アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「リトルバスターズ!」第14話
2013年01月13日 (日) | 編集 |


眼鏡バージョンの美魚さんも、ありだな!

西園ルート最終章は、感性100パーセントな内容でした。
頭の中の、芯の部分に、グイグイきた。
「本当の中二力とは、こういうことだ」
と言わんばかりの、痺れる描写の数々。
いいですね。こういうの、嫌いじゃないですよ。
一切逃げずに、真正面から描いてるところは、
非常に好感が持てます。
もっともっと、こういうの見てみたいです。

今回、一番印象に残ったのは、
理樹君が短歌を見つけたときの、美鳥さんの寂しげな表情ですね。
「美魚に会いたい」という思いは、
西園美鳥という存在の否定をも意味しているなわけで、
そりゃあ、悲しいよ。
生い立ちが生い立ちだけに、余計に悲しい。

そんな美鳥さんとも、ついにお別れ。
ただし、「消えた」のではなく、
「戻った」というところに、大きな救いがあります。
元々は美魚さんの中にあったもの、
美魚さんから生まれたものなのだから、
最後は一緒になるというオチは、
王道にして真っ当な結末。
もっと美鳥さんのことを見ていたかったけど、
綺麗に締めてくれたから、いっか。
ありがとう。またいつか、会う日まで。

しかし、ここまで露骨にファンタジー色を押し出してくるとなると、
世界そのものに、なんらかの幻想的な要素があるんだろうなあ、
と考えるしかありませんね。
この世界にはいったい、どんな秘密が隠されているのか。
果たしてその秘密は判明するのか。
謎は深まるばかり。疑問は尽きない。

まあ、それはそれとして、
次回はお風呂回だから、録画必須だな!
楽しみだな!
わふー!


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト