アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
2011年を振り返って~ゲーム編~
2011年12月30日 (金) | 編集 |

2011年も残すところあとわずか。
今年は世間的にも個人的にも、
本当に色んなことがありましたが、
悲しいこと、辛いことは自分の胸の中に秘めておいて、
ここでは楽しく楽しく振り返ってみることにします。
というわけで、今日はゲーム編。



PS3

メルルのアトリエ

アトリエシリーズ最新作。
詳しい感想はこちらに書いてますが、
ただただ、もう、面白かった、とだけ。
一周のプレイ時間がちょっと長めなので、
何度も遊ぶには少し気合を入れる必要がありますが、
やり込もうと思えばいくらでもやり込める、
密度の高い作品に仕上がってるとも言えます。
時間に余裕があれば、またじっくり遊びたいものです。
ロロナ、トトリは未プレイですが、こちらもいずれ、必ず。


ダークソウル

初見殺し満載の鬼畜ゲー。
とにかく死ぬ。油断してるとすぐ死ぬ。
もちろん、油断してなくても死ぬ。
何度も絶望感を抱いた非常に難しいゲームですが、
それでも、頑張ればなんとかなるのが最大の魅力。
めちゃくちゃきついけど、決して無理ゲーではない。
そういうゲームでした。
詳しい感想はこちらから。



Xbox360

Hard Corps:Uprising

XBLAの隠れた秀作。
詳しい感想はこちらに書いてますけど、
このレベルのゲームを、この値段で遊べるのか、
という感動もあったりして、
XBLAという場所は貴重だよなあ、としみじみ思ったり。
ともあれ、アクション好きなら迷わず買い。
きっと満足できるはず。


セインツロウ ザ・サード

箱庭ゲーの傑作シリーズ最新作。
前作に比べてボリュームダウンしたところはありますが、
それでも面白い。
前作までのストーリーを知らなくても全然遊べるので、
未プレイの方にも超おすすめ。
どっぷり浸れる。なんでもできる。
時間を忘れて遊びたい方は、是非。


スカイリム

現在、絶賛どはまり中。
没入感がはんぱない。
オブリではノルドの脳筋キャラだったので、
今回は違うタイプのキャラを触ってみようと思い、
ハイエルフの魔術師で遊んでます。
ゲーム内の世界がとにかく広いので、
遊び尽くすのにどれくらいかかるかは分かりませんが、
まあ、飽きるまではダラダラ続けてみようかな、と。
二連の唱え、楽しいです。


ギアーズオブウォー3

キャンペーンをちょっと進めてみたものの、現在は積み状態。
完結してしまうのが惜しくて、なかなか再開できない
というのもありますが、
遊びたいゲームが多すぎるというのも正直なところ。
暇な時間を見つけて、最後までがっつり遊びたいものです。



DS

ドラクエ6

詳しい感想はこちらから。
安心安定のドラクエ。
楽しく楽しく遊ばせてもらいました。
テリーは決してダメな子じゃない。


ノーラと刻の工房

ほどよいボリューム、適度なやり込み要素、
ストレスを感じない操作性、適切な難易度と、
様々なバランスの良さが秀逸な作品。
DSのゲームらしい、小さいけど綺麗にまとまった良作。
全力で続編希望。


パワフルゴルフ

ゴルフ版パワポケ。
パワポケが好きなら、というより、
パワポケはちょっと合わなかったけど、
という方におすすめかもしれない作品。
ゴルフが好きかどうかも、多分あんまり関係ない。
小じんまりとはしてるけれど、
なかなかやり込み甲斐のあるゲームです。
続編が出たら、多分買うと思う。


無限のフロンティア

今年発売のゲームではありませんが、
某所で絶賛されてるのに惹かれて遊んでみたら、めっちゃハマった。
戦闘がとにかく面白くて、ストーリーとか二の次で
戦いまくってました。
特に援護攻撃ができるようになってからは爽快感が激増。
「ロープレはバトルが命」という信念の持ち主なら、
一度遊んでみてもいいと思う。
続編の「EXCEED」もちまちま進めてます。


世界樹の迷宮1-2

これも今年発売のゲームではありませんが、
がっつりやり込みました。「3」は以前にプレイ済み。
クリア後の追加要素はどのシリーズも放置気味ですけど、
クリアするまでなら万人におすすめできる良作だと思います。
クリア後は、まあ、ちょっと適当に育ててたら
どうにもならなかったりするので、
好みが分かれるところでしょうけど。
プレイ日記は、これとか、これとか。
早く続編出ないかなあ。



PSP

ときめきメモリアル4

またまたこれも今年発売のゲームではありませんが、
去年あたりから少しずつ進めてて、
ようやく全キャラクリア達成できました。
とはいっても全種類のEDを見れたわけじゃないので、
またそのうち、遊んでみようかなあと思ってます。
いわゆる「濃いキャラ」は少ない作品ですが、
逆に「ハズレ」もいないので、非常に安心して遊べました。
特に好きなのは冨美子かな。
ほんわかまったり、とってもかわいいです。
ときメモも続編出ないかなあ。


初音ミク -Project DIVA- extend

積んでる。
理由は後述。
いずれ、じっくり遊ぶ。必ず遊ぶ。


セブンスドラゴン2020

現在プレイ中。
PSPはずっとこのゲームにかかりっきりなため、
DIVAにはまだ手を出せてない状態です。
まあ、こっちでもミクボイスは聞けるからいいか。
ダンジョン攻略はちょっとかったるいけど、
戦闘はなかなか面白いよ。
そのうちプレイ日記か何かを書いてみたいな。



3DS

バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D

バイオシリーズ新作。
3DSの特徴をそれなりに活かした良作。
いくつか不満はありつつも、
携帯ゲーム機でここまで出来れば上出来、という感じ。
バイオ好きなら遊んでみてもいいと思う。



同人ゲーム

うみねこのなく頃に散

ついに完結。
語りたいことはたくさんあるけれど、この場ではただ、
このゲームと真剣に向き合い続けてよかったな、とだけ。
何を言ってもまずい気がするので、何も言えませんが、
本気の本気で挑めば、きっと何か心に残る物があるんじゃないかな、と。
EP1の感想はこちらから。
ネタバレ多数につき、ご注意を。


東方神霊廟

東方シリーズ最新作。
個人的には「星蓮船」がちょっと難しすぎたので、
これくらいの難易度がちょうどいいかなあ、という感じ。
安定感のある霊夢と、爆発力のある妖夢がお気に入りです。
まだまだ遊び尽くすぜ。


テール島の迷宮

詳しい感想はこちらから。
やめどきを忘れる中毒性、
没入感たっぷりのルーチンワーク、
絶妙な戦闘バランスなど、
ゲームとしての面白さを「分かっている」作品。
もっともっと多くの方に遊んでもらいたい。


花咲か妖精フリージア

なんとなく買ってみたらめっちゃ面白かった。
各種アクションが爽快感抜群で、それでいて
「ここがこうだったらなあ」というもどかしい部分もいくつかあって、
だからこそ心に残る、そんなゲーム。
同人ゲームでもここまで出来るんだなあ、という感慨深さもあったり。
アクション好きにはおすすめ。


真・東方無双

時間泥棒。
ちょっとだけ遊ぼう、と思ってたら、
「えっ、もうこんな時間!?」
というあれをリアルに体感できるゲーム。
キャラ性能の強弱がはっきりしてて、
使えないキャラは本当に使えないので、
そのあたりは残念だったりしますが、
それでも面白い。激ハマり。
雑魚戦は咲夜、ボス戦は霊夢がおすすめ。
東方を知らなくても全く問題なし。


関連記事
テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト