アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「咲-Saki-全国編」第12話
2014年04月03日 (木) | 編集 |


全国二回戦、決着!




そんなわけで、ついに二回戦が終了しました。
勝ち抜けたのは、清澄と姫松!
個人的には予想通りの結末だったのですが、
皆様はどう受け止めたでしょうか。

このエピソードがヤンガンに掲載されたときは、
結構な騒動になっていた記憶がありますね。
正直なところ、その当時の「熱」を、
アニメでは十全に伝えきれてない、とは感じましたが、
まあでも、あの衝撃を完全に表現するのは、多分無理です。
アニメにはアニメの作法があって、
漫画とは見せ方を変えなきゃいけない部分があるでしょうし、
何かしらこぼれるところも出てくるのでしょう。

おそらくアニメスタッフの狙いは、
「大将戦のクライマックスを、オーラスに持ってくること」
だったんだと思います。
だからこその、あの追加描写。
あれがあるのと無いのとでは、
受ける印象もかなり変わってくるのですが、
「印象が変わるように見せている」というのは、
今回のアニメ全般で徹底している演出。
だから、こういう見せ方になるのも必然なんですね。

個人的には、原作でのあのシーンは、
末原さんの倍満ツモから決着までが淀みなく描かれたからこそ、
強烈なインパクトがあった
と思ってるので、
追加描写が盛り込まれたことで、テンポが悪くなった、
と感じたのは確かです。
倍満ツモの瞬間も、もっとこう、
音楽をガラガラピシャーってやって、
一気に目が覚めるような見せ方をして欲しかったな、と。

これまで徹底的に追い詰められてきた末原さんが、
決して諦めず、思考に思考を重ねた末、
ついに大きなあがりを掴み取ったからこそ、
大将戦全体がピリッと引き締まるわけで、
あそこはもっともっと、強く強く、
前面に押し出した方が良かったんじゃないかな、
とは今でも思ってます。
まあでも、前述したように、
スタッフの意図は理解できてるつもりなので、
結局は好みの問題なのかな。

もちろん、あの追加描写にもメリットはたくさんあって、
特に豊音の能力が、新たに披露されたのは大きいですね。
「スピード重視」
「後半になると危険」
「この局前半での勝負にかけた」
といったセリフから考えると、
「牌山の浅い部分に自分の有効牌を集める」
みたいな感じでしょうか。
代わりに、深い部分には他家の有効牌が集まるため、
早い段階であがらなきゃ危険である、と。

ともあれ、オーラスは闘牌自体も見ごたえがあったし、
興味深い内容ではありました。
だからまあ、これはこれであり。うん。


決着後のあれこれで一番印象に残ってるのは、
小蒔ちゃんの「浮輪です!」ですね。
この子、本当に心の底から楽しみにしてるんだな、
というのが、見ていて伝わってきましたよ。
宮守関連もじっくりと描いてくれたし、
ただひたすら、感無量。
有珠山の紹介が軽く流されちゃったのは、
もったいないなとは思いましたが、
「動く瑞原はやり」を見れただけでも満足しておくべきなのでしょう。
このプロ、きついな!

あと、
「宮永咲も、末原恭子も、お互いにお互いを、
 自分より強い相手、勝てない相手だと認識している」
というのが面白いですよね。
末原さんはともかく、
咲さんはなぜ、彼女を恐れているのか。

これもかつてはかなりの騒動を起こした問題なんですが、
咲さんからすれば、あの三人の中では末原さんが、
一番戦いにくい相手なんですよね。
少なくとも豊音と霞は、対処できる相手ではあるんです。
それこそ、第11話で見せたような芸当が可能なわけで。

このあたりの考察は、
SSS(咲SS)感想ブログのせーやさんが書かれた、
こちらの記事が詳しいです。
当時、この記事を読んで、大きく頷かされました。

【考察】「今度打ったらたぶん勝てません」の意味(1) - SSS(咲SS)感想ブログ - Yahoo!ブログ

咲さんにとっては一番手ごわい相手が、
準決勝に残ってしまった。
しかもその相手は、トッププロによる特訓を受け、
さらに強くなろうとしている。
果たして宮永咲は、今度打ったら本当に勝てないのか。
この二人の再戦が、楽しみでなりません。

その他、原作を読んだときの感想は、
以下の記事にも書いてますので、
興味のある方は読んでやってくださーい。

咲-saki- 第98局「驚異」
咲-Saki- 第99局「真実」
咲-Saki- 第100局「反省」
咲-Saki- 第101局「暗雲」


次回はいよいよ、最終回です。
あれとか、それとか、気になる部分はたくさんあるので、
最後の最後まで、じっくりがっつりと見届けさせてもらいますぜ!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト