アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
PS Vita「咲-Saki- 全国編」公式サイト更新 2015.09.04
2015年09月05日 (土) | 編集 |


PS Vita「咲-Saki-全国編」公式サイト


待ってました!
プレイムービーが、ついに公開だ!





ゲームプレイムービー | PS Vita「咲-Saki-全国編」公式サイト

ぱっと見た感じ、真瀬由子と狩宿巴が能力無しのようですね。
「今回全員能力あるんじゃね?」と思っていたんですけど、
さすがにそういうことはないのか。
ということは、能力無しのキャラは、
育成で「能力」「精神力」の数値を上げても無意味?
何かしら代替要素があって欲しいところですが、どうなのかなあ。

他、気になったキャラについていくつか。




上重漫

発動のタイミングは完全にランダムか。
育成で「運」を上げれば、発動の確率も上げたりできるのかな?
気になる気になる。漫のことは、もうずっと気になってる。




愛宕洋榎

リーチをかけない間、対戦相手のあがり牌が分かる!
リーチ後は危険牌を引きにくくなる!
超守備型! かっこいい!

引きにくくなるだけだから、
たとえば弘世菫に狙われたら直撃は食らうんでしょうね。
姉帯豊音の先負とも、当然相性悪し。
麻雀は相性バトルだ。




愛宕絹恵

「なぜ1筒?」と一瞬思ったんですけど、
サッカーボールにたとえてるわけですね。
準決勝でもキーとなった牌でした。
各能力は立先生の案を元に作られているらしいので、
この能力もゲームオリジナルではなく、「原作の再現」なわけです。
つまり、絹恵は「能力があるキャラ」であり、
おそらく彼女自身はそのことに気付いていない。
熱い。

能力の使い方に関しては、
ムービーでもあるように筒子の染めを狙うのがベターか。
他には一通、三色、チャンタ、混老頭、等々。
最終的には1筒含みの待ちにしなきゃいけない以上、
狙って決めるのは難しいかもしれませんが、
「国士無双や清老頭をもあがり得るキャラ」だと考えれば、
その潜在能力の高さは相当なもの。
常に1筒を意識しながら立ち回り、チャンスがあれば逃さず手にしたい。




末原恭子

>有効な鳴きをすると自身の引きが強くなり、
>対戦相手の一人の引きが弱くなる

「有効な鳴き」の判定が気になるところですが、
とりあえず役牌を鳴けば発動はしてくれるでしょうし、
扱いやすい便利な能力だと思います。
「速度差をつける」というのも速攻キャラの表現として面白い。
地味っちゃ地味ですが、弱くはないでしょう。
「鳴きキャラで誰が一番強いか」みたいな検証は、
機会があればやってみたいですね。




薄墨初美


zenkokuhatumi.jpg


これが「CERO C」の底力だ!




石戸霞

危険牌察知あり。
能力発動で察知は消えるっぽい。
ムービーを見る限り、能力を発動しても、
他の色の牌を引いてくることがあるみたいですね。
誰も鳴いてないのでツモがずれたわけでもないし、
引きの強さは育成次第ってところかな。




小瀬川白望

マジでリアルに長考すると能力発動なんですね。
ムービーを見る限りでは、10秒経過で自動発動。
制限時間ありのルールだと、どうなるんだろう?
自動発動までの時間も短くなる?
それとも、発動できない?




エイスリンウィッシュアート

あちぽたの竜華と同じ能力っぽいですね。
となると、竜華は今回、仕様変更の可能性大か。
いずれにせよ、つえー能力であることには違いない。
「リーチ」の発声もかわいい。




鹿倉胡桃

ダマテンをするための能力なのに、
発動エフェクトでダマテンしてるってバレちゃうのは、
本末転倒のような気が……。
能力を発動させないためには、リーチをかけなきゃいけないわけで、
どっちにしろテンパイがバレるんですよね。
言い換えれば、
「エフェクトが出ない限りノーテンだとバレている」
ということでもあります。
テンパイかノーテンかを悟らせないためには、
鳴いて能力を自分で消すしかない。
まあ、発動させてツモっちゃえばいいっちゃいいんですが……。




臼沢塞

>ターゲットを一人決めると、その相手はあがることができなくなる

ひwどwいwwwwww

ひどい能力だなあと、改めて分からせてくれる一文ですね。
ムービーを見る限りでは、誰を狙ったのかは他家にもバレるみたい。
当然、タゲられた本人にも。
局の途中で解除できなさそうですし、
タゲられた相手はどうせあがれないんだから、
その局はオリに徹した方がいいのかも。
強い能力であることには違いないので、
精神力の消費もかなり大きそう。




姉帯豊音

zenkokutoyone.jpg

分かってたけど、多いな!
細かい使い分けはじっくり考えてみないと分かりませんが、
「先負がある」というだけでリーチへの大きな牽制になってるので、
それだけでも強いと思います。
実際に先負を選ばなくても、どの能力にしたのかは自分以外分からないので、
よっぽどのことがない限り、他家はリーチをかけられない。
配牌を見てから能力を選択できるので、
鳴けそうな牌が多いときは友引を狙うのもあり。
仏滅は流局狙いか。
トップで点数を動かしたくないときなど、
意外と使う機会は多そうな気がする。




ひとまずは以上です。
清澄は大きな変更がなさそうなので、なんにも気付けませんでした。
えっ、咲さんの配牌がおかしい?
普通普通。


発売まで二週間を切った今、気持ちは高揚するばかり!
楽しみ! わくわく!


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト