アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「革命機ヴァルヴレイヴ」第17話
2013年11月08日 (金) | 編集 |


ルーンを巡るあれこれ。




ハーノインさんが盛大に死亡フラグを立て、
盛大に散っていった回。
なんというお約束な展開。
まあ、こうなりますよね。
ただ、「ハーノインの死体」が確認されていない以上、
死んだと決め付けるのはまだ早いかもしれません。
生存の可能性にも、少しは期待していいんじゃないでしょうか。
イクスアインがどうなるのかも、気になるところではありますが。

今回分かったのは、ルーンに関する詳細。
マギウスの連中は、肉体を乗り継いで生き長らえている。
ルーンが枯渇した器を捨てて、フレッシュな身体にチェンジ、
ということなのでしょう。
カイン大佐も、肉体を乗っ取られていたんですね。
つまり、ハルトも同じ方法を取れば、
生き続けることは可能だということ。
ただ、まあ、知ったとしても、やんないだろうなあ。

ただまあ、「200年後」のことを思うと、
肉体を乗り継がなくてもいい、なんらかの方法が、
確立されると考えていいと思います。
それがなんなのかは、まだ分かりませんが、
ハルトか、あるいはショーコが、
犠牲になる可能性は、あるかもですね。
人柱的な何か。

一方、エルエルフはそもそも乗る資格がないので、
不死にはなれない。
じゃあ、あのリトルエルエルフはなんなのか。
これもまた分からない。
分からないけど、全てが繋がったとき、
大きな驚きが待っているんだろうなとは思ってます。
謎が謎を呼ぶヴァルヴレイヴ。
真相が明らかになるのはいつの日なのか。

自分はヴァルヴレイヴに乗れない、と知ったとき、
エルエルフが悔しがったのも、当然と言えば当然。
そりゃあ、あいつがヴァルヴレイヴに乗れたら、
それが最強だもんね。
「もうあいつ一人でいいんじゃないかな」だもんね。
「ハルトが再起する」もエルエルフの想定内だったのかなあ。
どっちに転んでもよかった、くらいには考えてそうだけど。
あと、今回はエルエルフの、
「導き出される結論は」を久々に聞けて、とっても爽快でした。
我々はその言葉を待っていたんだ!
それでこそエルエルフだよ、ヒャッホウ!

それはそうと、
「擦り切れるまで使い潰してやる」って、
なんか、エロいですね。
いや別にエロくはないんですが。
ないんですが。

そんなわけで、次回も楽しみにしています。
どうなるかなー。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト