アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「咲-Saki-阿知賀編」第16話
2013年06月11日 (火) | 編集 |


アニメの阿知賀編も、ついに最終回を迎えました。
原作を読んだときの感想は、こちらと、こちらです。

今更語ることも、それほどないでしょう。
ただ、最高でした、とだけ。
個人的な収穫としては、
「タンコブじゃなかった」ですね。
以前、こんな記事を書いたりしたんですよ。

江崎仁美の涙の理由と、「犯人」について

結果、照明すらなかったという、
なんとも拍子抜けなオチでした。
あれはいったい、本当になんだったんだ。
まあでも、おかげで想像が広がって、
記事を一つ書けたんだから、いっか。
江崎仁美の、未来に幸あれ。

アニメならではの新情報としては、
「竜華の最高状態」が描かれていましたね。
「ゾーンに入った」という言葉は、
スポーツの世界ではよく使われてて、
ようするに、
「集中力が極限まで高まった状態」
みたいな感じで受け止めていいと思います。
他の漫画だと「ベイビーステップ」や「黒子のバスケ」でも、
ゾーンという言葉は使われてます。

スポーツと麻雀はまた別かもしれませんが、
そもそもゾーンはスポーツに限った話ではなくて、
結局は集中力の問題なのです。
だから、麻雀をやっててゾーンに入ることだって、
そりゃあ、あるでしょう。
で、その結果が、あのあがりに繋がっているわけですね。
五感を研ぎ澄まし、感性全開で打つ。
映像的にも見ごたえがあったし、
後付けの設定としてはグッドだったと思います。

ただ、竜×シズっぽさがいまいち伝わってこなかったのは、
そこだけは非常に残念でした。
一瞬だけでもいいから、穏乃のデレ顔を、
アップで映して欲しかったなあ。
ほんの1カットあるだけで、我々は10年戦えるのです。
戦えるのですよ。

その他の新情報としては、
辻垣内智葉の声優さんが判明したこと。
そっかー、日笠陽子さんかー。
声優予想記事、なんてものも書いたりしたんですけどね、
これまた見事に外れちゃったなあ。

咲-Saki-全国編登場キャラの声優予想
咲-Saki-全国編登場キャラの声優予想・2

しかし、これはなかなか貴重な情報。
もう一回、予想をし直して、
最終予想記事でも書いてみましょうか。
久美子ちゃんの中の人は、
キャスト欄に書かれてなかったけど、
あれは誰だったんだろう?

あと、よく考えたら、
出場校同士の監督が外で会うのって、
あんまり良くないよなあ、
なんてことも、ふと思ったり。
晴絵がトシさんに、「穏乃の直感」について話してたけど、
たとえ恩のある相手であろうと、
大会中は、そういう情報は教えない方がいいし、
教える機会があるべきではないでしょう。
まあ、あんまりガチガチに固め過ぎても、
それはそれで面白くないとは思いますが、
他のスポーツなんかだと、どうなんですかね?
大会中、監督同士で飲みに行ったり出来るんですかね?

ともあれ、とっても素敵な最終回でした。
阿知賀編のアニメはこれでおしまいですが、
ゲームもあるし、
全国編のアニメもあるし、
ビッグガンガンでの新連載だって待っている。
咲-Saki-はまだまだ、これからですね。
スタッフの皆様、お疲れ様でした!
とってもとっても、楽しかったです!
おかもち!


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト