アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「惡の華」第1話
2013年04月09日 (火) | 編集 |


「人を選ぶアニメだなあ」という言葉が、
見終わった直後に思い浮かびました。
この第1話は、確実に好みが分かれるだろうな、と。
こちらの記事を読む限りでは、
どうやら全部狙ってやってるみたいです。

コミックナタリー - [Power Push] アニメ「惡の華」原作者・押見修造と監督・長濱博史が対談 (1/3)

ただ、個人的には映像よりも、
音楽の方が印象に残ってます。
心をざわつかせるBGMと、ラストのあのED曲。
音楽面では、「傷痕を残す」という狙いは成功していて、
もう確実に、今の時点で、
深々と胸の奥に突き刺さってますよ。
文句無しに満点。

映像に関しては、「動き」にはなんにも不満はないんですが、
キャラデザは、もうちょっとなんとかならなかったのかなあ。
狙いは分かるんです。
分かるんですが、それでもやっぱり、
同じことを、アニメらしいアニメ絵なキャラデザで、
やってくれても良かったんじゃないかなあ、と
思わずにはいられません。

だって結局、映像面で強く心に残ってるのって、
あの黒い華だけですもん。
だったら別に特別な技術を使わなくても、というのが、
率直な感想ではあります。


対談記事の内容については、

>>たとえばBlu-rayとかDVDが出たとき「あの気持ち悪いやつか」って見返したら面白かったとか

こっちは「わざわざ見返すかなあ」と疑問だったりするんですが、

>>本屋さんで原作の単行本を見つけて「なんだアニメとぜんぜん違うじゃん」って手に取ってくれたりとか

こっちはあると思います。
実際私も、「どんな原作なの?」と興味を持ちましたからね。
少なくともインパクトに関しては、
今期の中でも抜群な第1話だったと言えます。

ともあれ、続きが気になるので、
しばらくは見続けてみましょう。
どうなるのかなー。


関連記事
テーマ:惡の華
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト