アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki-阿知賀編×吉野山スタンプラリーに参加
2013年08月13日 (火) | 編集 |


はじめてのよしの。




スタンプラリー開催初日に、
吉野へ行ってきました。
大阪阿部野橋駅から急行にて、
約1時間半ほど揺られた後、現地へ到着。





sakiyoshino000.jpg

駅の案内板にはメモリアルライナーのポスターが。
私もこれ、申し込みしました。
9月1日にはまた、この地に足を運ぶことになりそうです。





sakiyoshino001.jpg

それはさておき、いざ、出発!
写真は撮ってませんが、
①近鉄吉野駅
②ロープウェイ吉野山駅
このあたりはサクサクと進んで、スタンプをペタペタ。
そこから少し歩いて、黒門を抜けたところで、
③銅の鳥居
に到着。



sakiyoshino003.jpg

阿知賀編の作中でもチラチラと映っている場所ですね。
そこからさらに歩いて歩いて、金峯山寺へ。



sakiyoshino004.jpg

チェックポイントはこの中に入った先にある、
④金峯山寺蔵王堂
でした。
野依「……おごそか!」

そしてそして、さらにちょこっと歩いて、
辿りついた先にあったのが、
⑤吉水神社



sakiyoshino005.jpg

この吉水神社では、四月にもイベントが行われたらしく、
咲-Saki-の絵馬がたくさんありました。
せっかくだからということで、私も一つ、奉納してみました。
願いが叶うといいな。



sakiyoshino006.jpg



さて、これでひとまず、最低限の目的は達成できました。
あとはポストカードをもらうだけ。
周囲の建造物なんかをさらっと見て回っても、
だいたい1時間くらいで完了できる道のりだと思います。

しかし、本番はここからだ。
実は今回のスタンプラリーには、
二種類のコースが用意されてるんですよ。


テンパイコース
①~⑤のスタンプを集めて、
吉野町観光案内所でアンケートに答えると、
ポストカードがもらえる。
誰でも気軽に参加できる、爽やかサクサクコース。


レジェンドコース
①~⑥全てのスタンプを集めて、
同観光案内所でアンケートに答えると、
ポストカードをもらえる上に、
抽選で3名に阿知賀編のグッズセットをプレゼント。
吉野という舞台を心底から満喫できる、
まさに伝説的なコース。


問題なのは、この⑥の場所である、
西行庵が、⑤の場所から、
かなり離れたところにあるということ。
スタンプラリーマップによると、
バスで20分、そこからさらに徒歩で30分かかります。
徒歩だけなら、急いでも1時間半はかかるんじゃないでしょうか。

しかも、山ですから、当然ながら上り坂です。
夏真っ盛りの炎天下、
グッズの抽選権を得るためだけに、
挑戦すべきかどうか、かなり迷ってました。

そんな私に、声をかけてくれたのが、
やましろ☆探訪記の、ひでさん。

同じく、スタンプラリーに参加されていたみたいで、
「西行庵に行くかどうか迷ってる」
と伝えると、
「よかったら、車、乗っていきますか?」
ということで、お車に同乗させてもらうことに。
おかげさまで、何の苦もなく西行庵前まで到着。
道中を窓から眺めながら、
「あっ、これ徒歩だと死んでたな」
としみじみ思いました。
無理無理。真夏に、あれは、無理。

ただ、そこからの道のりがまた厳しくて、
歯を食いしばりながら山道を歩き続けました。
傾斜よりも、足元の不安定さがきつかったです。
それでも、なんとか目的地へと到達!
⑥西行庵



sakiyoshino007.jpg

ひでさんと偶然出会ってなかったら、
まず間違いなく、来ることが出来なかった場所でした。
その後も、阿知賀編の舞台となった場所を案内してもらったり、
ゴール地点である吉野町観光案内所まで送ってもらったりと、
何から何まで至れり尽くせりで、
ただただ、感謝感謝でいっぱいでした。



sakiyoshino009.jpg

sakiyoshino010.jpg

1巻、花見のシーン





sakiyoshino012.jpg

2巻表紙


その他、1巻の表紙の場所や、本編5巻カラー絵の、
和が立っているトンネルの場所、等々。
恥ずかしながら、舞台探訪等には詳しくないので、
ひでさんのお名前を存じてなかったのですが、
今回の企画にも関わっている方らしいです。
改めて、この場でお礼を述べさせてください。
本当に本当に、ありがとうございました!
めっちゃんこ助かりました!!






sakiyoshino008.jpg

そんなわけで、なんとか無事に、
スタンプラリーを終えることができました。
あくまで個人的な意見ですが、
気軽に参加したいのなら、テンパイコースで充分だと思います。
レジェンドコースを制覇したところで、
追加特典はグッズの「抽選権」だけです。
しかも、当選するのは3名です。
リスクとリターンが釣り合ってるかどうか、
ちょっと判断しかねるところです。
私も偶然の出会いがなければ、
途中で引き返していたかもしれません。

もちろん、本格的な観光目的を兼ねて、
「西行庵も最初から行く予定」
ということなら、問題はないと思います。
体力に自信のある方は、
水分を確保し、体調を整えた上で、
是非とも挑んでみてください。
「穏乃なら余裕」なレベルだと思いますので。

西行庵への道中の、注意点としては、
先にも述べましたが、足元が不安定ということ。
うっかり足を踏み外すと、
転落の危険性があるような個所があります。
当然ながら、周囲に人はいません。

携帯も圏外です。
細心の注意を払って、進んでください。



帰りも急行に乗り、ゆらゆら、ウトウトしながら帰宅。
楽しい楽しい一日でした。
吉野には初めて訪れたのですが、素敵な場所だなあと感じました。
今回はスタンプラリーに集中していたせいで、
立ち寄れなかったところもたくさんあったので、
今度行くときは、ゆっくりまったりと観光したいですね。

スタンプラリーは9月8日まで開催されてるので、
興味のある方は、一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか。
ただ、地元の方の迷惑にならないよう、
最低限のマナーだけは守りましょう。
とはいっても、
「ゴミは持ち帰る」
ということだけでも心に留めておけば、
大丈夫じゃないかなとは思います。
あとは、常識的で理性的でさえあれば、はい。


以上、スタンプラリーレポでした。
基本的に出不精なので、
こういう機会でもなければ遠出することも無いのですが、
なんだか舞台探訪の楽しさに、ちょっと目覚めたような気がします。
気が向いたら、咲-Saki-に縁のある場所にでも行ってみようかな。

それでは、また!
咲-Saki-は、面白いなあ!


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト