アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕」第11話
2012年03月18日 (日) | 編集 |

ラード編完結の回。
前回以上に、徹底的にラードづくしで、
本当にもう、見ていて気持ち悪かったです。
なんか、ごめんなさいとしか言えないというか、
理性では測りきれない、スタッフのマジキチな本気が伝わってきて、
冗談抜きで怖かった。
だからこそ、ここでトイズが復活するのは妥当ではありますね。
番組を見てる間ずっと、「誰か、早くそいつをどうにかしてくれ」って、
心の底から願ってましたもん。
そりゃあ、ここでトイズ復活なら、拍手喝采だよ。
嬉しかったよ。ありがとうだよ、ミルキィホームズ。

本質的には、正統派な流れなんですよね。
やってること自体は、至って真面目で、シンプル。
ただ扱う素材が「ラード」というだけで、
ここまで異常な空間を作り出してしまうんだから、
ミルキィスタッフは恐ろしいですなあ。
ラード神の「ラードに罪は無い」っていうセリフは、
スタッフ自身に向けた言葉でもあるんですね。
全ては扱う人次第。深い。

しかし、ミルキィホームズのトイズは本当にチートだなあ。
そりゃあアルセーヌも執着するよ。つえーよ、あいつら。
森・アーティの動向も気になりますが、
次はいよいよ、アルセーヌとのガチ対決が待ってるのかな?
予告を見た限りでは、あいつら、
またアホなことをやらかすんじゃないの、という感じでしたが、
ひとまずは今回以上にド派手でスタイリッシュなアクションに
期待しておきましょうか。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ラード編完結の回。前回以上に、徹底的にラードづくしで、本当にもう、見ていて気持ち悪かったです。なんか、ごめんなさいとしか言えないというか、理性では測りきれない、
2012/03/19(Mon) 18:38:27 |  まとめwoネタ速suru

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト