アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「ダークソウル」クリア雑感
2011年11月27日 (日) | 編集 |

篝火こそが、我等の故郷。
以下、ネタバレあり。



鬼畜ゲーとして話題のダークソウルを、先日クリアしました。
自分の周りで名前をよく聞くなと思って、なんとなく手を出してみたのですが、
気が付けば夢中になって遊んでいました。

このゲームは評判に違わず、とにかく難しいです。
敵にしろ、罠にしろ、配置の仕方が本当にひどい。
冗談抜きで、本気で殺しにかかってるとしか思えないくらい。
鬼。悪魔。まさに鬼畜。

で、シャレにならないくらい、めちゃくちゃ難しいのですが、
それでも何度も死んで、身体で覚えてしまえば、
どんな難所でも攻略できてしまう、というのがすごいんですよ。
細かい部分ではいくらでも語るべきポイントがあるんですけど、
この「絶妙なゲームバランス」こそが、
ダークソウルの最大の魅力だと思うわけです。
理不尽だけど、工夫すれば、努力すれば、なんとかなる。
決して無理ゲーではない。
これ。これです。これがすごい。

とはいえ、ちょっとした油断で簡単に死ねるゲームなので、
気軽には遊べないというのは欠点なのかもしれません。
長時間遊んでると、心が削られてきますからね、本当。
個人的に「あかん、これは、あかん」と感じたのが、病み村ですね。
なんか、もう、精神的に、ダメでした、あそこは。
先へ進めばもっと難しい場所は出てくるのですが、
病み村は、キャラのレベルがどうこうよりも、
その時点までに得ている
「ゲームに対するリアルな経験値」
と比べて、圧倒的にきついんですよ。
殺しにかかってくるレベルが、いきなり三段階くらい跳ね上がる、
みたいな、そんな感じ。
別ルートに気付けばかなり楽になるのですけど、
初回プレイではなかなか気付けませんし、
多くのダークソウルプレイヤーが心を折る場所なのではないでしょうか。
まあ、だからこそクリアできたときの達成感も大きく、
やりがいがあるんですけどね。
この精神的なきつさもまた、ダークソウルの魅力ではあります。

使用キャラは、素性が放浪者で、持ち物を万能鍵にして開始しました。
クリア時は、こんな感じ。


レベル74

体力18
記憶力12
持久力34
筋力40
技量22
耐久力12
理力11
信仰8


筋力重視で育ててて、持久力の重要性に気付いてからは、
一気に上げていった、という感じ。
武器は「黒騎士の斧槍」を愛用。
高威力、長いリーチ、攻撃の発生がそこそこ早い、
と、バランスのいい武器だと思います。
盾は「大鷲の盾」「タワーシールド」「黒鉄の大盾」の三種を、
状況に応じて使い分けてました。
その他、防具は重量を調整しながら色々着回す、みたいな。

とまあ、そんな感じでした。
今は二周目に突入して、アノール・ロンドのボス手前まで来たところ。
で、ここからは急激に面倒くさくなるし、ひとまずは休止かな、と。
やり残したことはあるし、やり込む余地もまだまだたくさんあると思いますが、
キリがないので、ちょっと休憩させてください。ほんと、キリがないので。

ともあれ、約一ヶ月、死闘の毎日でした。
あれもこれもどれも、いい思い出です。
ダークソウルは素敵なゲームなので、
未プレイの方がいましたら、手を出してみてもいいんじゃないかな。
トッテモ、タノシイヨ。


関連記事
テーマ:DARK SOULS
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト