アニメや漫画、ゲームなどの感想を、だらだらと。たまにSSも書いてます。
「Rio Rainbow Gate!」第4話
2011年01月28日 (金) | 編集 |

どう見ても事後です。本当にありがとうございました。
リオとリナのイチャイチャっぷりがたまりませんでした。
そりゃあオーナーもハッスルするよ。俺もハッスルするよ。

自販機対決も良かったけど、
射撃対決があまりにもバカバカしくて面白かったです。

(服を脱がせることを渇望する思いが、ピンク色の風を呼び起こしているのね)

お前は何を言ってるんだ。
ダンディな爺さんも、なんでそんな冷静に解説してるんだ。
何者なんだお前は。
ローザもノリノリだな。楽しそうだな。

力ずくだったり、観客を味方につけたりすることで、
風をなんとか出来るのが、演出か「そういう能力」なのかはともかく、
リオとリナはずいぶんと対照的ですね。
二人は北風と太陽みたいなもの。
観客を味方につけるリオが太陽、無理やりはねのけるリナが北風、
といったところでしょうか。

リナが最後に引き分けを選んだのは、お情けだったのかもしれません。
しかし結果的に、リオが本気で、勝つことだけを目的に戦っていたら、
負けていたかもしれないと悟ったのでしょう。
だからこその、敗北宣言なのだと思います。

リオの優しさは甘さでもありますが、
客を楽しませるのもディーラーの仕事だとすれば、
それは必要な能力です。
そして、胃が痛くなるような真剣勝負を望んでいる客にとっては、
リナのようなディーラーもまた、必要なわけです。
だから、「どっちもあり」なんですね。
この二人の素質の違いが、これからの展開に関わってくるのでしょう。
要注目。

それはそれとして、新キャラのリンダは
どう見てもロボです。本当にありがとうございました。


関連記事
テーマ:Rio Rainbow Gate!
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

ガストゲームズサポーターズリンク「シェルノサージュ」「メルルのアトリエ」「アルトネリコ3」その他公式サイトはこちらから!  「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト