アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第8話の謎に迫る
2014年04月30日 (水) | 編集 |


作中に登場した「あの二人」について、
少し考えてみました。
以下、ネタバレあり。


2014/05/11 追記




まあ、あの二人というのは、





この二人のことなんですが。

ここでは絡んでる方を「チンピラ」、
絡まれてる方を「リーマン」と仮称して、話を進めます。


気になったのは、チンピラが謝った前後について。
春日井真深の仲介により騒動は収まりますが、
P192-193の間には、
いくつかのやり取りが省略されているように思えます。
というのも、和解後の二人の手には、
謎の物体が追加されている
からです。


hayaya03.jpg


二人が持っている、これはなんなのか。
そのことを突きつめていくと、
省略されたやり取りは読み取れるはずです。


前提として、
「二人は春日井真深のファンである」
ということに異論はないと思います。


hayaya04.jpg


この二人の反応を見る限り、
どちらも真深のファンである可能性が高く、
少なくとも、春日井真深という存在を知っていて、
肯定的に受け止めていることは間違いありません。

となれば、もしかしたらチンピラの謝罪後に、
二人は彼女にサインを求めたのではないでしょうか。
道端で偶然、人気アイドルに遭遇した。
だから、サインを求めた。
ごく自然な流れです。

つまり、「謎の物体」はサイン色紙?


hayaya06.jpg


大きさ的にもそれっぽいですし、
この可能性は充分に考えられます。


hayaya05.jpg


問題なのは、
真深は手ぶらだということ。
チンピラも同じく、手ぶらです。





リーマンはカバンを持っていますが、

なんでサイン色紙なんか持ち歩いてるんだ?
しかも二枚も?


という疑問が生まれるので、
ちょっと発想を変える必要がありそうです。


ここで思い浮かぶのが、
「春日井真深グッズの一種」
という可能性です。

イラストカードやクリアファイル的な、
真深ファン必携のアイテムを、
リーマンは常日頃から持ち歩いているのではないか。
二枚も持っているのは、それだけ熱心なファンだということ。
そして「このグッズにサインして欲しい」と頼んだのではないか。

その方向で考えるのなら、
P192-193の間には、こういうやり取りがあったのでは、
と想像することができます。


リーマン「ご迷惑でなければ、これにサインしてください!」

真深「いいよー」

リーマン、グッズを二枚差し出す。

リーマン「良ければ、そちらの彼の分も」

真深「おっけーだよー」

チンピラ「な、なんで俺の分まで?」

リーマン「君もまふふのファンなんだろう?」

チンピラ「そ、そうだけど、でも俺、お前にあんなことしたのに」

リーマン「僕のせいで君がバスに乗り遅れたのは事実だ。だから、これでプラマイゼロってことにならないかい?」

チンピラ「お前、いい奴だな……」

真深「二人とも、男の子って感じだねー」サインさらさらーっと


とまあ、こんなやり取りをいちいち描いてる余裕もないでしょうし、
省略されるのも当然ですね。
あくまでも想像の域を出ない話ではありますが。

いずれにせよ、二人が和解できたのは、
お互いに春日井真深ファンだと分かり合えたから、
と考えていいとは思います。
意気投合した二人は、これからも「同志」として、
友情を深め合っていくのかもしれません。
アイドルが繋ぐ、人の輪と和。
牌のおねーさんは偉大だ。


以上です。
真深グッズ以外の可能性や、
サイン色紙説を後押しするご意見等々あれば、
いつでもお待ちしてます。
まふふー。



・追記

真深は手品できるんだから、
背中に色紙を隠し持っててもおかしくないんじゃないか?


と、ふと思いました。
「ファンサービスの一環として、衣服に何かを仕込んでおく」
くらいのことは、常日頃からやってそうですし、
この方向で考えていいのかも。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト