アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
咲-Saki- 第150局「追走」
2015年11月08日 (日) | 編集 |


以下、ネタバレあり。




ネ リ ー が や ば い 。

なんなのこの子、何してるの?



ネリーの捨て牌

jipei.gifjisha.gifjichun.gifm9.gifp1.gifp2.gifp4.gif


ネリーの手牌

m2.gifm3.gifm5.gifm6.gifp3.gifp5.gifp7.gifp8.gifp9.gifp9.gifs2.gifs8.gifs8.gif s3.gifロン


s3.gif切りはおそらく、意図的な振り込み。
ツモ順は不明ですが、末原さんに対しての安牌であるp3.gifを残して、
s3.gifを先に切るのは、わざとやってるとしか思えない。
咲さんの当たり牌だと分かっていて捨てたんじゃないでしょうか。


末原恭子の捨て牌

jipei.gifjisha.gifm9.gifp3.gifs7 - コピー

リーチ後の捨て牌は不明なので、他の筒子やs3.gifも、
ネリーが切った時点では、末原さんに対して安牌だった可能性はあります。
ただ、我々読者に見えている範囲では、
ネリーは「安牌を残して危険そうな牌を切っている」し、
「そのように見せている」以上、この1コマには、
なんらかの意図が込められているはず、漫画的に。

意図的に振り込んだのだとしたら、
2位の姫松にあがられたくなかったか、
清澄を勝ち上がらせようとしているか。
あるいは、失点することで試合を盛り上げようとしている?

現在の点数状況は、これ。

臨海女子
125800

姫松
124700

清澄
83200

有珠山
66300

有珠山と清澄の順位が入れ替わり、
臨海女子と姫松の差はわずか1100点。
この熱い接戦はネリーによる演出であり、
「見せ場を作ろうとしている」
という可能性は非常に高いです。
もしくは、振り込むことが能力発動のための条件という可能性もあるか。

ふと思ったのが、
「プラマイゼロをやろうとしてるんじゃないか?」
というもの。
いやでも、やるのかなあ。どうなんだろう。
大将戦開始時の、臨海女子の持ち点が173000点なので、
ここから47200点稼げばちょうどプラマイゼロになりますが……。

いずれにせよ、ネリーは何か変なことをしている。
そしてそのことに、清澄の誰も気づいてないというのも不可解。
久でさえ「少し気になる」程度だし、
「安牌はない」って言ってるけど、実際にはありましたからね。
もしかしたらネリーには、
「変なことをしている」と周囲に認識させない力があるとか??

ネリーがどのような闘牌を見せてくれるのか、要注目です。
お前はいったい何がしたいんだ!
もっともっと、いろいろ見せてくれ!
楽しい!



・追記

他の方の感想を読んで気づかされたのですが、
「あの瞬間に振り込むのが最少失点だった」
という可能性が大きそうですね。

咲さんはツモも良好だったので、
いずれはリーチをかけて裏も乗り、
ツモあがりで8200オール。

そういう未来を、ネリーは察知したのかもしれません。
漫画的にも、
「リーチをかければ高くなる」
という心境を描いた直後ですし、
この線で考えた方がいいのかも。


関連記事
テーマ:咲-Saki-
ジャンル:アニメ・コミック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト