アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第2話
2013年07月17日 (水) | 編集 |


推理用簡易メモと、
「クロ」に関する個人的見解。




舞園、江ノ島の両名は確実に死んでいるものとする。
この世界の神たるモノクマが死んだと言った以上、
本当に死んでいる。
そうでなければ推理は不可能。
同様の理由で、自殺の可能性も却下。
犯人は生きている人間の中にいるという前提で考えるべき。

モノクマファイルによると、
舞園さやかの死亡時刻は午前1時半頃。
死体発見現場は苗木誠の個室。
「シャワールームで死亡」だが、
「苗木誠の個室のシャワールーム」
とは書かれていない。
「別の場所で殺されてから運ばれた」
というよりも、
プレートの入れ替えがあったことを
隠すための処置だと考えるべきか。

右手首に打撃痕あり。
手のひらについていたのは、模造刀の金粉?
刀で殴られて負傷した後、バスルームに逃げ込んだが、
押し破られて、隠し持っていた包丁で刺された、
と考えるのが自然か。

包丁による刺殺だとして、
犯人はなぜ模造刀を振り回したのか。
部屋中にあった刀の跡は、犯人による偽装?
右手首の骨折も含めて、殺害後に処置を施すことは可能か?

疑問:
部屋の中の音は外に漏れないのだろうか。
暴れたり悲鳴を上げたりすれば、
隣にいる人は気付きそうなものだけど。


トラッシュルームに
「ワイシャツの燃えカス」と「ガラス玉の破片」
ガラス玉は葉隠康比呂の持ち物?
犯行と直接の関係があるかは不明。
また、彼は服の袖をまくっているため、
その先が破れているのかどうかも不明。
登場キャラ全員に「服のスペア」があるのかも気になる。


ダイイングメッセージは「11037」に見えるけど、
反転させると「LEON」となる。
そのまんま受け取るなら、桑田怜恩が犯人。
舞園の左手の人差し指には、血に濡れた跡。
左手で書いたのなら、あの位置にメッセージがあるのは自然。


苗木と舞園のプレートは入れ替えられていた。
プレートを入れ替えるタイミングは、
「割り当てられた部屋に初めて入るとき」
以外にあり得ない。

苗木は第1話で、気絶したまま部屋に入ってる。
舞園が大神たちに手伝ってもらって、
「自分の部屋」に苗木を運んだ後、
両者のプレートを入れ替えた、と考えるのが妥当か。

入れ替えの理由は不明だが、
舞園は苗木の身代わりになった可能性がある。
というより、自分が命を狙われていると知っていた可能性。

苗木の部屋=本当なら舞園の部屋

部屋を交換して、「本来の割り当て」に戻したのは、
あのままだと苗木が犯人に襲われるおそれがあったため。
つまり、もしかしたら殺されていたのは
苗木だったかもしれないわけで、
彼の幸運は本物。
運がいいから、今、生きている。

霧切は舞園の部屋(本来なら苗木の部屋)の
メモを見て、何かに気付いた様子。
舞園がなんらかのメッセージを残していた?


・クロは誰か

ダイイングメッセージを信じるなら、桑田怜恩。
「ガラス玉の破片」は引っかけ。
ただ、現段階では決め手となる証拠が
無さそうにも思えるので、断定するのは難しい。
何か見落としてるのかなあ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト