アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
世界ランキング1位はあのキャラ?
2015年08月05日 (水) | 編集 |


思い付いたことを無責任に語る企画。
以下、咲-Saki-に関するネタバレ多数。




細かいことは省いて、本題に入ります。
咲-Saki-の世界では現状、小鍛治健夜が、
元世界ランキング2位だと語られています。
では、1位は誰なのか。
咲-Saki-ファンなら誰もが注目しているところでしょう。

結論から述べると、
「白築慕ではないか」
というのがこの記事の主旨です。
白築慕が、世界1位である可能性。

まず、現在の世界1位が日本人ではないとは、どこにも語られていません。
1位も2位も日本人。そういう可能性はある(あった)はずです。
「世界的には日本人選手の評価が低い」
と思われるような発言も、作中では出てきたりしますが、
「3位以下の上位がほとんど日本人以外で占められている」
のだとしたら、それほどおかしくはないようにも思えます。
慕、健夜が特別なだけという可能性です。
(加えるなら、元世界2位の健夜は現在、大きく順位を落としている)

次に、小鍛治健夜は国内では無敗とされていますが、
「慕と国内で対戦したことがない」のだとすれば、矛盾は生じません。
高校生の頃は団体戦のポジションが違うから、戦えなかった。
そしてそれ以降は、慕は国内で活動していないのだとしたら。

そう、高校卒業と同時に、慕は海外へと進出し、
世界を舞台に戦っている。
そういう可能性は、あるんじゃないでしょうか。
母を追いかけて!

第143局での小鍛治健夜の発言も、非常に気になるところです。

>牌にかける青春も
>インハイに懸ける長年の思いも
>当時の私にはよくわかってなかったから

なぜこのことが心残りなのか。
「牌に青春をかけてきた人」に、敗れたからではないか。
世界王者をかけた戦いで、白築慕に!
「インハイに懸ける長年の思い」を分かっていれば、
また違った結果になっていたかもしれない。
そのことが心残りなのではないでしょうか。


ここまでの記事内容に、明確な根拠はありません。
ただ、「突如現れた新キャラ」が世界1位だと語られるよりも、
「白築慕が世界1位」の方がしっくりきますし、
全てがつながるような気がするんですよね。
意外性はありますし、なんといっても主人公。
将来的には「咲vs慕」なんて展開があってもおかしくはないわけで。

シノハユは、暗い結末を思わせる要素が見受けられることもありますが、
やはりハッピーエンドに期待したいですし、
こういう展開もあっていいんじゃないかな、と思います。
あれだけ麻雀が好きだった子ですから、
何がどうなろうとも、今も麻雀を続けているでしょう。
母と出会えたかどうかは分かりませんが、
「追いかけ続けた結果、世界1位になった」
という未来は、充分あり得ることのように思えます。
だって彼女は、白築慕なのですから。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト