アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「咲-Saki-全国編」第6話
2014年02月14日 (金) | 編集 |


提供の洋榎乱舞噴いた。




待っていた!
この瞬間を、ずっとずっと、待っていたんだ!
洋榎ちゃんが大暴れする、この中堅戦を!
洋榎、大好きだ! 結婚してくれ!

やー、すんげー面白かったですね。
ちょっと興奮しすぎて理性を保てそうにありませんが、
何はともあれ、素晴らしかったな、と。
洋榎ちゃんの言動は、まさに自由奔放という感じですけど、
プレイスタイルそのものは堅実で、
攻守のバランスがすごくいいんですよね。
久がリーチをかけたあの局面で、
「東」を止めることができるというところに、
彼女の真髄があります。
これが、愛宕洋榎という打ち手なんですよ。

久や胡桃との絡みも良かったし、
「どやった!?」もかわいかった!
後半戦もまだまだ見せ場は満載だし、
次回も超楽しみだよー!
全国編、最高や! イェアー!



・その他いくつか


①佐藤アナ、デートのお誘い

この二人の噛み合ってない感じのやり取り、好き。
「佐藤アナ、弁当食べるの早すぎ!」に関しては、
「同時に食べ始めたのではない」と考えた方がいいのかも。
いくらなんでも、二人の弁当の量に差がありすぎるし、
戒能プロは別の用事でちょっと抜けてて、
佐藤アナだけ先に食べ始めてたんじゃないかな?
それよりもこのシーン、
佐藤アナの方にお箸が無かったのが、
ちょっと違和感ありでした。
もうすでに捨てたんだとしたら、
包み紙も一緒にポイしてるはずだし、
そうじゃないのだとしたら、もしかしたら彼女は、
「マイお箸」を持参しているのではないか。
佐藤アナはエコ志向! どや?



②エイスリンを慰める宮守女子メンバー

貴重なシロデレのシーン。
表情が原作より若干、柔らかくなっていて、
「頬が染まり、目をそらす」という「動き」が加わったことで、
より気遣ってる感じが増していたと思います。
スタッフグッジョブとしか言いようがない。
かわいい。



③姫松の昼食

焼き鳥!
串カツ!
たこ焼き!
イカ焼き!
お好み焼き!
大阪か!
こってこての大阪の食いもんか!
炭水化物とあぶらもん大好きか!
ソース大好きか!



④阿知賀の追加描写

ご飯粒!
憧ちゃん、ご飯粒ついてるよ!

憩さんにしろ、利仙さんにしろ、
セリフしゃべりまくりで盛りだくさんでしたね。
利仙さんって、口調はおっとりしてるけど、
プライドは高いんだろうなあ。

「団体戦では永水女子に後塵を拝する結果となりましたが、
 わたくし個人は彼女に負けたとは思ってません」

というこのセリフ、ちょっとうがった見方をすれば、
チームメイト批判とも取れる発言ではありますが、
それも実力が伴っているからこそ言えることではあるか。
良くも悪くも、個人戦向きの選手なんでしょうね。
「個人戦では原村和に負けたけど、団体戦では活躍できた」
ということに誇りを持ってる二条泉とは、正反対な性格。

泉は逆に周囲の目を気にし過ぎるところがあるので、
もっとわがままになってもいいと思う。


「神代小蒔にはわたくし以外には負けて欲しくはない」

という心境も、いいですね。
まさにこの手の選手らしい心意気。
阿知賀編ではセリフすらなかったのに、
一気にキャラが立ちました。
藤原利仙はベジータ。



⑤春ちゃんの回想

神社の中に麻雀卓があるという状況が面白すぎる。
明らかに突っ込み待ちの風景。
作中でも一、二を争うレベルでのシュールさ。
全自動卓っていうのもポイントが高いし、
「座布団も何もなくて、ただ麻雀卓だけがある」
というのもじわじわきます。
あと、回想以外でも、春ちゃんめっちゃセリフ増えてましたね。
いいねいいね。



⑥池田がやかましい

うるせえぞ池田ァァッ!




と、そんな第6話でした。
来週が待ち遠しいですね!
咲-Saki-は面白い!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト