アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
小鍛治健夜はなぜステージに上がったのか
2013年06月17日 (月) | 編集 |


なぜなのか。




咲-Saki-第8巻収録の番外編で、
「ステージには上がっちゃいけないような気がして」
と言っていた小鍛治プロが、
阿知賀編ラストでステージに上がっていたのは、なぜか。

その理由は明白です。
「心境が変化したから」です。
上がっちゃいけない気がしていたけれど、
上がってもいい、上がってみたいという気持ちになった。
それだけのことです。

では、なぜ変化したのか?
これも明白です。
阿知賀が準決勝を勝ち抜けたから
以外にありません。
お話の流れ的に、そう考えるのが妥当でしょう。
因縁のある相手が教え子を引き連れ、決勝まで上がってきた。
その試合を直に解説したとなれば、
そりゃあ、心境だって変化するってものです。

小鍛治健夜は輝かしい経歴の持ち主ですが、
今は「くすぶっている」状況だろうことが、
容易に想像できます。
かつては2位だった世界ランキングも、現在は973位。
迫り来る加齢の恐怖。
増える小じわ。増えるため息。
まあ、アラフォー云々は冗談にしても、
彼女の心の中にはなんらかの「引け目」があって、
だからステージに上がることをためらっていたのでしょう。
そんな小鍛治プロを変えたのが、阿知賀の決勝進出だったのです。
阿知賀編の最終回ということで、
あの場面は阿知賀の面子に焦点が当てられていましたが、
小鍛治健夜が「気持ちだけでもあの頃に帰れた」瞬間をも
描いていたわけですね。

長い間「くすぶっていた」赤土晴絵は、
教え子に支えられ、見事に立ち直った。
その熱気にあてられ、小鍛治プロも再び羽ばたく。
物語上、「対」となる存在である二人が、
共に前へと進んでいく。
そんな明るい未来が、
これから先には待っているのかもしれませんね。


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を!
2013/06/28(Fri) 01:53:41 |  奥さん色々 | 消費者詐欺被害センター

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト