アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「世界中の迷宮4」プレイ記録3
2012年08月03日 (金) | 編集 |


どこまで続くか分からない、世界樹4のプレイ日記です。
以下、画像あり。




というわけで、ラスト更新です!
激しく険しい旅路の末に、ゲームクリアしました!
物語は最後まで熱い展開の連続で、
これでこそ世界樹だなあという感じ。
ただ、ちょっとレベルを上げすぎたのか、
ラスボス戦はそれほどきつくありませんでした。
攻撃、防御、補佐、回復がそれぞれきっちりと機能して、
苦しい局面もなく、見事に撃破。
おめでとう。おめでとう、自分。

以下、クリア直後のメンバーの雑感。






こばしり
http://uniuni.dfz.jp/sq4/?10dBkeCBaA1ltgNabafaAnn9aG

防衛のスペシャリスト。
持ち前の防御力の高さ、剣の舞と速度ブーストによる回避力、
そこにガードマスタリも加わり、尋常じゃない程の生存力を会得。
フォートレスは殴られるのが仕事。まさに守護神。
ニワカな攻撃は相手にならんよ。






ひろえ
http://uniuni.dfz.jp/sq4/?10dBvGafgA6baNkOaAhcgNgOe3w

チームのメインアタッカー。
サブクラスをインペリアルにしたことで、火力が超大幅アップ。
平時の攻撃はもちろんのこと、
状態異常時の攻撃はまさに「暴力」の一言。
追影スキルによってオーバーヒートの解消も容易で、SP回復も楽に行える。
これでこそエースにして主将。強い。
やっぱり洋榎ちゃんは最高やでー。






モモ
http://uniuni.dfz.jp/sq4/?10dBdPdxdqoEhChcdOanababab4c1bQ

チームを陰で支える、縁の下の力持ち。
アシストを任せたら右に出る者はいない。
お気に入り状態異常は麻痺。
毒も全局面で使えるし、混乱は消費がやや気になるものの、決まれば強い。
睡眠は今回ちょっと微妙かな。
行動順などを考えて、計画的に使えばかなり強いが、
今作には「状態異常への耐性」があるので、
「とりあえず睡眠」が使いづらくなったのは確か。
今までが強すぎた、と言われたらそれまでだけど。

縛り系の方陣も便利だったし、その他のスキルも地味に使える物が多く、
目立たないところでの活躍が多かったキャラだった。
これまでも、ここから先も、どこまでもステルスモモの独壇場っすよ。






ころも
http://uniuni.dfz.jp/sq4/?10dBiikPkbdPhcgPhB1gAabgN7bv

後方火力担当の属性アタッカー。
瞬間的な火力ではナイトシーカーに劣るものの、
範囲を問わない安定した攻撃力には、大きな安心感がある。
雑魚戦、ボス戦ともに、常にぶれない強さを発揮してくれた、
頼りがいのあるキャラ。
ころたんイェイ~。






シロ
http://uniuni.dfz.jp/sq4/?10dBbguoadkCoen1bebabdn4bk2bc

回復役。
最後の最後までお母さんだった。
メディックという最終防衛ラインがあったからこそ、
チームは最後まで戦い抜けたと言っても過言ではない。
ありがとう、お母さん。本当にありがとう。



ギルドカード









総評としては、遊びやすさが向上していたことが好印象。
プレイしていてストレスを感じなかったのは、とても良いことだと思います。
職業もみんな魅力的で、パーティー編成をどうするかが悩ましく、
だからこそ楽しかったです。
難易度的には、今までで一番簡単だったなあ、と感じていますが、
その分、クリア後のあれこれが難しいのかも、
なんて想像したりもしています。
ギルドカード関連での色々な試みも面白かったし、
とにもかくにも、楽しかったな、と。

まだまだ遊び続けるとは思いますが、日記自体はここで終了。
世界樹シリーズには、これからも末長く続いて欲しいものです。
進化し続ける世界樹。
次はどんな世界を見せてくれるのか。
ともあれ、ひとまずは、おさらば。
いつかまた会おう、新しい空の下で。


世界樹の迷宮4プレイ記録 第一部-完-


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト