュエル風景、全部メガちゃんのイメージで、
周囲からは見えてないというのがシュールですよね。
なぜか露出度の高い衣装が多かったし、
この子が他の人をどういう目で見てるのか、
読者視点ではバレバレというのも、
ある意味、公開処刑になっていて面白かったです。

そんなわけで、副将戦決着!
結局、和の「左手で打つ」はありませんでしたね。
結構、伏線は張られていたと思っていたんですが、
こっちが考えすぎてただけってことかな。
あとはもう、何かあるとしたら個人戦だけですが、
ここも今は考えても仕方ないか。

副将戦トータルでは、和がトップ。
さすがの一言ですが、最後の4000オールは、
なんでリーチをかけなかったんだろう。
出あがりでも満貫が確定するし、
今回みたいに高目をツモれば、跳満になっていたのに。
個人的には即リーだと思うんですが、
最新のデジテル的には、ダマの方がいいんですかね?
当たり牌の残り枚数が少なかったとか、
そういう事情もあったのかな?

メガちゃんが浮かない顔なのは、
終盤で削られまくったからでしょうね。
それでも充分な成果だと思います。
自身の能力との付き合い方も分かってきたはずだし、
これからの躍進に期待が持てる一戦でした。
亦野さんも大活躍したし、灼も大きな存在感を見せた。
終わってみれば、全員に見せ場があった、
見ごたえのある戦いでしたね。

ということで、いよいよです。
大将4人が映るこの見開き、最高ですね!
今も昔もずっと姫松ファンですが、
勝ち上がったのがこの四校で良かったと、
心から思っています。
決勝戦の最後を争うのは、この4人がベスト。
見ているだけで、魂が震える。

いよいよ、本当にいよいよです。
めっちゃテンション上がります。
次回の掲載が超楽しみです。
さて、次回の掲載は、掲載は、
5月17日発売号、あっ、はい。

つまり、コミックスが出るということですね!
前向きに考えましょう!
新刊の発売を楽しみにしつつ、
最高の大将戦に備えて、既刊を再読しておきます。

咲-Saki-全国決勝戦、いよいよ大詰めだ!
うおおおおおおおおおおお!!!!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト