アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「咲-Saki-全国編」第7話
2014年03月01日 (土) | 編集 |


急に歌うよ。




洋榎ちゃんの一人浮きで、中堅戦がついに決着!
色々と言いたいことはありますが、
何はともあれ、洋榎ちゃん超かわいい!
そして、強い!
世界よ、これが愛宕洋榎だ!
イェアー!

前回に続いて、春のセリフが増加していたのも好印象。
久の「やっばい楽しい…っ!」もすごく良かったです。
やはり中堅戦は熱い、熱いぞ。
あえて不満を述べるとしたら、
オーラス時に、久が最後にツモったときの手牌を、
画面にちゃんと映して欲しかったな、と。
わざわざ見えにくくする意味も感じられなかったし、
胡桃の思考やら何やらが、すっと頭の中に入ってこなかったので、
損してるなあ、と感じました。
まあ、でも、あれですよ。
細かい部分がいまいち分かりづらかったという方は、
原作を読みましょう!
オーラスの一連の流れは、コミックスでもう一度じっくり読めば、
もっともっと楽しめると思うので!
ステモ!

中堅戦終了後の、愛宕姉妹のやり取りは、アニメオリジナル!
二人ともかわいいなあ、ちくしょう!
それはそれとして、初美の入場シーンの演出は、
ちょっとやり過ぎじゃないですかね!?
いや、あの、どういうことなの?
映像的な過剰表現とか、そういうのじゃなくて、
普通に空間をワープして出てきてませんか!?!?
こんなの、和じゃなくても驚くわ!
というか、久は、もっと、驚けよ!
肝心の初美は周囲の騒動そっちのけで踊り続けてるし、
絹恵の全力キックも素敵だったし、
副将戦の入場シーンは、アニメで見るとより一層、面白いなあ。
スタッフグッジョブですよ。


後半はいよいよ試合開始。
東一局時、和の配牌はこの形で、

m2.gifm7.gifm7.gifp3.gifp3.gifp4.gifp8.gifp9.gifs2.gifs4.gifs6.gifjisha.gifjihatsu.gifツモp6.gif


最終的にはこの手でツモあがり。

m2.gifm2.gifm7.gifm7.gifp3.gifp3.gifp4.gifp4.gifs2.gifs4.gifs4.gifs6.gifs6.gifツモs2.gif
ドラs5.gif


ツモ、タンヤオ、チートイツ。
ドラドラなら跳満になるけど、ドラは5索で、乗ってない。
ここは修正が入るのかな?
………と、最初に見たときは思ったんですが、
これ、上家の塞がカンしてるんですね。
つまり、カンドラが乗ってる。
だから跳満なんだ、と。
(上ヅモに変わってるのは、初美が鳴いてツモ順がずれたから)

塞はもしかしたら、それほど「いい待ち」ではなかったのかも。
しかしカンをしたことで、裏ドラへの期待度がアップ。
親だしリーチしとくか、みたいな心境だったり。

一方の和は、カンの前は出あがり3200点の手。
タンヤオチートイツで2索単騎待ちなら、
個人的には「いい待ち」だと思うので、
「リーチしてもいいんじゃない?」と言いたいところだけど、
ドラスジってことも考えると、ダマで正解か。
もし、親がリーチせず、
次のツモでもっと「あがりやすい待ち」に変わっていたら、
和はリーチをかけていたのだろうか。

なんだか色々と考えさせてくれますね。
これでこそ副将戦という感じの、くっそ面倒くさい流れ。
見ていてニヤニヤしてくる。
このシーンはニコニコ動画で、コメントがいっぱい付くかもですね。
というか、今回は全体的に、
「ニコニコ動画での視聴向け」な内容でした。
副将戦入場シーン全般や、「のどっち」の表情、
初美の「ゴッ」のところでも、かなり盛り上がりそう。

あと、絹恵ちゃんと末原さんが並んで歩く回想シーンを見ていて、
声優さんの演技がかなり馴染んできたなあ、と感じました。
もう今となっては、他の役者さんは考えられない。
誰だよ、この二人の配役を逆に予想していた奴は!
まったくよー。

と、そんな第7話でした。
副将戦はそれぞれの思惑が交錯する、
「玄人好みの渋い内容」になりますが、
映像的な見ごたえもたっぷりあるので、
麻雀未経験者の方も楽しめるんじゃないかな、と思います。
初美は奇妙な挙動を見せてるし、
塞には何か秘策があるみたいだし、
その二人の間を縫って、絹恵と和は、どう動くのか。
次回も超楽しみだよー。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト