アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
2010年のアニメを振り返ってみる
2010年12月30日 (木) | 編集 |

2010年も、残すところあとわずか。
今年も色んなアニメが放送されましたが、
その中でも個人的に印象に残っている作品等について、
少し語ってみたいと思います。
順不同。





聖痕のクェイサー

乳を吸うことに全てを注いだ作品。
地上波での規制の多さは明らかにマイナスだったが、
それを補って余りある勢いと情熱に満ちた内容は、
後世に語り継ぐべきものだと思う。
ローリング授乳やジャンピング授乳といった、
正気を疑う描写は一見の価値あり。
ハラショー。



刀語

一年かけて、やりたいことをやりきった作品。
序盤は間延びした展開があったものの、
少しずつ修正していって、
最後にどかんと一花咲かせた見事な構成には
拍手を送りたい。
1時間アニメという形式が合う作品って結構あると思うので、
他のところも機会があればどんどん真似していって欲しいな。
お金の問題とか、色々あるだろうけどさ、
目の前にでっかい成功例があるわけだから、
後に続く作品も、ガンガン挑戦していって欲しい。



おおきく振りかぶって ~夏の大会編~

全体的に急ぎ足だったものの、充分満足できる内容だった。
あいつら青春してるなあ、とちょっと涙ぐむこともあったり。
まあ、もし三期があるとしても、それはまだまだ先の話かな。
三橋たちとの再会を願いつつ、気長に待ちたい。



アマガミSS

きわめて個人的な想像だけど、
エピローグで「10年後」をやらなかったキャラは、
10年続かなかったのではないだろうか、
とか考えたりしてる。
夢も希望もないね、うん。



みつどもえ

動く宮なんとかさんを見れただけで、満足満足。
君に届かない。



ハートキャッチプリキュア

ザ・回転アニメ。
大人の視聴に耐えうる子供向けアニメというのは、
それだけで貴重な存在だと思う。
とても丁寧に作られた作品。



WORKING!!

山田。



生徒会役員共

シノさんが可愛かった。



学園黙示録

「濡れるッ!」の一言に尽きる。



デュラララ!!

普通に面白かった。



四畳半神話大系

最終的には、小津との立場・力関係が完全に逆転してたのが面白かった。
明石さんはほとんどオマケ扱いだよね。
普通にサブキャラその1だよね、あれ。
小津がメインヒロインだよね。



侵略!イカ娘

原作の持ち味を生かした良作。
ファンならきっと満足できたと思うし、
アニメを見てファンになった方も多いと思う。
イカ娘がとにかく可愛くて、
早苗さんの変態っぷりも再確認できた。
とても良かった。



パンティ&ストッキングwithガーターベルト

今年一番の異端児。
確信犯的な悪ノリと、売る気があるとは思えないほどの下ネタ三昧。
そして、様々なお約束とタブーへのカウンターが痛快だった。
多分、10年経ってもこの作品のことは覚えてると思う。



そらのおとしものフォルテ

エロ本カーニバルに留まらず、
ハイテンションなギャグのオンパレードが愉快だった。
問題のシリアス展開も前期ほど重くなりすぎず、
上手く修正してきていたところは好印象。
劇場版が楽しみ。



神のみぞ知るセカイ

エルシィが可愛かった。
最終回も神のみらしくて良かった。
特に書くこともないけど、普通に面白かった。
二期にも期待。



ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

世界観が好き。
最後まで分からない部分は結構あったし、
惜しいと思う個所も多かったかもしれない。
決して「傑作」でもなければ「大作」でもない。
それでも、ハマる人はハマるし、心に残る作品だと思う。
少なくとも自分は、毎週欠かさず見てた。
好きだった。



AngelBeats!

あえて突き放した言い方をすると、
作り手の中だけで満足して、
視聴者が置いてけぼりを食らったまま終わった、
という感じ。
放送が始まる前から雑誌やラジオ等を全部追いかけて、
コミュニティの仲間同士で議論し合う。
そういったコアなファンなら、
おそらく充分満足できたんだろうと思う。
個人的には、あえて情報をシャットダウンしていたりしたので、
よく分からない部分が多くて、やや消化不良気味だった。
麻枝准を長年追っかけてる身でありながらも、
期待していた以上の物は出てこなかったなあ、
というのが正直なところ。

ただ、
「なんか面白い物を作ろうぜ!!」
という熱意は伝わってきたし、その心意気は買いたいと思う。
何より、天使ちゃんという存在を生み出しただけでも、
この作品には大きな価値がある。あるんだ。
あるったらあるんだ。
天使ちゃんは、マジ天使なんだ。

ゲーム化もするみたいだし、
そっちでは大いに満足させてくれることに期待したいな。
うん、そうなんだ。
「結局~~っ!?」なんだ。



けいおん!!

今更多くを語る必要がないかもしれませんが、
最後までよく走り切ったなあ、と。
うん、まあ、本当に今更語ることはありませんね。
けいおん最高。
映画も楽しみだね。



探偵オペラ ミルキィホームズ

個人的にミルキィホームズは、放送が始まる前に
スタッフを確認した時点で、「当たる」と確信していたので、
ダークホースというのはちょっと違うかなあという感じ。
もちろん、期待していた以上のものを見せてもらえたし、
そのことにはすごく驚いてるし、感謝してる。
だけど、森脇真琴と池端隆史がタッグを組んで、
面白くない物が出来るはずがないんだ。
だからこの結果は、想定内。

その上で、言いたい。
ありがとう、と。
とても面白かった。
どっひゃー!



遊戯王5D's

この一年で最も狂気に満ちていたアニメ。
西部劇編の超カオス展開。
Dホイールとの合体。
そして、全力疾走するジジイ。
頭がどうかしているとしか思えない。
その発想はどこから沸いてくるんだ。

それでいて、チームユニコーンとのデュエルをはじめ、
王道的なバトル展開もクオリティが高く、
まさにこれこそジャンプアニメ。
熱い。超熱血。
2011年も、目が離せない。



ストライクウィッチーズ2

今年、最も燃えて、ワクワクして、魂が震えた作品。
当時の心境は、最終回の感想や、
twilogのこのあたりに詳しく書いてます。

本当に、本当に素晴らしかった。
とっても楽しかった。
大好きで大好きでたまらない。
劇場版、楽しみにしています。
まだまだストライクウィッチーズは終わらないぜ!



劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

批判はあるだろうし、賛否の分かれる内容だとも思う。
だけど個人的には超満足。
ガンダム00が描こうとしていたことを、全部描き切ったなあと思えたし、
刹那・F・セイエイという一人の人間が、
もがきながらも自分にとっての答えを見つけられたことが、
本当に良かったと思う。
見続けていて良かった。
劇場まで足を運んで良かった。

ネタバレを避けるためあまり詳しくは語れませんが、
テレビ版は見てた方にはオススメ。
DVD、BDともに、発売中です。




主題歌

OP
My Soul, Your Beats!
Lia

ED
Girls, Be Ambitious.
戸松遥


他にも色々あったけど、個人的にはこの二曲がベスト。
どちらも作品の世界観をよく表していたと思う。



声優

日高里菜

刀語での演技がものすごく印象に残ってる。
この子はこれからどんどん伸びるでー。



キャラクター

宮藤芳佳

激動の時代を、強く懸命に戦い抜く、その生きざまに感動した。
君は間違いなく、英雄だ。


関連記事
テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト