アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「スーパーダンガンロンパ2」推理メモ6
2013年11月01日 (金) | 編集 |


おそらく最後の推理メモです。
以下、ネタバレ多数。





狛枝は気がくるってるwwwwww
なんなのこいつ、もう、めっちゃ好き!

なんか本当に、笑うしかなかったです。
チャプター5、面白すぎました。
これ全部、予想しきって、当てた人っているのかな?
さすがに無理だと思うんだけど。
裏切り者の正体は想定内でしたが、
狛枝の思考はまるで読み切れなかったなあ。
「自殺」という可能性に気付けていただけでも上出来か。
はっきり言って、狛枝のやったことは狂気の沙汰だけど、
どれほど常軌を逸していても、
目的を達成するための、理にかなった行動だったんだから、
これはもう、認めるしかないよ。
これでこそ狛枝凪斗だよ。すげーな、お前。

チャプター5はその他にも、
ウサミ先生の言葉が心に染み渡りました。
あの言葉は日向に向けたもの。
引いては、僕たち私たち、
普通の人たちに向けられた、
愛のメッセージでもあるんですよね。
そりゃあ、何も思わずにはいられませんよ。
才能があるかどうかなんて、結局は、運です。
偶然です。確率です。
そんなものよりも、大事なのは、
自分自身をありのままに肯定できるかどうか。
こればっかりは、確率でどうにかなる問題じゃない。
自分自身が、どう決めるかが大事なのですから。
いい先生だなあ。

いずれにせよ、この流れは必然です。
狛枝の死も、七海の死も、
物語的には、なるべくしてなったと言うべき。
だからこそ、悲しかった。
本当に他の可能性はなかったのか。
誰も死なない結末はあり得なかったのか、と
思わずにはいられないわけです。


幕間もなかなか興味深かったですね。
狛枝の左手は義手?
前作の「あの人」の腕か?
「あの人」の腕を移植したせいで、
絶望に冒された、と考えるべき?
今回の黒幕は何者?
あらゆる才能を持っている?
超高校生級の全能、とでも呼べばいいのか?

で、チャプター6はいきなり捜査開始か。
おそらくこれが、ラストバトル。
気合を入れて、全てを解き明かしていきましょう。



・卒業試験前の予想と考察

神座は「カムクラ」でよかったのか。
蜂起して、そのまま学長になった?
前作の「あの人」の名前も出しちゃうんだね。
彼女もまた、「才能に縛られた人」だったんだろうなあ。

は??????????
西園寺日寄子!?!?!?!?!?
はあ?????????????????

そうか、襲名か!
西園寺日寄子という名前を代々受け継いでいくのだとしたら、
ここで同じ名前が出てきてもおかしくはない。
つまり、新聞記事の西園寺日寄子は、先代の日寄子。
母親か何か。
ミスリードを誘う罠。

つまりつまり、日向たちはコールドスリープか何かで、
何十年も眠らされていた!

……と、いうわけでもないっぽい?

うーん、仮想現実だから現実とは姿が違う、
なんてオチはやめて欲しいところ。
仮想現実であること自体はいいんだけど、
容姿を変える必要がないというか、
「あの」西園寺日寄子だからこそ、
「あの言動」があったわけで、
そこは整合性を持たせて欲しいな。
どんなオチが待ってるのかは、まだ分からないけど。

図書室にて、苗木誠の名前が浮上!
ここはまあ、だいたい想定内ですね。
そんなに単純な話だとは思ってなかったし。
まだ予想の段階ですけど、
苗木たちが未来機関から離脱したのも分かる気がするなあ。
なんというか、未来機関は、「きれいすぎる」んですよね。

「絶望だって、生きていていい」
それが苗木たちの主張なのでしょう。
臭い物に蓋をするだけでは、解決したことにならない。
そんなことをしても、いつかまた、
第二、第三の絶望が生まれてくるだけなんだ、と。
そのたびに、お前らは殺すのか、と。
絶望を否定しても、争いはなくならないのではないか、と。

それよりは、絶望と共に生きた方がいい。
絶望するという感情を肯定して、
受け入れて、共に生きていく。
それが苗木たちの出した答えだったのではないでしょうか。

となると、最終的には、
絶望的な連中vs未来機関の争いに、
苗木たち第三勢力が割り込んでくるところで
ラストを迎えるのかな?


アルターエゴ!
苗木のシルエット!
日向たち5人が「留年」を選んでも、
苗木たち6人が「卒業」を選べば、
強制的に卒業させられるってことか。
日向たちはそれで納得するのか?



コトダマを整理してみよう。

予備学科の生き残りは誰か?
日向創

「ある人物」とは誰か?
江ノ島盾子

希望ヶ峰学園の生き残りを名乗る人間が15人
名乗っているだけで、本当にそうなのかは分からない
黒幕が紛れ込んでいる
おそらくそれが、カムクライズル

かつて、コロシアイ学園生活は世界各地に中継されていた
今回、未来機関は日向たちの「平和な修学旅行」を、
世界各地に中継することで、希望を広めようとしていたが、
黒幕に乗っ取られたのではないか。

苗木誠が絶望の残党を逃がしたのは、
未来機関のやり方に賛同できなくなったから

新聞記事の西園寺日寄子は、
「西園寺日寄子」を襲名した別人
先代か、あるいは次代
もしくは、「現実世界の西園寺日寄子」の姿

肖像画の神座出流はイメージ映像
あるいは「あれから何十年も経っている」という証拠

新世界プログラムが成功していれば、
日向たちの「平和な修学旅行」は現実になっていた?

11037

苗木たちの狙いは強制シャットダウン
6人いれば、5人が留年を選んでも、
無理やり卒業させることができる

卒業を選ぶと何が問題になるのか
過酷な現実世界に旅立たなければならない

留年を選ぶと何が問題になるのか
現実の世界に戻ってこれない

ただ、これだけだと前作の焼き直しなので、
何かまだ、秘密が隠されていそうな気はする



ずばり、黒幕は誰か?

日向創、だと思う!
日向創こそが、カムクライズルなのではないか!


希望育成計画の行きついた先、
最終的に導き出した答えが、
日向創なのではないか。

どんな可能性も内包した、
なんにでもなれる人間こそが、
真の希望なのではないか。

そのことと、今回の黒幕との結びつきが、
まだちょっとあやふやだけど、
他にあやしそうな人が思い浮かばないし、
とりあえずこれが、現時点での結論ってことで!


さあ、真相やいかに。
どきどき、わくわくしながら、
いざ、ラストバトルへ。


関連記事
テーマ:ダンガンロンパ
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト