アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「ビビッドレッド・オペレーション」第7話
2013年02月22日 (金) | 編集 |


エプロン……!




勉学が疎かになっているあかねのための、
お勉強会エピソードでした。
どうやらあかねはやればできる子らしく、
境遇のせいで学業が二の次になってるのは、
悲しいなあ、と思ったり。
健次郎だけを責めるのも、ちょっと違うだろうし、
運命に翻弄されている、としか言いようがないですね。
それでもあれだけ明るく生きてるんだから、
本当にまっすぐで、いい子だなとも思います。

黒騎れい包囲網には盛大に噴きましたが、
前回のエピソードで「繋がり」が出来たからこそ、
このやり取りなんですよね。いいですね。
周囲との関わりを断たなきゃいけないれいちゃんが、
それでも毎日学校に行くのは、
「彼ら」の判断による義務らしいんですけど、
いったいどういう意図があるんだろう?
ただの手先として扱っているのではなく、
教育を受けさせる気がある、とか?
つまり、なんらかの感情を込めて、
れいちゃんをこの世界に送り込んでいる?
うーん、気になるなあ。

肝心のお勉強会では、
それぞれの得意科目やらが分かったり、
冷蔵庫を開けた瞬間の衝撃的な映像など、
盛り上がりどころの多いイベントでしたね。
無造作に捨て置かれる健次郎には盛大に噴いた。
エプロン姿のモモに興奮するわかばも、すごく良かったです。
わかばはかわいいなあ。かわいいなあ!
れいちゃんがわかばの手刀で気絶させられるシーンも
かなりお気に入りで、
「便利な言葉だよ、天元理心流って!」
と思わず叫んでしまいましたよ。
便利な言葉だよ、家族って!

それにしても、れいちゃんはキャラの掘り下げが進むにつれ、
どんどん魅力が増してきてますね。
具体的には、いい意味で残念な子になってきてる。
黒騎れい=気絶させられる
の図式が確立されつつある現状、
彼女が威厳を取り戻せる日はやってくるのか。
なんか、今回はれいちゃんのことばっかり語ってますが、
やっぱり、それだけ気になってるっていうことなんですよね。
彼女が「矢」を使い切ったとき、どうなるのかも含めて、
これからの動向を見守り続けたいです。

物語的にも、あかねの負傷という大きな動きがあり、
次回はますます見逃せないなあ。
今こそ、友情パワーが試されるとき。
あかね以外のメンバー同士でも、合体はできるのか。
できないのだとしたら、アローンにはどう立ち向かうのか。
要注目。

あ、予告は今回もありませんでした。
これはもう「無い」ものとして
考えておいた方がよさそうですね、はい。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト