アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「絶対絶望少女」プレイ記録 6
2014年11月18日 (火) | 編集 |


引き続き、遊んでいて感じたことや、
気付いたことを、なんとなく書き留めていきます。
今回でラストです!
以下、ネタバレ多数。




チャプター5から、再開!
召使いはブレないね!
素敵だね!

ハイジたちの心が、絶望に支配されている。
「ロリコンのハイジさんでさえ子どもを殺そうとしている」
というところに事態の深刻さがうかがえる。
早くなんとかしなければ。

浩子さんに殺すリストを譲渡。
さあ、いざ本拠地へ乗り込むぞ!

空白=セレクトで見る画面
他はそれぞれ「接」で繋げて見ればオッケー。
普通のモノクマは引っかけか。

そうか、今ふと気付いたけど、
もしモナカが「塔和モナカ」だった場合、
彼女の足を壊したのは、ハイジかもしれないわけですね。
怖い怖い。

会長室へ続く道で「腐川さん落とせないかなあ」と思って
色々やってみたけどダメだった。残念。

こまるの目が完全に飛んでる。
やっぱり家族か。

塔和の栄光の歴史が終わってしまうから、
止めてくれ、か。
この言い回しはモヤモヤするなあ。
塔和さんちの家庭の事情も相当あれですね。

と、思ったけど、本当に妄想の可能性がある?
絶望病の初期症状が出ているのかも。

こまるがモナカを殺すことで、
2代目江ノ島盾子は生まれるのかもしれない。

言子が大変なことになってる!
そういうプレイなのかと、
一瞬でも考えてしまう自分に嫌悪する!

拷問部屋。
血文字は「コマル」か?

秘密基地にいる大人たちの、個人情報を握ってる人物。
思い浮かぶのは、ハイジ、シロクマ。

モナカとジュンコお姉ちゃんのツーショット写真。
こまるは何を疑問に思っているのだろう?
ツーショット写真ってことは、これを撮影した人がいる。
その人が誰なのかを考えている?

殺すリスト
カメコックス
カメ子

腐川さんに関係のあるカメムシ、だろうか?
匂い云々はこのカメムシが原因だった、
というオチなのかもしれない。

そうか、こまるを2代目江ノ島盾子に仕立て上げるのには、
苗木誠への復讐という意味合いもあるわけだ。
この文章を書いたのは誰なんだろう?
モナカではないっぽいけど。
もしかして、召使い? いやいや……。

もう完全に2代目=こまるの思考で進めてるけど、
さすがにここは外してこないだろう。
他に候補者も思い浮かばないし。

ちょっと腐川さんかわいすぎませんかね!?
なんなのこの子は、もう!

いざ最終決戦へ、と思ったら、ここで三択か。
普通に考えたら青は却下なので二択となり、
モナカのイメージカラーである緑の扉が正解、
と考えるのが妥当なように思えるけど、
そんなに真っ直ぐな答えなんだろうか。
「本当は歩ける」のなら、青一択なんだけど。

まあ、他にヒントも無いし、緑の扉を選ぼう。

ゲームオーバー!

ああ、そうか!
あのときのこまるの疑問は、これだったのか!
いやー、これは気付けたなあ。
ヒントあったわ。ごめん。

まずいまずい、なんか脳から出てる。
おもしろ。絶対絶望少女、おもしろ。

モナカとの決戦!
ドリカムドリカムうっせーぞクロクマ!

面倒くさくはあったけど、そんなに難しくはなかったな。
なんだったら渚君の方がまだ強かった。
クロクマとはいったいなんだったのか。

おおお、究極の二択!
なんか、どっちを選んでも裏をかかれそうで怖いな!

よし、「壊さない」を選択だ!

おおおお、なんだこの展開は。
熱い。熱いぞ。

「壊さない」を選択。

「壊さない」を選択!

うっひゃー、マジか。
なんだこれ。
絶対絶望少女、おもしろ!

「壊さない」を選択だ!

語られる真相。
まさにマッチポンプ。

「ハイジの虐待疑惑は晴れた」と思ってたけど、
モナカのウソを信じたってことは、
虐待自体は行われてたと考えるべきか。

当然、「壊さない」を選択。

やっぱりなー、そういう裏はあるよなー。
大量殺人の引き金を引かせて、
こまるを絶望の淵に落とす。
それがモナカの狙いなのだろう。

「壊さない」を選択。

ハイジさんの「モナカが立った!?」入りました!

「苗木こまる」として選べる最後の選択か。
極限的な状況だけど、
やはり「壊さない」以外にあり得ないのではないか。

分かってたことけど、
モナカが指差した瞬間はゾクッとしたなあ。
これこれ、こういう展開を見たかった。
タイトル回収いただきました。

究極の二択!
絶望しかない!
さっきのが「苗木こまる」として選べる最後の選択だとしたら、
これは「2代目江ノ島盾子」として選べる最初の選択だな。
この状況を打破できるとしたら、あの人だけだろう。
ベタな展開に期待しつつ、白字の方を選択。

おおおおおお、この演出は熱い。
鍵の存在を明らかにしたのは悪手だな。
巨大モノクマを操ってるのは誰だろう?
召使いくらいしか思い浮かばないけど。
あるいは、「2」の黒幕か。

ともあれ、ラストバトル開始じゃあああ!
うおおおおあああああああ!!


倒したあああああああああああ!!!!
チャプター5終了!


ゲーム達成度04/04
リトライ回数7回
カクレキッズ発見数1/5
総合評価 120点 可


エピローグ

ああ、そういうことか。
これは気付かなかった。お見事。
今作は声優さんの演技がみんな素晴らしいなあ。
きゅんきゅんする。


そんなわけで、絶望しました!
じゃなかった!
絶対絶望少女、クリアしました!
面白かった!
苗木こまるらしいラストだったと思います!
クリアした、クリアしたぞ!



・総評

とにもかくにも、腐川さんがかわいすぎました。
正直、「1」の頃はあんまり印象に残ってなかったのですが、
今作ではその魅力が大爆発していて、
ここまで破壊力のある逸材だったのか、と
驚かされることが多かったです。
それもこれも、全てはこまるとの絡みがあったからこそで、
こまふか最強だよな、としみじみ思うばかりですよ。
良かった。すごく、良かった。
こまふか最強だよな。うん。

ストーリー的にも満足。
予想が当たったところもあったし、
いい意味で裏切られたところもあったし、
終盤の展開なんかはもう、まさに激アツ。
これでこそダンガンロンパ。
また、「外の世界」がちゃんと描かれたのは、
今回が初めてだったので、
そういう意味でも貴重な一作に仕上がっていたと思います。

アクション部分に関しては、「文句なし」とまでは言えないまでも、
随所にダンガンロンパらしい工夫が凝らされていたし、
ラストバトルも楽しかったし、
まあ、こんなもんじゃないでしょうか。
もっともっと、改良できる部分はいくらでもあるとは思いますが。

CGギャラリーを見る限りでは、
希望の戦士たちはみんな生きてるみたいですね。
彼らにはなんらかの救いがあって欲しいと思っていたので、
そこはほっとしました。
ただ、大人と子どもの確執は残ってるし、
モナカも全然懲りてなさそうだし、
問題の解決にはかなりの時間がかかりそう。
こまるたちの戦いはまだ始まったばかりだぜ。



・残る疑問

両親の死体はフェイクでしょう。
血文字なんていくらでも書かせられるし、
(書いた人自身には意味が分からなくてもいい)
これまでに散々、残虐な殺し方をしてきたであろうモナカが、
こまるの両親を「首吊り程度」で済ませるとは思えません。

そもそも、「こまるにコントローラを壊させる」は、
絶対に成功させなければならない最重要のトリガー。
そのためにはこまるを絶対に絶望させる必要があり、
絶対に絶望させたいのであれば、
かすかな望みすら残してはいけない。
本当に両親を殺したのであれば、はっきりと、
「こまるの両親である」と分かる見せ方をするはず。

そうしないのは、できないからです。
あやふやな映像を見せるということは、
あれがフェイクであるという確かな証拠でもあります。



以上、絶対絶望少女プレイ記録でした。
「2」をクリアした時点では、
「ここで終わっていいんじゃないか?」
とも思ったりしたのですが、
ここまで盛り上げてもらった以上、
続編を期待せずにはいられないですね。
いつまででも待ち続けますので、
楽しみにしてまっせ!

ダンガンロンパの明るい未来を信じて!
それでは、また!


関連記事
テーマ:ダンガンロンパ
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト