アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
あちぽた動画解説用の記事
2013年09月28日 (土) | 編集 |




こちらの動画の解説用の記事です。




花田煌の能力は、
「持ち点がマイナスにならない」
というもの。

発動条件:
自分が振り込むとマイナスになるような手を、他家がテンパイする
効果:
その他家の当たり牌を引いてきても、捨てることができなくなる

当たり牌を切れないから、振り込むこともなく、
持ち点がマイナスにならない、ということ。
ただし「手牌すべてが当たり牌」みたいな状況だと、
能力は発動しない。
「牌を切れなくて詰む」みたいな状況にはならないということでもある。
その他、細かい部分では色々あるけど、ここでは割愛。



・動画内では何が起きていたのか

具体的には、22:55あたりから何が起きていたのか。


①江崎仁美がリーチ

この時点で花田の持ち点は、8400点
能力が発動していない=江崎の手は8400点よりも低い。


②二条泉がリーチ

147萬待ちのフリテンリーチ
仮に直撃しても最大で2300点(リーチ、ピンフ、一本場)のため、
花田の持ち点はマイナスにならない。
よって、能力発動には関係ない。


③花田煌がリーチ

リー棒が出て、持ち点が7400点になる


④その次巡、花田の能力が発動

このことから、
江崎の手は7400点よりも高いということが分かる。
おそらく満貫の手。
一本場であることも考えると、8300点か?


④花田が泉の当たり牌を捨てるが、泉はスルー

能力の発動とは無関係。
泉はフリテンリーチのため、ロンできなかっただけ。
しかし結局、自分でツモってきて終了。



以上です。
おそらく、この解釈で合ってるはず。多分。


関連記事
テーマ:ニコニコ動画
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト