アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「クリミナルガールズINVITATION」クリア後の感想
2014年02月09日 (日) | 編集 |


クリアしました!
以下、ネタバレありの感想です。




このゲームのためにPSVITAを買いました!
いやー、面白かったですね。
クリミナルガールズはとにかく、バトルが熱い!
リメイクとなる今作でもその魅力は損なわれておらず、
最後まで楽しく遊ばせてもらいました。
リメイクならではの良さと言えば、
なんといっても映像面での進化!
特におしおきシーンの美麗さは目を見張るものがあり、
力を入れるべきところをしっかりと分かってるなあ、と
感心させられましたよ。
背面タッチ必須なのは、ちょっとなーっていう感じではありますが、
慣れてしまえばどうにでもなるなる。

全体的に満足度は高いのですが、
唯一、不満だった点、
改善して欲しかったけどされなかった点が、

「フィールドスキル使用時に、ボイスをキャンセルできない」

ということ。
このせいで、テンポが悪くなってるんですよね。
フィールドスキル自体、使用頻度が高いですし、
ここを改善してくれるだけでも、快適さは段違いだったはず。

逆に言えば、その他は不満がなかったということでもあります。
ダンジョンの単調さは、もう、そういうものだと割り切ればいいし、

「ロープレはバトルが命!」

という方には、超オススメの一作です。
楽しいよ!


以下、クリア直前のキャラ雑感。





kisaragi.jpg

キサラギ

チームの特攻隊長。
状態異常付与の優秀さもさることながら、
アイテムやOPゲットにも大活躍。
今作は状態異常とアイテムが強いゲームで、
なおかつ、OP稼ぎが大事なので、
その全てを補えるキサラギの使用率が高くのなるのも、
当然と言えば当然か。
スタメン率はかなり高く、あらゆる局面で活躍してくれました。
ありがとう、ありがとう。




ran.jpg

ラン

チームの楯となる存在。
とにもかくにも、防御スキルの優秀さが魅力的。
発動さえすれば状態異常を受けても反撃してくれカウンター、
チームのピンチを救ってくれる復活スキル、
大ダメージ技を防いでくれる全員ガード等々。
終盤になるほど重要度が増すキャラで、
特にクリア後のボスクラスとのバトルでは奥義必須。
スタメン率は非常に高く、やることがなくても、
とりあえず場に出しておけば全滅のリスクがかなり軽減されるし、
何かとお世話になることが多かったキャラ。




alice.jpg

アリス

紙装甲、低体力、高魔力という、
典型的なマジックアタッカー。
取り立てて語ることはなく、普通に強い。
守りの脆さはアイテムやスキルでいくらでもカバーできるし、
魔法防御は高いので、落ちる危険性はそれほどでもなかったりする。
スタメン率は非常に高く、雑魚戦、ボス戦ともに大活躍。
奥義もシンプルで使いやすい。強い。




sako.jpg

サコ

チームのメインアタッカー。
「これだ!」という決め手には欠けるものの、
攻防ともに穴がなく、非常に扱いやすい。
特に奥義が便利!
クリア後のボス戦では、まずは奥義を打つことで
有利な展開を作り出し、一気に攻める、というのが常套手段。
全局面に対応可能な、安定感たっぷりの万能キャラ。




yuko.jpg

ユコ

回復スキルのスペシャリスト。
基本的にはベンチ要員で、
「ピンチのときに出てきて回復、その後すぐに交代」
という流れは今作のあるあるネタの一つ。
回復スキルの性能が抜群だからこそ、
なるべく温存しておきたいというのが素直な心情。
各種補助スキルを使わせるより、
アタッカーに殴らせた方が早い、というのもあるけれど。
とにもかくにも、チームの生命線であり、
彼女がいるのといないのとでは、
攻略の難易度に大きな差が出るであろう。




tomoe.jpg

トモエ

火力はピカイチなカミカゼアタッカー。
麻痺や攻撃力低下など、
補助的な攻撃スキルが多いのも特徴的。
ただ、スピードが遅いせいで、
「先制されて攻撃を食らい、麻痺って行動キャンセル」
という流れが非常に多く、運用の仕方には気を使う必要あり。
性能が偏っているので、いまいち扱いづらい印象は受けるが、
その攻撃力の高さは大きな魅力。
スタメンで使うよりも、用心棒的に起用し、
ピンポイントで暴れてもらった後はベンチに引っ込める、
というのが理想的か。
どちらかというと雑魚戦でこそ真価を発揮するキャラ。
終盤の稼ぎ時にはかなり活躍してくれました。




shin.jpg

シン

チームの指揮官的な存在。
補助、攻撃、回復など、スキルは様々。
常にスタメンを張らせるよりも、
状況に応じて流動的な運用をしていくべきで、
「シンをどう扱うか」を考えながら遊ぶ楽しさに気付けば、
このゲームは一気に熱くなる。
他者を引き立てることで強さを発揮するキャラであり、
メンバーの組み合わせ次第では異様な爆発力を見せてくれる。
奥義の破壊力も最強クラスだし、
「最初に誰を騎士化するか」で迷ったら、
とりあえずシンを選んでおけば大丈夫だと思う。
今も昔もずっと、一番お気に入りのキャラ。




himekami.jpg

ヒメカミ

追加キャラ。
加入が遅かったせいで、正直、あんまり印象に残ってない。
便利で使いやすいスキルは揃ってるものの、
「このキャラじゃなきゃダメ」というのが少なくて、
なんとなくでしか扱い切れなかった。
奥義も最後まで使わずじまい。
「最大のHPと最低の防御力」という極端な性能や、
「ふんばる」を上手く活用すれば、
多分、強いんだろうなあとは思うものの、
まあでも、無理して使わずともクリアできたわけだし、
あくまでやり込み要素でしかない、か?




miu.jpg

ミウ

もう一人の追加キャラ。
こちらもあまり印象に残ってないが、
スキル自体は強力なものが揃っているので、
運用次第ではかなり活躍してくれると思う。
ただ、やはりヒメカミ同様、器用貧乏な感は否めないか。
うーん。




以上です!
ヒメカミもミウも、面白いキャラではあるんですけどねー。
良くも悪くも無印からの7人でチームが完成してるので、
そこに割って入る以上は、
もっともっと、強力な個性を備えていないと、
なかなか記憶には残りづらいなあ、と。
せっかくの追加要素なんだから、
二人ともゲームが壊れるくらいの性能でも
良かったんじゃないか、とは思います。
贅沢な希望かもしれないけれど。


何はともあれ、楽しかったです!
久々にシンたちに会えて、懐かしい気持ちにもなれましたし、
リメイクとしては充分な出来。
結局、全キャラのエンディングも見て、
ギャラリーも全部埋めちゃったもんね。

それでもまだまだ遊び足りないので、
今度は完全新作に期待したいところ。
期待していいのかな。いいよね。いいよね!


それでは、また!
クリミナルガールズ、最高!


関連記事
テーマ:クリミナルガールズ
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト