アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
江崎仁美の涙の理由と、「犯人」について
2013年04月04日 (木) | 編集 |


少しだけ語ってみましょう。
阿知賀編最終話までのネタバレあり。




基本的にはこちらの記事と同じで、
はっきりしたことは分からないんだから
好き勝手語っちまおう、という企画です。

今回、触れてみたいのは、
最終話のラストで号泣していた、江崎さんについてです。
「なぜ泣いていたのか」については、
「負けて悔しいから」だとは思うんですが、
それよりもあの、大きなタンコブのことが、
ずっと気になってたんですよね。
どういう経緯で、あんなものが出来たのかな、とか、
もしかして、痛いから泣いてるのかな、とか。
あれがタンコブなのかどうかもはっきりとは
分かりませんが、とりあえずは、
タンコブだという前提で話を進めます。

タンコブが出来た理由を、ごく普通に考えるのなら、
「誰かが殴ったから」だとは思うんです。
じゃあ、誰が殴ったのか。
そして、なぜ殴ったのか。
そのことを考える上で、重要になってくるのが、
タンコブは二つあるということ。
ただタンコブがあるだけじゃなく、
二つもある、ということを思えば、
そこには何らかの意味が込められている、と
考えていいのではないでしょうか。

つまり、殴ったのは二人であることを、
表現しているのではないか、という推測です。

二人、と聞いて、すぐに思い浮かぶのが、
リザベコンビです。
あの二人が江崎さんを殴ったのではないか、と
最終話を読み終わってから、ずっと考えてました。

殴った理由については、三つの可能性が思い浮かびます。


①制裁

大きな失点をした江崎さんへの制裁、という可能性。
ただしこの方向では考えたくないし、
こうであって欲しくはない、と思うので、
個人的には却下です。
はっきりとした根拠が無い以上は、
信じないのもまた、自由です。


②江崎さんが「殴ってくれ」と言った

失点に責任を感じていて、自ら罰を求めた、という可能性。
そしたら二人とも本気で殴ってきたから、
痛すぎてマジ泣きしていた、みたいな。
個人的には「ありそう」と感じる解釈で、
江崎さんっぽいとも思うんですが、
ただ、これよりも以下の解釈の方が、
自分が思いついた中では、気に入ってます。


③「痛いから泣いてるんだ」という言い訳作り

負けて悔しくて、涙がこぼれてきて、
でも自分には泣く資格なんてない、と思っていて、
だからその涙を隠すために、
殴ってくれと言った、という可能性。
もちろん、こっちでも「自分のせいだから殴れ」みたいなことは
言うでしょうし、実際に責任も感じているからこそ、
そんな行動に出るわけですが、
②とは違って、殴られる前に、もう泣いてるんですね。
だからこそ、殴る二人にも気持ちが伝わるし、
江崎さんの意図を汲んで、本気で殴った。
結果、あんなに大きなタンコブになった、と。

つまり、二人は江崎さんの心を救うために殴ったんだ、
という解釈です。
個人的にはこれが、
一番優しさに満ちた解釈じゃないかなあ、
と思ってます。
真相が分からないからこそ、
「こうである」と信じたい。


……と、ここまで考えて、ふと思ったんですよ。
二年生である姫子が、三年生の江崎さんを殴るだろうか、と。
もちろん、その可能性は、ないこともないんですが、
普通に考えたら、却下ですよ。

殴る資格があるのは、同じ時を過ごしてきた同級生のみ。
だから姫子には殴れない。
同様の理由で、すばら先輩も却下。
故に、殴った二人は、白水哩と、安河内美子である。

この結論にたどり着いた私は、記事の作成に取り掛かりました。
しかし、この記事を書いている途中で、また気付いたのです。
そもそも白水部長は、姫子を慰めるのに手いっぱいで、
江崎さんを殴る余裕なんてなかったのではないか、と。

いくら同級生とはいえ、彼女の中での優先順位が、
「江崎仁美<鶴田姫子」であることは、まず間違いありません。
江崎さんをフォローするよりも、
姫子と悲しみを分かち合う方が大事。
白水哩という人物を、ごく自然に受け止めるならば、
そう考えるのが妥当でしょう。

となると、あの場で江崎さんを殴れる人物は、
美子だけということになります。
殴った人は、一人だけ?
だったら、なぜタンコブは二つあるんだ?
「二つのタンコブ」という描写に、深い意味はないのか?

――いや、そうか。そういうことか。
我々は、とんでもない思い違いをしていたのだ。
「二つのタンコブ」には、意味がある。
しかしそれは、「殴ったのは二人」であることを
表現していたのではないのだ。

安河内美子と言えば、眼鏡さん。
そして眼鏡には、レンズが二つある!

つまり、二つのタンコブは、
「殴ったのは眼鏡さんである」ということを
はっきりと表現していたのだよ!!!!


美子が眼鏡を外しているのも、
「この眼鏡に注目しろ」という立先生からのメッセージ!
これが、これこそが真相だったのか!!

もし、これが「答え」だとすると、
美子は一人で二回殴った、ということになりますね。
なぜ二回も殴ったのかについては、
これもまたいくらでも解釈が可能ですが、
個人的には、江崎さんが自ら求めた可能性を推したいです。
一回殴られただけじゃ「足りない」と感じて、
「もう一発こいや!」と要求したのではないか、と。

それにしたって、あのタンコブの大きさを考えると、
美子も本気で殴ったであろうことは、疑いようがありません。
それはつまり、「遠慮をしない仲」ということでもあります。
二人はとっても仲良し。
高校を卒業しても、
この二人はちょくちょく会ったりするんじゃないかな。
もしかしたら、同じ進路を選ぶのかもしれませんし、
彼女たちの未来には、色んな想像が広がりますね。


まとめると、

江崎さんの頭にタンコブが出来たのは、
安河内美子に殴られたから。
二つのタンコブは、眼鏡さんである美子が殴ったことを表現している。

殴った理由は、
涙を隠したい江崎さんに「殴ってくれ」と言われたから。
美子は江崎さんの意図を汲んで、本気で二回殴った。



以上です。
「誰が殴ったか」については、
「江崎仁美本人」という可能性も、もちろんあります。

敗退のショックで気が動転し、
部屋中を暴れ回って頭を打った。
二つもタンコブがあるのは、
それだけ思いっきり暴れたことを表現している。
そういう解釈。

あるいは、自分への罰として、
壁に頭を打ち付けた、というのも考えられますね。
思いっきり本気で悔やんでるから、二回も頭突きして、
だから二つもタンコブがあるんだ、と。

ただまあ、この解釈よりは、誰かとのつながりがあった方が、
個人的には燃えるので、違うんじゃないかな、違って欲しいな、と
考えてます。

このあたりのことは、
もしかしたらアニメで補足されるかもしれませんが、
逆に言えば、
「分からない間はいくらでも考える余地がある」
ということです。
皆様もご自分だけの想像を広げてみてはいかがでしょうか。
きっと、楽しいよ!


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト