アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「革命機ヴァルヴレイヴ」第8話
2013年05月31日 (金) | 編集 |


どや顔ぱずるピース!




いやー、面白い!
ヴァルヴレイヴはどんどん面白くなっていく!
なんといっても、エルエルフですよ。
今回も彼の天才っぷりが、あからさまに素晴らしかった。
今作の魅力は、エルエルフが多くを占めてますよね。
この荒唐無稽さは、見ていて清々しいです、本当に。
オーバーヒートも計算のうち。
全てがエルエルフの思い通り。
拘束があっさり解けることへの、
具体的な説明なんて不要です。
だって、彼は天才なのだから。

物語的にも、だいぶ見えてきた感じ。
カイン大佐は、「世界の秘密に最も近い人」なのは
間違いなさそうですが、
かなり私的な理由で動いてるっぽいですね。
彼のセリフの、
「かいしんまえのこさんへい」は、
「改新前の古参兵」かな?
エルエルフの回想と合わせて考えると、

元々エルエルフは低い身分だったけど、
政治的な動きがあったおかげで、
出世するチャンスを得て、実力で成り上がった

てなところか?
で、成り上がりだから、古参の人たちは気に食わないと。
エルエルフがドルシアを「変えたい」と思ってるのは、
「改新によって、リーゼロッテの自由が奪われたから」
と考えるのが妥当でしょうね。
ついにハルトとの契約も交わしたし、
このまま咲森学園vsドルシアという流れに突入していくのかなあ。
この激突に、アルスはどう絡んでくるんだろう。

その他、細かい部分では、
「いつの間にかパイロットスーツが用意されていた」
というのが、ちょっと残念だったなあ、とは思いました。
「こまけーことはいいんだよ!」な作品だってことは分かってるけど、
ここはもうちょっと詳しい説明が欲しかったな。
何か一言あるだけでも、説得力が段違いだと思うので。
なんというか、もったいないな、と。

サトミの動向も、危ういなあと感じたり。
彼って、どんどん居場所がなくなってきてますよね。
そのうち冷静な思考ができなくなって、
何かの拍子に裏切るんじゃないかなあ、
とまで思えてくるから怖い。

次回のサブタイトルは、「犬と雷」。
明らかに、犬塚キューマと山田ライゾウを指してますよね。
予告には青色のヴァルヴレイヴが映ってましたが、
どっちかが乗るのかな。
あるいは、どっちも乗る、という可能性もあるのか。
「二機同時に出撃」というパターンは、充分に考えられますね。
イメージ的には、青色がキューマで、
ライゾウは黄色、という印象は受けますが、
さて、どうなることやら。
それともそれとも、まさかまさかの、二人乗り、とか??

ふと思ったんですが、
ヴァルヴレイヴと契約したパイロットが死亡した場合、
そのヴァルヴレイヴと、別の人が新たに契約を交わすことは
出来るのかな?
不可能だとしたら、もうそのヴァルヴレイヴには、
誰も乗れないってことになるので、色々と問題が残りそうだし、
何らかの抜け道や裏技がありそうです。

仮に搭乗可能だとしましょう。
で、たとえばサトミが人間をやめて、
ヴァルヴレイヴに乗るとしましょう。
それで、彼が死ぬわけですよ。
その後を継ぐ形で、アキラが新たな搭乗者になる。
そういう展開もあり得るんじゃないかなと、
そんなことを考えたりしてます。

まだまだ予測不可能な今作ですが、
とりあえず今はやっぱり、エルエルフが気になりますね。
彼の次なる一手には、要注目。
さあ、どう動く?


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Θ61年兵>早く捕まえろ!→エルエルフが王女と出会う>いたぞ、撃て!ダメだ姫様が!エル:銃を捨てろ!こいつを殺す=ライ>起きたか、聞えてるか->6時間、国が滅びるまでの時間だ敵がくる...
2014/02/27(Thu) 05:19:46 |  ぺろぺろキャンディー
革命機ヴァルヴレイヴの第8話を見ました。 第8話 光の王女 エルエルフは幼い頃、脱走してドルシアの兵士に追われているところを通りかかった姫様を震えながら人質に取ってい
2013/05/31(Fri) 11:19:37 |  MAGI☆の日記

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト