アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「アイドルマスターシンデレラガールズ」第18話
2015年08月20日 (木) | 編集 |


今回も色々ありましたが、
楽屋で杏ときらりが会話するシーンが、特に印象に残ってます。


ankira01.jpg

遠近法を使い、きらりの靴を手前に持ってきて、


ankira02.jpg

きらりには立たせ、杏には座らせる。

大きいものをより大きく、小さいものをより小さく見せることで、
「諸星きらりと双葉杏は、こういう存在なんだ」
ということを、誇張気味に表現しているんですね。

これらのカットには、
「周囲から見ればこういうふうに映っている」
という意味も込められているでしょうし、
「こういうふうに映っているんだろうな」
と思っている二人の心理状態も表しているのでしょう。

で、そのことを充分に見せた上で、
最後の最後に、あのきらりんアタックですよ!
なんだ、それは。いったいなんなんだ!
スタッフは視聴者を悶え死にさせる気なのか!
ありがとうございます!

「きらりは、杏ちゃんといるきらりが大好きだよ」

大事なのはそれだけ。
周囲がどう思おうとも関係ない。これ。これです。
最高のエピソードを見せてもらいました。
本当にありがとうございます。ありがとうございます。
次回も全力で楽しませてもらいます!


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト