アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
第11巻のおまけ漫画から見えてくるもの
2013年05月01日 (水) | 編集 |


咲-Saki-第11巻カバー裏のおまけ漫画についての、
ちょっとした考察など。
阿知賀編の最終回までを含む色々なネタバレあり。




前回の記事でもちょっと書いたんですけど、
カバー裏のおまけ漫画で、
「小鍛治健夜と福与恒子が、新大阪で降りる」
というのが、気になってたんですよね。
なぜ二人は、新大阪で降りるのか。

単純な可能性だけならいくらでもあり得ますが、
わざわざタコス伝を休んでまで、
このタイミングで、
こんな小話を挟んできた以上は、
そこになんらかの意味が込められている、と
考えてもいいのではないでしょうか。
二人がただイチャイチャするだけのエピソードなら、
わざわざ「新大阪」と明記したりはしないでしょうし。
以下、かなり推測混じりですが、自分なりの考えを述べてみます。


まず、時期は秋頃です。
恒子ちゃんの服装が長袖だからです。
つまり、インターハイが終わった後のお話です。
「去年」や、「来年」のエピソードということも考えられますが、
はっきりとした理由がない以上は、
「今年」だと考えるのが妥当かと思われます。

新大阪で降りる以上、目的地は関西のどこかです。
咲-Saki-で関西と言えば、すぐに思い浮かぶのは、
姫松、千里山、そして阿知賀。
小鍛治プロとの関連性の高さから考えると、
「阿知賀来訪」だと想像するのが自然ですよね。

では、なぜ恒子ちゃんが一緒なのか。
当然、テレビのお仕事だからです。
プライベートで来ているという可能性もありますが、
私用でグリーン車に乗るというのは、
ちょっと小鍛治プロのイメージに合いません。
「経費で落ちる、用意された席」だと考えた方が、
しっくりくるのではないでしょうか。
また、ついつい駅弁を二つも買うというはしゃぎっぷりや、
「こーゆー機会」というセリフから考えると、
普段は遠出したりしない生活を送っていることが分かります。
小鍛治健夜は、
「実家でジャージじゃないと落ち着かない」
という人なのですから。
そう考えると、やはりプライベートではなく、
仕事で来ている、と受け止めていいと思います。


インターハイ終了後、小鍛治健夜と福与恒子は、
テレビの仕事で、阿知賀に来ている。


さて、ここからが本題なのですが、
たとえ上記の前提が確定だとしても、
「なぜ?」という疑問は残りますよね。
当然、赤土晴絵絡みだという想像は浮かびます。
晴絵に会いに行く。それはいい。
だけど、「なぜテレビ局が動くのか」と。

10年前にちょっと活躍した選手が、
非公式の場でプロ行きを宣言したところで、
テレビ局が動くのか。
仮に小鍛治プロからお偉いさん方に、
そのことを伝えられたのだとしても、
それでもまあ、考えにくいですよね。

つまり、「それ」だけじゃなく、
「その後」に何かがあったわけです。
キーワードは、三つ。


①原村和

阿知賀はかつて、原村和がいた場所です。
原村和はインターミドル王者であり、
世間的にも注目度の高い選手です。
物語が順当に進めば、彼女の所属する清澄は、
決勝へ進出するでしょう。
そうなれば当然、もっともっと、
思いっきり注目されることになります。


②西田記者

西田記者は原村和と阿知賀との関係を知っている、
数少ない人物の一人です。
準決勝が始まる前、彼女は和に、
阿知賀に関する取材をしています。
当然、その内容は記事となるでしょう。

記事が発表されるタイミングはいつか。
清澄が決勝進出を決めた瞬間が、ベストです。


③決勝戦

阿知賀と清澄が、共に決勝進出を決めた瞬間に、
両者の関係が明るみになれば、これはもう、大スクープです。
世間もメディアも、大いに盛り上がります。
そうなれば当然、赤土晴絵も注目されることになります。
彼女はかつて、和を指導したこともあるからです。
今の原村和があるのは、晴絵がいたからということになります。
実際にどうなのかはともかく、世間はそう受け止めます。

ダークホース二校を決勝まで導いた名将、赤土晴絵。
彼女はいったい何者なんだ。
メディアが一斉に資料を集め始めます。
そうなるといよいよ、
「小鍛治健夜にクリティカルな一撃を与えた人物」
であることが判明し、小鍛治プロの放送中の発言などから、
両者の因縁も明るみになっていきます。
10年前に全国に来ただけの選手じゃない、と。
しかもどうやら、プロを目指しているらしい、と。

ここまで来たら、テレビ局も動くでしょう。
インターハイが終わった後、
両者のエキシビジョンマッチが組まれるわけです。
もしかしたらその場には、三尋木プロや藤田プロといった
著名な選手も呼ばれているかもしれません。
対局の結果次第では、
晴絵の将来も大きく変わる可能性がありますね。



以上が、「阿知賀来訪」に関する推測です。
ただ、ここまで書いておいてなんですが、
もっとシンプルに考えることもできるんですよね。
すなわち、
「国内無敗の最強選手が、
 インターハイ優勝校と、
 エキシビジョンマッチをする」
というテレビの企画が組まれるんじゃないか、と。
で、仮にそうだとするなら、
「団体戦は阿知賀が優勝する」
という予想も立てられるわけですね。

小鍛治健夜vs阿知賀。これは熱い。
当然、晴絵との絡みだってあるでしょうし、
上記①②③の理由も重なっているとしたら、
そりゃあもう、視聴率はバリバリ稼げまっせー。

ただしただし、「優勝校との対局」というテレビ企画ならば、
新大阪で降りる=阿知賀来訪とは限らないわけです。
つまり、姫松来訪の可能性も、充分にあるということ!
優勝は姫松! 優勝は姫松!
これは、ワンチャンありまっせ!



まとめると、

インターハイ終了後、小鍛治健夜と福与恒子は、
テレビの仕事で、阿知賀に来ている。
その理由は、今、世間を騒がせている赤土晴絵と対局をするため。
あるいは、インターハイ優勝校とのエキシビジョンマッチ。
もしくは、その両方。
姫松優勝の可能性も……?

こんなところでしょうか。
なお、決勝では「宮永姉妹」も注目を浴びるかもしれませんが、
「原村和と阿知賀」の熱気にかき消される可能性もあります。
個人的に、二人の因縁は世間に騒がれることなく、
静かに決着して欲しいなと思ってるので、
こっちの方向で考えたいですね。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト