アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
高鴨穏乃に関する考察
2013年03月16日 (土) | 編集 |


「現時点」での分析です。
かなり主観が入ってます。
受け売りだったり、印象で語っている個所も多々あります。
各種情報は間違っている可能性があるので、
指摘していただければ助かります。
色々ネタバレあり。


2013/03/17 追記
2013/03/18 追記2




さて、まずは高鴨穏乃の能力を整理してみましょう。
一言で言えば、
「牌の山の深い部分を支配する」
です。
細かく見ていくと、こんな感じ。


効果:他者の能力を弱体化させる

範囲:牌の山の深い部分
「深い部分」には、王牌も含まれる
(嶺上牌が範囲に含まれるかは不明)

付随効果:局が進むごとに弱体化の効果が高くなる
(最終的には完全無効化の可能性も?)


付随効果をひとまず、「ギアが上がる」と名付けましょう。
この「ギア」が上がり、「深い部分」への支配が強まると、
その影響は山全体へと及びます。
結果、山の「浅い部分」に関係のある能力も、
弱体化させられることになります。

この「ギア」は、「ウォーミングアップ」をしておくことで、
対局前からある程度上げることが可能です。
ギアの限界がどの程度なのかは不明。
10速、100速という言葉を、
どの程度真面目に受け止めていいのかも不明。


といったところでしょうか。
で、この能力が発動されたら、どうなるかというと、

局が進むにつれ、「普通の麻雀」に近づいていく

という現象が起きるわけです。
必ず海底であがれる?
必ずダブリーできる?
そんなオカルトありえません。

つまり、穏乃と同卓するときは、
「普通に麻雀が強い奴が勝つ」
という戦いになっていくと、考えていいのでしょう。
非能力者にとっては、基本的には関係がなく、
むしろ相対的には有利になる能力だとさえ言えます。

じゃあ、この能力、
「どんな能力者に対して有効なの?」
という疑問は沸いてきますよね。
なので今回は、
「各能力への影響の有無」
を、ちょっと考えたいです。

vs高鴨穏乃戦において、どっちが優勢になるのか。
そのキャラの能力に、どんな影響が出るのか。
各キャラの「素の力」についてはひとまず置いておき、
あくまで能力同士のぶつかり合いだけを見ていきます。
また、麻雀は四人で遊ぶものなので、
本当なら他のキャラとの兼ね合いやら、
不確定要素も絡んでくるのですが、これも除外。
ここではあくまでタイマン勝負だと仮定します。

というわけで、以下、自分なりの考察。
「このキャラが抜けてる」などがあれば、
教えてくださると助かります。



片岡優希
影響はあるが、優勢に戦える。
南入するまでに稼げるだけ稼いでおく、という
いつもの打ち方を貫けばいいと思う。
あまり連荘し過ぎると、
東場のうちにも山の支配が広がってくると思われるので、
「あがり優先」な現在のスタイルより、
「高い手を仕上げる」ことを重視した方が良さそう。
穏乃にとっては天敵の一人。


染谷まこ
「染め手が入りやすい」を能力だと考えるなら、
影響はあるだろう。
まこ自身がその影響をどう受け止めるかはさておき、
攻撃力が落ちるのは間違いない。


宮永咲
影響あり。
カン材が手に入りにくくなる、と考えるが妥当。
カンそのものを仕掛ける機会が減るのではないか。
あとは、嶺上牌に支配が及ぶかどうかが鍵。


井上純
影響あり。
おそらく、鳴いても流れを変えられない。


龍門渕透華(冷やしとーか)
不明。
そもそも能力の詳細がよく分からない。
ここは他の方の意見を聞いてみたいところ。


天江衣
場の支配、海底ツモ、ともに影響あり。
ただし「満月の夜」の衣にも通用するかどうかは不明。


東横桃子
追い上げ型の能力だが、
牌の山は関係ないので、影響なし。
穏乃にとっての天敵その二。


南浦数絵
影響あり。
南浦さんにとっては、おそらく最も相性の悪い能力。


神代小蒔
おそらく影響あり。
しかし彼女も衣と同様、条件次第ではないか。
降ろす神様によっては、支配を打ち破れる、
と考えた方が、ロマンチックではある。


薄墨初美
影響あり。
キー牌を鳴いても、特定の牌が集まってきたりはしない。


石戸霞
影響あり。
一色独占、なんてことにはならない。


小瀬川白望
影響あり。
迷ったけど高い手にならない。


エイスリン・ウィッシュアート
影響あり。
13順目までに聴牌できない。


鹿倉胡桃
牌の山は関係ないので、影響なし。
有利不利については、描写が少ないので判断しづらい。
ステルスと同質な力だと考えるなら、
加えて常時発動型であろうことを思えば、胡桃が優勢か?


臼沢塞
影響なし。
逆に穏乃の方が塞がれかねない。
穏乃にとっての天敵その三。


姉帯豊音
影響あり。
追っかけられないし、ボッチになる。


上重漫
爆発しない。


松実玄
ドラ支配を打ち破れる可能性は示されている。


松実宥
影響あり。
あったかくない牌も普通に来るようになる。


鷺森灼
影響あり。
ピンズ云々とか、関係なくなる。


園城寺怜
影響なし。
一巡先を見ること自体は止められないだろう。
穏乃にとっての天敵その四。


枕神怜ちゃん
こちらも見ること自体は止められず、
見えないとき=あがり不可だと悟られるので、
虚を突くことも出来なさそう。
ただし回数制限があることを考慮するなら、
天敵とまでは言えない、か?


花田煌
「とばない」が能力なのかどうかが不明だが、
「持ち点が減るにつれ、とばないような配牌やツモになる」
だとしたら、影響はあると見るべきか。
心情的には「能力ではない」と考えたいが……。


白水哩
影響なし。
発動自体は可能。


鶴田姫子
影響はあるが、打ち破るほどのものではない。
ただし、局の進行状況次第では、あるいは、
という可能性は示されている。
「14飜キー」も、たとえばオーラスだったら、
あるいは南三局までに、もっと時間がかかっていたら。


宮永照
影響あり。
鏡を覗くことで、対処法は見つけられるだろうが、
「段階的にあがりの点数を上げなければならない」
という制約がある以上、相性は悪いと言える。
仮説の域を出ないが、連荘能力が、
「連荘するたびに高い手が入る」
だとしたら、
「高得点が必要なときに、高い手が入らない」
という事態に陥ることになるだろう。
「ギギギー」に関しては不明。


弘世菫
影響なし。
狙い撃つかどうかは菫の意思次第。


渋谷尭深
影響はある、と考えるべきだろう。
おそらく、オーラスになっても
キー牌が戻ってこないのではないか。
局数が少ないときは、そもそも真価を発揮できず、
オーラスまでに充分な牌が集まったときも、
同時に「山の支配」が進んでおり、牌が戻ってこない。
尭深にとって、きわめて相性の悪い能力だと言える。


亦野誠子
影響あり。
三回鳴いてもあがり牌をツモれない。


大星淡
作中でも描かれているように、影響あり。
ただし、意外なことにそれほど相性は悪くない。
初っ端から本気を出し、
サイコロの目次第ではリーチをかけない。
そして終盤は、守ることも視野に入れる。
これだけで充分互角に戦えるものと思われる。




こうして書いてみると、
「先行逃げ切り型は有利で、追い上げ型が不利」
という、当然と言えば当然な結果が見えてきましたね。
阿知賀編の最終話を読んだ時点では、
「淡にとって、穏乃は天敵」
だと思っていたんですが、
能力を常に発動可能なことを考えると、
「互角」だと受け止めるのが妥当かもしれません。


「山の支配」への対策自体は、全キャラほぼ共通で、

支配が弱いうちはいつも通り打つ
強くなってきたら、能力は無いものとして打つ

これでいいんだと思います。
ただし、この「無いものとして打つ」というのが困りもので、
これってつまり、
「普段とは違う打ち方を強いられる」
ということなんですよね。
そうなると当然、集中が乱れるかもしれないし、
ミスだって出てくるかもしれない。
それに、追い上げ型の選手からすれば、
対策が分かったところでどうにもならないわけで。
特に南浦さんはきついなあ。どうすればいいんだ、これ。


まとめると、


優希のような逃げ切り型や、
怜のような自身を強化するタイプにとっては、
ほとんど影響がない。

能力を常時発動可能なキャラにとっては、
まさに「一寸厄介」という言葉が相応しい程度の影響力。
対応次第では、ほぼ互角に戦える。

追い上げ型にとっては、地獄。
最悪の対戦相手。


こんなところでしょうか。
格付けや強さ議論をするつもりはなくて、
「こうなんじゃないかなあ」と想像しているだけなので、
そこはご理解していただければ、と思います。



さてさて、それでは最後に、
「高鴨穏乃の『素の力』はどの程度か」
についても考えてみましょうか。
これに関しては、
「決して平凡な打ち手ではない」と断言できます。

・衣にボコられてもくじけない精神力
・全国二回戦オーラスで見せた粘り強さ
・準決勝での「出あがり拒否のゴミ手ツモ」という直感力

上記のことから考えても、
侮れない、無視できない力を持った選手だということが、
分かると思います。

ただし、最強クラスとまでは言えないでしょう。
少なくとも現時点では、「竜華の方が一枚上手」という
位置にいると考えていいのではないでしょうか。

「全国二回戦オーラスでの差し込み」
「最終話での、穏乃のチートイツをかわしてのあがり」

この二つの描写を見る限りでは、
竜華の方が「上手い」打ち手だと感じます。
その竜華も、「セーラよりは下」だと考えるのが妥当でしょう。
以上のことから、穏乃の純粋な麻雀力も、
だいたい見えてくるんじゃないでしょうか。

もちろん、「決勝戦での穏乃」は、
今以上にもっと強くなっているだろう、
という予想も、容易に立てられます。
あくまで現時点。
明日の穏乃は、今日より強い。



てなところでどうでしょうか。
長々となった割には、言葉足らずだったり、
自分でもよく分かってない部分があったりするのですが、
この記事を叩き台にして、
皆様自身が各自であれこれ考えてみるのも、
面白いんじゃないかなと思います。
それでは!



・追記

「局が進むごとに弱体化の効果が高くなる」自体は、
多分、合ってるとしても、
「能力が発動する明確なタイミングが存在する」
と考えた方が良さそうですね。
「見切ったら発動」なのだとしたら、
対戦相手によってそのタイミングが変わるかどうかなど。
照クラスの相手と戦うときは、
そもそも視界が良好にならないのではないか、みたいな。

また、支配する範囲の「密度」という観点が
抜け落ちていました。
穏乃の能力よりも、もっと範囲の狭い能力だったり、
より条件が限定されている能力の方が、
支配は強いのではないか。
その方向で考えていけば、
支配の優先順位も、ある程度見えてくるかも。

リザベーションにしろ、淡のダブリーにしろ、
配牌が絡んでくる能力。
鳴きが絡む能力に関しては、
ちょっと思考を修正するべきかも。
「山の浅い位置で鳴く限りは、通用する」
と考えるのが自然、かなあ。



・追記2

出典を書き忘れていました。
穏乃の能力に関する記述は、
以下の記事を参考にさせてもらいました。

咲-Saki-阿知賀編 最終話「軌跡」 感想 - 咲-Saki-ほんだし -
咲-Saki- 阿知賀編 最終話 「軌跡」 感想ですかね。 - 妄言郷
淡のアンカンとアガリ牌までの巡目の一覧 [穏乃はどこから牌山を支配できるのか] [ 麻雀漫画まとめ ]


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト