アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「凪のあすから」第1話
2013年10月04日 (金) | 編集 |


完璧。掴みは完璧。
世界観と設定を説明しつつ、
主要キャラの関係も見せて、
「これから」を想像させてくれる、
非常に秀逸な第1話だったと思います。
開始1秒の時点で「なんかおかしいぞ」って思ったもん。
そりゃあ、引き込まれますよ。

ややあざとい描写や、
説明過多だと感じた部分もありましたが、
おかげで設定は理解できたので、結果オーライでしょう。
世界観自体はファンタジーというか、SFですけど、
描かれる内容そのものは、シンプルな異文化交流でしょうし、
あんまり細かいことは気にしないで、
彼ら彼女らの人間関係を見守ればいいんじゃないかなあ、
と思ってます。
ここから先には重い展開も待っているのかもしれませんが、
こちらとしては望むところ。
熱い修羅場に期待したいですね。
個人的には伊佐木要君の動向に注目しています。
仲良し四人組のはずなのに、
「まなかがいなくなれば」なんてことを
さらっと口に出来るところに、
得体のしれない不気味さを感じます。
いったい彼は何を考えているのか。
なんか、訳分からんタイミングで、
訳分からんことをしでかしそうな気がするなあ。

ともあれ、続きが楽しみです。
どれだけ暗い展開が続いても、最後には
とびきりの笑顔が待っているのでしょう、きっと。
「どっかい」は、多分、
別の意味なんじゃないかな、あれ。
どういう解釈が可能なのかは、
まだちょっと分かりませんが、
「どっかいけ」ではないと思う。
思いたい。


関連記事
テーマ:凪のあすから
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
凪のあすからの第1話を見ました。 第1話 海と大地のまんなかに 海村に住む先島光はそれまで通っていた波路中学が廃校になったため、幼馴染の向井戸まなか、比良平ちさき、伊佐木要らと一緒に、地上にある美濱中学校に通うことになった。 光の提案で全員波中の制服を着ていく約束をしていたが、まなかだけは「反感買っちゃうかも」と濱中の制服を着ていた。 「まなか、テメーその格好…!約束...
2013/10/04(Fri) 05:23:17 |  MAGI☆の日記

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト