アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「K」第1話
2012年10月05日 (金) | 編集 |


なるほど、分からん!

最初から最後まで、非常に中二力の高いオサレアニメでした。
とにもかくにも、制作側にまるで躊躇いがないところが素晴らしいです。
「俺たちはオサレアニメを作ってるんだ」
という強い気持ちが、見ていて伝わってきたというか、
「こういうことをしたい」という思いにまるでブレーキをかけずに、
アクセル全開で突っ走ってる、みたいな。

「付いて来れる人だけ付いてこい」という感じのアニメなので、
合わない人には全く合わないと思いますけど、
個人的にはちょっと注目したい作品です。
このノリをどこまで続けられるのかが、すごく気になる。
世界観や設定に関しては、
「なんとなく、こういう感じの現状なんだろうな」
というのは理解できましたが、
細かいところではどうなっているのか、まだまだ見えてきてないので、
そこは第2話以降をお楽しみに、といったところかな。

作画はかなり力が入っていたので、アクション面では期待できそう。
冒頭の一斉抜刀のシーンとか、
後半の主人公が追いかけられてるシーンとか、
結構印象に残ってます。
ただ、ちょっと気負いすぎているというか、
「作画に力入れてます!」感を前面に押し出しすぎているせいで、
あざといなあと思ったのも確か。
もっと自然な感じで見せてくれた方が、すっと頭の中に入ってきて、
素直に「すげえ!」と思えるんじゃないかなあ。
まあ、ここも好みが分かれるところかな。

ともあれ、今期の要注目作品になりそうな、そんな第1話でした。
なんだかよく分からないけど、よく分からないなりに、
よく分からないアニメになりそうだ、という、
自分で言っててもよく分からないけど、うん、そんな感じ。
うん。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト