アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 第146局「絶望」
2015年08月09日 (日) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




佐藤アナが原作にも初登場したかと思ったら、
おもちの量がとんでもないことになっていた。
そんな第146局。
人におもちあり。おもちに人あり。

シノハユ第0話の補完のような、大人な会話が交わされていましたが、
はやりんの証言を聞く限りでは、これ、すこやん負けたってことですよね。
非公式の試合とはいえ、晴絵はリベンジを果たしたことになります。
ただ、晴絵も酒の席で勝ったところで満足はできないでしょうし、
やはり公式戦で、ガチ勝負での対決を見てみたいものですね。

はやりんがここで小鍛治健夜の名前を出さないのは、
彼女なりの気遣いなのでしょう。
「国内無敗」は小鍛治健夜という選手の売りの一つだろうし、
負けたという情報が外に漏れたら、
活動に支障が出る可能性がありますからね。
「佐藤アナが漏らすと疑っている」という意味ではなく、
誰であろうと話すつもりはなかったという意味です。
公式戦で負けたのならともかく、
非公式の勝負での結果に余計な詮索をされたくないだろうという、
そういうプロ同士としての気遣いを感じました。

しかし、酒が入っていたとはいえ、
すこやんが負けたことには変わりはないので、
やっぱり彼女は、なんらかの不調に陥っているんじゃないかなあ。
シノハユ第0話の描写を見る限り、打つこと自体はためらってないので、
トラウマやらイップスやらではなさそうですが。


試合の方は、とにもかくにも爽無双で、圧巻の一言。
これこそまさに圧倒的エース。かっこいい。
ただ、爽の能力には回数制限があるから、これ以上稼ぐのは厳しいか?
おそらくカムイは残弾ゼロで、雲もあと1回だけ。
その残る1回もできれば最後まで取っておきたいでしょうし、
ここから先はしばらく、耐え忍ぶ展開が続きそうです。

とはいえ、回数制限があると知っているのは爽だけなので、
ある程度のブラフは通用すると思います。
制限があること自体はなんとなく気付かれるかもしれませんが、
「あと何回使えるか」といった正確な数までは知りようがありませんし、
「必要以上に警戒させる」ことは可能でしょう。
(予選でも全てを披露したわけではないでしょうし)
で、警戒された結果、点数の変動が少ないまま最後までもつれ込めば、
あと1回の雲で華麗にフィニッシュ、有珠山勝ち抜け、
といった結末もあり得ると思います。

ただ、問題はネリーですよ。
現状、爽が一番稼いでますし、目立ってます。
しかも、その不思議な力をあと何回使ってくるか分からない。
実際には1回だけかもしれないけど、そんなことをネリーは知らない。

つまり、まだまだ稼ぐし、目立つ可能性がある、と感じているはず。
見せ場を求めるネリーにとって、それは最も避けるべき事態。
だからこそ、全力で叩き潰そうとするんじゃないでしょうか。
能力に回数制限があるかどうかも、分からないからこそ。

まあ、目立つ、目立たないは別にしても、
首位は2位の点を削るべきですし、
姫松、清澄も、警戒するにしても稼がなきゃいけないのは確かなので、
やっぱり、有珠山が狙われるんじゃないかなあ。
ここからの見どころは爽の守備力! かもしれない!

あとは、爽が能力を身に付けた経緯よりも、
「その後も数年に一度、事故や事件に巻き込まれてる」
ということの方が気になりました。
さらっと書かれてますけど、これ、なんか、呪われてませんか?
呪いによって事故に巻き込まれ、呪いによって助けられる。
そういう厄介な境遇に陥ってるんじゃないかな、と
そんなことを思ったりしました。
波乱万丈な人生。


現状、清澄は大ピンチですが、主人公チームですし、
なんとかなるだろうという安心感はありますね。
敗退の可能性を排除しきれないのも、
咲-Saki-の怖いところ(面白いところ)ですが、
まあ、さすがに大丈夫、だと思います。思いたい。
もしも有珠山2位、清澄3位で終わるようなら、
以前に書いた記事みたいな展開もあり得そうですが、さてさて。

そんなわけで次回も超楽しみなのですが、
個人的に注目したいのは、やはり姫松。
逆転を許した以上、末原さんは打ち方を変える必要がありますし、
ここからの闘牌は見ものですね。
咲-Saki-14巻のキャラデータには、
「2年前の関西大会で大活躍」との記述もありますし、
善野さん絡みの回想が盛り込まれる可能性だってあります。
見せ場はたくさんあると信じてますよ。
がんばろう!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト