アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
シノハユ 第12話「はやり⑤」
2014年08月29日 (金) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




あぐり絵、めっちゃ気合入ってんな!
シノハユが始まってからずっと、
「あぐり、腕を上げたなあ」
と感服させられるばかりの毎日なのですが、
今回は特に、小林立と五十嵐あぐりのコンビネーションが、
最大限に活きた回だったなと、思ったりしました。
全てのコマが素晴らしい。

そんなわけで、はやり編完結です。
多くを語る必要はないでしょう。
ただ、最高でした、とだけ。
本当に、最高でした。

一つ、触れておくとしたら、はやりんのライブに来ていた、
リーマンとチンピラのコンビについて、ですね。



hayayafan02.jpg



シノハユ 第8話の謎に迫る

↑以前、こういう記事を書いたりもしたのですが、
二人一緒に来てるってことは、
あの後も交流が続いているということ。
まふふのファンだった二人が、今は並んで、はやりんを応援している。
この1コマが、真深からはやりへ、
「ずっと、地続きで、つながっている」
ということを、さりげなく表現しているんですね。
熱い。

後半の展開も素敵でしたね。
とにもかくにも、閑無ちゃんがかわいすぎる。
この圧倒的な小者感。
チョロい、チョロすぎる。たまらん。
彼女は彼女で、多くの葛藤や苦難を乗り越えた末に、
「今」があるんだということを、我々読者は知っているからこそ、
この数々の言動も素直に楽しめるんですよね。
閑無ちゃんはかわいいなー。かわいいなー。

ラストの新キャラも気になりますねー。
パッと見た感じではライバルキャラっぽい印象を受けますけど、
将来的にはチームメイトになりそうな気もします。
ちょっと引っかかったのが、首からかけている装飾品。
あれ、優希が身に付けてる猫蛇セアミィに、
ちょっと似てるなと思ったんですが、違うかなー?



nazo.jpg



真偽を確かめるために、胸元を凝視してみました。
いや、別にやましい気持ちは皆無ですけど、
純粋な探究心からじっくり眺め回しただけなんですけど、
海という場所との関連を考えると、
単純にイルカか何かだと考えた方がいいのかも?
もしこれがセアミィなら、かなり面白いことになりそうなんですけど、
その真相は次回以降に持ち越しか。

次回はこの新キャラを掘り下げていくのか、
あるいは、慕の視点に戻るのか、
それとも全く別の何かが始まるのか。
どんな展開になっても楽しそう!
来月のビッグガンガンも要チェックや!
わくわく!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト