アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「東京ESP」第12話
2014年09月29日 (月) | 編集 |


というわけで、最終回でした。
これまで同様、細部ではいくつかの違いがあったものの、
物語の流れはほぼ原作通りなので、
内容については特に語ることはありません。
大きな違いは、ラストバトル。
教授と京太郎が対峙する場面では、美奈実とのやり取りが追加されて、
それ自体はとても良かったのですが、
代わりにリンカの見せ場がカットされちゃったので、
全体的にはややマイナスといったところでしょうか。
主役の活躍を描くよりも、美奈実の出番を増やしたいんだ、
俺達は美奈実推しなんだ、というスタッフの熱意は伝わってきたので、
それはそれでアリかなとは思いますが。

最後の一言が、二人重なっていたのは、いい演出ですね。
歩く道は違えど、根っこの部分では一緒。
アニメならではの良アレンジだったと思います。

総評としては、もったいないアニメだったな、
というのが正直なところですね。
いいところもたくさんあったけど、
それ以上に、もっとなんとかして欲しいと感じたところが、
たくさんありすぎました。

何が問題だったのかを自分なりに考えてみたのですが、
「喰霊-零-の呪縛に捕らわれた」
というのが適切な表現かもしれません。
あくまで推測ですが、
「喰霊-零-とのコラボ」が企画段階から決まっていて、
「第1話に特選四課や神楽、黄泉を登場させる」
という前提で、制作が進んでいたんじゃないでしょうか。
そうなると、作風は喰霊-零-に合わせなきゃいけなくなるし、
原作にあったギャグシーン、コメディーシーンも使いにくくなる。
で、1クールという時間的な制約もあるから、
結果、ギャグやコメディが優先的にカットされていく。
ある意味、潔い割り切り方ではあるのですが、
そのせいで原作の持つ魅力が、少なからずこぼれ落ちちゃって、
もったいないな、という感想に繋がってくるんですよね。

もちろん、「喰霊-零-とのコラボ」があったおかげで、
今作に興味を持った方はいるでしょうし、私だってその一人です。
「これ、原作どうなってんの?」と気になって、
結局は既刊を全部買っちゃうくらいにはハマったわけで。
「原作の売り上げを伸ばす」という意味では、
メディアミックスとしては、正しい在り方だと言えるでしょう。

まあでも、結局のところ、アクションシーンかなあ。
喰霊-零-に合わせるにしろ、原作通りにするにしろ、
アクションが売りの作品である以上、
その部分で引き付けられなければ、
どっちにしろ不満は残っていたでしょうし。
うーん。

結論としては、
「みんなも原作読もうぜ!」
ってことになりますね、はい。
第二部もすんげーおもしれーので、
出来ればアニメ化して欲しいところなのですが、
どうなんでしょうね。期待していいんですかね。

ともあれ、三ヶ月間興味深く鑑賞させていただきました。
スタッフの皆様、視聴者の皆様、お疲れ様でした!
イェアー!


関連記事
テーマ:東京ESP
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト