アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「好きっていいなよ。」第1話
2012年10月08日 (月) | 編集 |


「監督があの佐藤卓哉!」ということで、チェックしてみたアニメ。
全体的に重く、ノーストレスで見るにはちょっときつい内容でしたが、
少なくとも、インパクトはありましたね。
メイン二人が、真っ当なコミュニケーション能力を欠いている、
というのが今作の特徴でしょうか。

一番印象に残ってるのは、「黒沢君が、友人の代わりに謝る」シーン。
いや、お前、そこは本人を連れてきて、直接謝らせないと意味ないだろ、
中西君自身が反省してるかどうかが大事であって、
そんなので筋が通るわけないだろ、とハラハラしながら見てましたよ。

中西君が「ごめん」って謝って、橘さんも、
「もういいよ。それより黒沢君、私も間違えて蹴っちゃってごめん」
って謝って、黒沢君も、「別にいいよ」って許して、
それで済む話なわけで、
そういう当たり前なことが出来ないからこそ、
物語は生まれるんだなあ、と見ていて思いました。

まあ、最後のあれもたいがいなんですけど、
結果的に橘さんの心が「プラス」の方向に動いてるんだから、
本当にもう、結果オーライなんですけど、いいんじゃないですかね。
普通じゃない者同士だからこそ、惹かれ合う。
そういう物語になっていくのでしょう。
共感できるかどうかはともかく、
二人の行く末が気になる第1話ではありました。
どうなるんでしょうね、この二人。

あと、中西君はこのままだとただの頭おかしい人なので、
今後、何かフォローするような出来事、
更生するようなイベントがあると信じたいですね。
階段を上っている女の子のスカートを引っ張るって、
なんの言い訳もできないくらい普通に頭がおかしい行為なので。
今作には嫌味を言う人もいるし、ストーカーもいるし、
「そういうことを平気でする人たちがいる世界」なのだとしても、
このままだと中西君は「そっち側」の人間ということになるので、
黒沢君の友人として、彼が「こっち側」に居続けるのなら、
なんらかの変化には期待したいところ。
こっちもどうなるのかなあ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
好きっていいなよ。の第1話を見ました。 第1話 キスをした 彼氏どころか、友だちもいない歴16年でいつもひとりで行動している橘めいは、同級生にからかわれる日々を過ごして
2012/10/08(Mon) 11:06:01 |  MAGI☆の日記

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト