アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki-阿知賀編 第17話「大将」
2012年12月13日 (木) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




白水哩の、リザベーションセブンが決まった!
萬子のホンイツでフィニッシュと、まあだいたい予想通り、
そして期待通りのオチ。三暗刻はオマケみたいなものですね。
最終形が良すぎるというか、あまりにも綺麗なあがりなので、
「これが最大最後の見せ場なんだろうなあ」
と思ったりもするのですが、さてさて。
あと、前回の記事のコメント欄でもちょっと書いたのですが、
リザベが達成できたからといって、
姫子が数え役満をあがれるかどうかは、
まだ分からないと思ってます。
このまますんなり役満確定、というのは、ちょっと違和感がありますし、
この二人の能力を超えるような、何かが起きるんじゃないかな、と。
さあ、どうなる。どうなるんだ、いったい。

小鍛治プロの口から、ついに赤土晴絵の名前が出たことに
なんだか感慨深くなりつつも、最後は灼のあがりで副将戦決着。
灼はこの副将戦で一気にキャラが立ちましたね。
特に浩子視点での描写と分析の数々が、
鷺森灼という人物の存在感を、大きくしていたと思います。
副将戦の盛り上がりを裏で支えていたのは、
船久保浩子だったと言ってもいいでしょう。
ドSのデータキャラ、いいんじゃないかな。
……でも冷静に考えたら、身長のデータまでは必要ないよなあ。
各選手の個人情報、どんだけ抱えてるんだろう、この人。

自分用メモとして、この時点での点数は以下の通り。

白糸台 117700点
阿知賀 112900点
千里山 95600点
新道寺 73800点


「100とかそんなアホ数字で喜ぶ高校生はシズだけだよ」

だけじゃないんです!
穏乃だけじゃないんですよ、憧さん!
他にも約二名ほどいるんですよ、憧さん!
その上、高校100年生vs100速という世紀の対決が、
ついに始まるんですよ! 始まっちゃうんですよ!

で、穏乃はここで制服に着替えるのか。
アニメのPVはここに繋がるわけですね。なるほどなー。
ここ、いいシーンですね。
だって、素肌に直接触れていた着衣を、交換し合ってるんですよ。
これはエロい。穏乃も憧も、どっちもエロい。
なんだこれ、アニメにしていいのか、これ。
いや、いいけどさ、ばっちこいだけどさ。
しかもこれ、憧の方から言い出してるんですよね。
お前、穏乃の汗と匂いが染みついたジャージを着たいだけだろって話ですよ。
シズアコは鉄板だなあ。ごちそうさまです。

大将戦は最高の舞台が整いましたね。
選手紹介の時点で、もう、自分の中でのテンションが
大変なことになっちゃってる。
こんなの、熱くなるしかないだろ。燃えるだろ。
試合開始と同時の宇宙空間にも驚かされましたが、
これは、場全体を支配するタイプの能力ですかね。

・自分の配牌は良く、他家の配牌は悪くなる
・配牌の後はみんな普通に手が伸びる
・支配は絶対的なものではなく、破られることもある

天江衣の能力と似た印象を受けますが、
「ツモ」を支配する衣に対して、
淡は「配牌」を支配する、といったところか。
この能力から「高火力っぽさ」はあまり感じられませんけど、
まあ、まだ何かあるんでしょうね、当然。
「数え」くらいくれてやる、とまで言うくらいですから。
さて、彼女は何を見せてくれるのやら。

そういえば、アニメの追加キャストが発表されましたね。
個人的に「斎藤千和さんは末原恭子」だと読んでいたので、
早くも予想は外れたわけですが、これはこれでありだと思います。
予想記事を書いたとき以上に、自分の中では盛り上がってます。熱い。

アニメの追加放送はどういう構成になるんだろう。
13話で「混戦」までやっちゃって、
14話で今回のエピソードまで、
15話でフィニッシュ、みたいな感じになるのかな。
少なくとも大将戦は丸々1話使うとは思うんですが。

……続きは劇場版で、とか?
いやいや、まさか、ね。
さすがにそれは、ね。
いやいや。

そんなわけで、次回も楽しみですね、ということで。
大将戦は時間がかかってもいいから、
たっぷりじっくりと描いて欲しいな。


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト